ブラス広報室かしましブログ

こんにちは!
本日のブログ担当は竹本です。

気づけば年が明けてもうすでに2週間弱!
時の流れをとても早く感じます。

お正月に家族と書初めをしたのですが、
私は直感で「丁寧」の2文字にしました(笑)
なので今年の抱負は「何事も丁寧に」

めんどうくさがりで雑な私を
いよいよ卒業したいと思います☆彡

ちなみに、
双子は「満」
妹は「順風満帆」
父は「元気」←(笑)
母は「美味しい」←(笑)

つっこみどころ満載な書初めでした!



これは2日の日の出!
(1日は起きれず、2日にがんばりました(笑))

今年も皆さんよろしくお願いします^^

皆さん、こんにちは。
今日のブログは情報管理室の衣笠が担当します。

年が明けまして、世の中は受験シーズンとなりました。
私事ではありますが、私の身内にも今年受験をする学生がおります。
その為、今年のお参りでは専ら合格祈をすることになりました。



 



 



 

合格することももちろん叶って欲しい願い事ですが、体調を崩したりせずに自分の力を発揮できるように、というお願いもしてきました。
あと二ヵ月、どうか願いが叶って欲しいものです。

本日のブログ担当は、最近の子供の成長に舌を巻いている
総務部の矢坂です。

昨年末に嬉しいニュースがありました。
私の従妹がブラスの店舗で結婚式をしてくれることになったのです!
歳は離れていますが、何かと連絡を取り合う仲で
報告してくれた時はこちらも幸せを分けてもらった気分でした。

そんな従妹と、結婚式どんなことをしたいか
やり取りしていた中で
「みーちゃん(※私のことです)の結婚式のオープニング映像見せて~と」
トンデモないお願いをされました。
なんでそんなモノが見たいのかと聞くと
「あの動画、可愛かったんだよね~」と。
(モデルの話ではなく動画構成の話です。作成してくれた後輩に感謝!)

驚きでした。
確かに従妹は私の結婚式に列席してくれましたが
それは、かれこれ8年も前の話。
彼女は恐らく高校生。
よくそんなこと覚えていたねと。

そして娘達にわーキャー言われながら
自宅でDVDを再生しながら携帯で動画を撮影し
無料アプリで送りました。

久しぶりに見た8年前の自分に
恥ずかしすぎて、変な汗が吹き出ました…汗

でも、その時に思ったのです。
これもまた記録に残したからこその出来事だと。

毎日見るものでは無いけれど
「ふと」した時に見返したくなる楽しい記憶―
でもそれは、記録しておかないと
人の記憶には残っていても、もう1度見ることは叶わない。
そう思いました。

記録するって大切ですね。

私には「記録しておいて本当に良かった」と思ったエピソードが
もう1つあります。
が、それはまたの機会にご紹介させてください。
最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

こんにちは、WEB制作室の浜田です。

年末に沼津のオリゾンブルーのHPにて
「オリゾンブルーだから叶う、リゾート前撮りフォトセッション」
というページを公開しました!





オリゾンブルーのすぐ目の前に広がる海と
とってもきれいな水平線。

この絶景をお写真にのこせるのは
オリゾンブルーだからこそできること☀

サイトでは実際のお客様も含め
たくさんのお写真をご紹介しています!
ぜひ遊びにきてください♪

「オリゾンブルーだから叶う、リゾート前撮りフォトセッション」

新しい年が始まって1週間。
皆さんはどのように新年を迎えられましたか?
私は年末に娘から渾身の頭突きを口にくらい、年末年始の豪華な食事もあまり食べれず、お陰で食べ太りを免れました(笑)
結果健康には良かったと思っております!

 

さて、1月はお正月ムードも合わさり、結婚式もまた一段とおめでたい雰囲気になる月。
だからこそ、今月結婚式をする方に特にお勧めしたいのが「JAPANESE WEDDING」。
日本の伝統、日本ならではの文化を結婚式にも取り入れてみませんか?
今回はその中でも、特にお勧めしたい3つをご紹介します。

 

■KIMONO –着物–


日本の伝統美代表格の1つである着物。
結婚式で着用されるメインの着物は「白無垢」「色打掛」「引振袖」ですが、
個人的に特にお勧めしたいのが「引振袖」。
見たことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
引振袖は、簡単に言ってしまえば成人式に着る振袖の結婚式ver.です。
通常の振袖よりも袖・裾が長く「本振袖・大振袖」とも呼ばれています。
江戸時代には上流階級の方のみが結婚式で着用していた、格式高い日本の伝統的な衣裳です。
一番の特徴は、帯がしっかり見える状態で着用するところ。
着物を羽織るタイプの白無垢・色打掛とは異なり、帯・帯揚げ・帯締めなども全て見れまるため、帯の結び方・帯揚げ帯締めなどの帯小物の色・花嫁衣裳ならではの小物の数々で雰囲気がガラッと変わります。

