ブラス広報室かしましブログ

未分類の記事

こんばんは、広報室の江端です。

本日は人生を楽しく生きるために大切な「笑顔」
そのチカラについてご紹介します。

人生は日常をどう過ごすかで決まります。
毎日笑顔でいれば素敵な人生を送ることができます!!

笑顔には
免疫力を高める
アンチエイジング効果
笑顔の伝染
などのたくさんの良い効果があります。

口角を上げるだけの作り笑顔でも同じ効果が得られるのです。
つまり
幸せだから笑顔になるんじゃない
笑顔でいるから幸せになれるのです

笑顔のチカラってすごいですね
(もっとくわしく知りたい方は江端まで)


そんな、笑顔が最大に集まる場所
それが、結婚式です。
結婚式には、怖い顔をしている人はひとりもいません。
新郎新婦もゲストも皆さんが普段しないような
自然な笑顔でその時間を過ごしているのです。
まさに、パワースポット!!
多くの幸せのエネルギーがもらえる場所
それが結婚式なのです。

そんな結婚式の一番の中心、新郎新婦になって
その幸せエネルギーを体感してみませんか?

結婚が決まった方、結婚式場を探されている方
ブラスのゲストハウスは、毎週幸せいっぱいの結婚式と
ブライダルフェアを行っております!!
きっと、結婚式の新しい価値観が生まれると思います!!
こんな時代だからこそ、結婚式を挙げましょう!!
まず一番にブラスのゲストハウスに見学にお越しくださいませ!!
おふたりにとって最高の結婚式をお伝えさせて頂きます!!
お待ち致しております!!

2020年度がスタートしましたね!

年少となった娘は、前日までスモックとカバンをかけてワクワクムードでしたが、

初日の朝からグズグズムード・・・。

朝送っていき、新しい教室を前に、「いやだーーー!!!」と入室拒否。

クラス替えでいつもと違う様子を察したのか、頑固な娘は一歩も動きません。

私も仕事へ行かねばならず、バタバタと支度をしていたところへ

「おはよう!!〇〇ちゃん、今日からさくら組だよー」

と担任の先生が抱っこして教室へ連れて行ってくれたのです。

娘は先生の抱っこでようやく落ち着いたようでしっかりとつかまっていました。

迎えの時間にはすっかりと教室になれたようで、

塗り絵をして楽しく遊んでいました^^

 

 

環境の変わる新年度、大人でも緊張しますよね。

朝の娘は緊張MAXだったんだと思います(笑)

 

ブラスは57名の新入社員を迎えました。

 

「学生」から「社会人」へ

とても緊張して迎えた初日だったと思います。

これからたくさんのことを学び、経験し、成長していってもらいたいです。

新年度スタート、私も新たな気持ちで頑張ります!!

 

皆様こんにちは。
本日のブログは西村です。

私事ながら、先日娘が2歳の誕生日を迎えました。
外出を控える時期なので、お祝いは自宅ですることとしました。
ただ、買った料理をそのまま食べるのも味気ないので、
良い経験になればと、料理を体験させることにしました。

誕生日のメニューは「ローストチキン」、「クリームシチュー」、
「サラダ」、「クッキー」、「バースデイケーキ」です。
エプロンも着用し、実践スタート!
とは言っても包丁はまだ扱えないので、
【洗う】と【ちぎる】と【混ぜる】と【揉みこむ】のみです。

まずはローストチキンに味を馴染ませるために、
チキンと香辛料と調味料が入った袋を揉ませます。
途中まで順調でしたが、袋のシャカシャカと鳴る音が気に入ったせいか
後半はバンバン叩いてしまって、チキンが潰れてしまわないかヒヤヒヤ。笑



次は色んなお野菜を洗います!
ただ、ちょうどいい踏み台も無いので、私が担いでやらせます。
これが腕と腰にくる・・・
そしてサラダに使う野菜をちぎらせます。
大きさはまばらですが、及第点といったとこでしょうか。

同時進行で私と妻は交代しながら別の料理の仕込みを進めます。
そして一番心配している混ぜる作業です。
そう、クッキーとケーキの土台作りです。
飛び散らないように細心の注意を払います。
「以外にこぼさない!」「むしろ上手!」



クッキーの型取りも難なくこなします。
オーブンでお菓子作りは私自身初めてなので、ドキドキものでした。
各料理も時間がいつもより3倍かかりましたが、無事に完成です!



この経験はおそらく覚えていないと思いますが、
確実に私たちの胸には刻まれました。
今後も様々な事を経験させてあげたいなと改めて感じる1日となりました。



最後に、午前中に撮影した写真を添えて。
(風船を膨らませるって大変ですね・・・笑)

突然ですが皆さん。好きな食べ物はありますか?

大人になってくると、少しずつ味覚が変わったり、お肉よりお魚を選ぶようになったりしますよね。

私は、最近「カレー」が大好きなんです。

小さい頃から好きでも嫌いでもなかったカレー

それがなぜか今になって、はまっているんです、カレーに

晩御飯もカレーを作りがち

友達とのランチもカレー選びがち

テイクアウトを考えていても、あの愛知発祥のカレー専門店に行きがちなんです

オススメカレーは、「LIT COFFEE」さん



コーヒー屋さんが作る2色掛けカレーですが、ほんのりコーヒーの風味も・・・?



とにかく、とっても美味です!

ぜひ、皆さんもいつか食べて確かめてください

 

ちなみに、不動の大好物は「とんかつ」です。

次回はとんかつについて書こうと思う守山でした。

こんにちは!奥村です。

前職の後輩が結婚することになり、前撮りをプロデュースすることになりました。

彼女がやりたいことをやらせてあげたいと思う彼。
その一方、何もこだわりが無いと話す彼女。
ふたりにとっての出逢いの場所で、一生の想い出の1日になるよう、現在準備を進めています。

先日お天気が良かったので、海やフォトスポットを中心に、ロケハンに行ってきました!



前撮りの頃にはもうなくなっていますが、今はちょうど菜の花が見ごろだったので、観賞もしてきました。

  

「それぞれの新郎新婦にとって、最高の結婚式を創る」という想い。
ブラスの一員として、大切にしながら、カタチにしていきたいと思います。

奥村


管理本部 鈴木龍一です。

本社移転後は朝礼スタイルを一新しました。
連絡事項の確認の後、本日の朝礼担当者が「自分の仕事を皆に伝えるプレゼン」を3~5分程度行う、を実施しています。
だいたい30人くらい朝礼に参加するので、1人が30人に対して伝えます。けっこう緊張します。心臓ばくばくします。


この大会議室で行っています。


このプレゼンスタイルの ねらい は3つあります。
 1.自分の仕事を知ってもらう
 2.皆の仕事を知る
 3.プレゼン力・企画力をつける

1と2の効果は、アドバイスをもらえたり、部署を越えた協力体制へのきっかけに繋がります。
3の効果は、1と2のさらに先にあります。

皆の貴重な3~5分をもらって自分の仕事内容をプレゼン(論述)をするのですから、テキトーにしゃべる訳にはいきません。。多くの方は下書きしてきたり、パワーポイントを使ってスクリーンで説明したりしています。
皆、朝礼に挑む前に企画をしています。話す内容を取捨選択し、時間配分を考えています。

プレゼン力・企画力に自信がつけば、さまざまなシーンで「企画書」をつくる文化ができてくると期待しています。
企画書のいいところは、よい内容ならば自分の手を離れ、独り歩きをして、会社をいい方向へ導いてくれる可能性を残します。同じアイデアでも「言っただけ」では実現可能性は小さくなります。

ブラスは人とのコミュニケーションで会社を動かしていくステキな会社です。そこにもう1つ、アツい文章・企画書で会社を動かく文化をつくっていきたい。

そんな思いを込めて「この朝礼のスタイル」にしています。

結婚した方達から「結婚は忍耐だ」とよく聞きます。
へ~と思って他人事のようにいつも聞いていますが
最近入籍した友人の話を聞いていたら「結婚は思いやり」なのかもと感じたことがありました。

その友人とは15年以上の付き合いで
定期的に行っている女子会メンバーの1人です。
彼女は容姿端麗で、職場ではいつも明るく、いわゆるモテるタイプですが
プライベートでは人見知りで、社交場へはあまり行こうとしません。
彼女であれば、直ぐに結婚相手が見つかるはずなのに勿体ない…とずっと思っていました。

そんな彼女が見つけたお相手は還暦の方
正直ビックリしました!
そのお相手とは、彼女が就職してからずっと一緒に働いていた方で
数年前に奥様が他界されてから、落ち込んでいる彼を励ますかのように、お弁当を作ってあげるなどしていたらしくいつの間にか関係が変わったそうです。

昔から、結婚式や前撮りについてみんなで楽しく話していたのに
結局、男性側のご家族のことを考慮して、写真撮影だけで済ませてしまった彼女。
「だって、相手のご家族のことを思うと、、、」
という言葉を聞いて、結婚とは相手だけでなく相手のご家族のことも思いやることなんだと感じさせられました。
但し、お互いに若かったらそんなことを考えなかったと思います。

全て身内で済ませてしまった彼女に何かできないかと、今、女子会メンバーで模索中です。
最近は家族婚が流行っていますが、そういう理由もあるのかもしれませんね。

佐藤

店舗開発室の西川の番です。

突然ですが、皆さん「チェアリング」てご存じですか?
明確に定義はされていないですが、ざっくり説明すると。
折りたたみ椅子を持ち歩き、いい感じの場所で「ぼけっ」と
過ごしたりお酒を飲んだりする事を言うようです。

「キャンプ的な感じ?」と聞かれますが、ずっとお手軽です。
キャンプは一緒に行く友達いないし道具揃えるの大変です(笑)

以前からWebでこういったカルチャーがある事を知って
しばらく経ちますが、知らない間に”日本チェアリング協会”
なるものが設立されており、その中で下記の様な
コンプライアンスも制定されているとの事です。


 ・人様に迷惑をかけない
 ・ゴミは持ち帰る。むしろ掃除して帰るのかっこいい
 ・市井の人々に威圧感を与えない(酒をよく思わない人もいるので)
 ・私有地に無断で立ち入らない
 ・騒がない(KEEP CALM)
 ・公共の場を占有しない
 ・装備を増やしすぎてキャンプにならない
 (日本チェアリング協会より)



、、、なるほど。守れてます。
私は運転して帰れなくなっちゃうのでお酒は飲まず軽食を
楽しむ程度にしていますが。そもそもオッサンが車から椅子
出してきて独りで寛いでるのは絵面的にキモいので場所選びを
慎重に。そしてなるべくソロでやらない様にしています。

車に積んでおけばいつでもどこでも展開できるチェアリング。
座って過ごすという事は時間の流れ方がゆっくりになって、
その土地の風の気持ちよさを感じたり。目線の高さが変わる事で
視界もいつもと変わり違った景色を楽しめます。

今回は私が唯一、贅沢な時間の使い方をしている事をお届けしてみました。
ホームセンターなんかで折りたたみ椅子を
購入したら今日から始められます。皆さんもいかが?


(鞄に入る小型のを買って度に連れて行きましたが、
 背もたれ付きで無いと寛げなかった。失敗です。)

こんにちは、
ブラス本社で内部監査(非公認ラーメン部顧問)を担当している行岡です。
ブログ担当93回目です。

2度目のリフレッシュ休暇を頂きました。
本来であれば、友達と香港旅行と好きなアーティストのライブに行く予定でしたがコロナウィルスの影響ですべての予定がキャンセルまたは延期になってしまいました。
こうなれば子供と極力一緒に居ようと保育園に行くのも車で行ったらすぐに着いてしますので自転車でいろんな道を通り、いろんな話をしながら送り迎えをしてきました。
それもあってか、毎日とうちゃんと一緒に寝ようと言ってくれるようになりました。
次男は、自転車のペダルがなかなかこげずあまり乗らなかったのですがハンドルの高さを調整したらバランスが取りやすくなったのかペダルがこげるようになりました。
そこまでは良かったのですが、乗れるようになると少しでも乗りたいようで乗りたいと催促してきます。
今では、実家までの10分くらいの往復の普通に行くようになりました。

かなりの暴走族ぶりです(笑)

料理の勉強も兼ねて去年ミシュラン一つ星に輝いたフレンチレストランに行って来ました。
場所は、春日井市の勝川駅近くにある「シュバルブラン」さんです。

7年くらいまえに1度だけいったお店なのですが、ミシュラン効果とコロナの関係で少人数のお客様で日々予約がいっぱいでしたが、オーナーシェフにダメもとでお願いをして予約を取る事が出来ました。

アミューズ:アサリ・ホタテ・ホタルイカ・甘エビ・コンソメのジュレ

前菜:ズワイガニ・かにみそ・マッシュルーム・ホタテ・キャビア・うるい

ドゥジャーム:オマール海老・椎茸・バルサミコソースとパセリソース

魚料理:八丈アカムツ・アオヤギ・白舞茸・セロリ(あまり美味しさに写真を撮る前に食べてしまった)

肉料理:仔羊・玉ねぎ・アスパラソースとニンニクソース(早く食べたくて写真を撮ることすら忘れていました)
チーズ:シェフおすすめの3種類(ブルーチーズが臭いけど美味しかった)

デザート:ココナッツのブランマージュ、苺、ラズベリー

私が好きなアーティストのcobaさんも来られる事知っていたので来られた経緯などの話も出来てアッと数時間でした。
いつか、cobaさんと一緒に食事が出来る日が来れば嬉しいな・・・

家のメンテナンス
子供に破られた障子を張り替えました。(乾燥途中ですのでシワがありますが、乾燥したら綺麗になりました)

始めて障子の張替えをしたのですが以前、母親が張替えしていたのを思い出しながら頑張ってみました。
次回は、ふすまに挑戦しようかと考えております。


行岡がお伝えしました。

春は旅立ちと新たな出逢いの季節。

就職活動も本格化する時期かと思います。
このブログに辿り着くウェディング業界を志している皆様には
是非、この本を手に取っていだきたいです!



ブラスが追求し続ける「いい結婚式」とは何か
ウェディングプランナーという仕事はどういう仕事なのか
チームで結婚式を創るとはどういうことか

感じていただけると思います。


ウェディングプランナーになりたいみなさんへ

どの会社に入るか、何の仕事をするかは大事なことですが
それ以上に「誰と働くか」を大事にしてほしいなと思います。

入社して14年が経とうとしています。
仕事を続けることは楽しいこと・嬉しいこと・悔しいことの繰り返しです。
それでもここにいたいと思うのは、結婚式の仕事だからではなく
ブラスで仕事ができるからだと私は思うのです。


人生の中で「働く」時間は長いです。
是非、運命の会社と出逢ってください。

本日のブログ担当は、ブラス書籍制作担当の野村でした。

1 2 3 4 5 6 215