自分に合ったコーディネートをとことん楽しめる和装の1つだと思います。

 

■KAGAMIBIRAKI –鏡開き–



 

酒樽を縁起よくあける鏡開き。

鏡開きには「2人の幸せな未来をきり開く」意味が込められていると言われております。

お祝いの席に相応しい樽の香り漂う美味しい日本酒が、更に結婚式をおめでたいムードに演出します。

ブラスでご用意している鏡開きは、ゲストの方にお持ち帰りいただける用の小瓶があるのも嬉しい魅力の1つ。お持ち帰り頂いて自宅でお楽しみいただくことも可能です。

中身をお酒ではなく、お菓子などに変えて振る舞うアレンジもできますよ

 

■MEDETAYA  –祝い餅つき「めでたや」–


盛り上がること間違いなし!お餅つきの演出です。

目の前でお餅をつきあげながらのパフォーマンスを披露します。新郎新婦、ご列席者の方にもお餅をついていただけるので、老若男女どなたにも楽しんでいただける演出です。

よーくのびる餅のように、末永く続く幸せを願って杵入れをします。

さらに、つきあがったお餅はそのまま皆様に振る舞われます。つきたてのお餅は市販のお餅とは全く異なる弾力があって美味そのもの…

結婚式というおめでたい席だからこそ、縁起が良い演出を取り入れてみてはいかがでしょうか^^

 

 

以上3つが、個人的にお勧めしたいJAPANESE WEDDINGでした

これらをどのように実現していくか、プランナーがお2人にピッタリのご提案を致しますので、もし少しでも気になったら担当プランナーさんに聞いてみてくださいね

今日のブログは商品管理室の大星がお届けしました

皆様、こんにちは。
コールセンター室の伊藤です。

私には3つ歳の離れた妹がいます。
この年末、昨夏ぶりに静岡の実家で再会しました。
妹には昨年子供が生まれたため、私にも初めての甥ができ
我が子とはまた違ったその可愛さに悶絶しています。
ウェディングプランナー時代に、新郎新婦様が甥っ子や姪っ子にリングガール、リングボーイをやらせたい!
と言っていた気持ちが、今よーーーくわかります。

妹は、3年前に浜松のマンダリンアリュールで結婚式を挙げました。
結婚式にはあまりこだわりのないタイプの妹ではあったのですが
「おねえのとこでやるわ」
と、他の式場を調べもせずさらっと決めてきました。
日々、結婚式に対し様々な希望やこだわりを持ったプレ花嫁さんとたくさん接してきた私としては
「妹!いいのか本当に!!(ありがたいことですが…)」
と思わず思ってしまったものです。




ブラスのウェディングプランナーは
「新郎新婦にとっての期間限定の親友であれ」
「自分の大切な家族や友人の結婚式を担当する気持ちで務めよ」
と常々教えられています。
そのくらい近い距離で信頼関係を結び、そのくらい心を込めて務めるべき、ということです。

ですが私は逆に
「自分と親しい家族や友人に選ばれてこそ本物」
だとも思います。

結婚式場のスタッフとして働く自分の家族や友人が
「あなたの働くこの会社で結婚式をやりたい」
と言ってくれるということは、決して当たり前のことではありません。
自分の仕事ぶりを近くで見たり聞いたりしている中で魅力が伝わっているのなら
こんなに嬉しいことはありません。

嬉しいことに、ブラスで働くスタッフの家族や友人の結婚式は
今年も数多く控えています。
まだまだ大変な時期は続きますが
どの新郎新婦様も、おふたりにとっての最幸な結婚式が行われることを願っています!

かしましブログをご覧の皆さん、こんにちは!
採用・教育担当室の赤阪です^^

新年を迎え早数日。
皆さんにとって2021年はどのような年でしたか?
私はというと、久しぶりの仕事(4月に育休から復帰しました)+慣れない子育てで
あっという間に過ぎ去った1年でした・・

しかしそんな中でも、とっても濃い思い出となった日があります。


以前こちらのブログで私の同期カップルの前撮りについてご紹介しましたが、
昨年12/21にラピスアジュールで無事結婚式を迎え、その式に私も出席してきました!

とっても光栄なことに、私を含め、新人時代に苦楽を共にした同期を
挙式の「立会人」として選んでくれたのです*



ふたりの結婚式についてお伝えしたいことはたくさんありますが、
すでに河合社長が素敵な内容をアップされているので、
ぜひそちらをご覧ください♪


結婚式があまりに楽しみで静岡に前泊!
しかし、ただ楽しみな気持ちからだけでなく、
結婚式前日のうちにどうしてもふたりに渡しておきたい物があったため前泊を決めました。

【ふたりとラピスアジュールの思い出アルバム】

新入社員でラピスアジュールのオープニングスタッフとして配属されたふたり。

もし配属先が別々の店舗だったら、「顔見知り程度の同期」だったかったかもしれない。
新店舗特有の忙しさがなかったら、こんなにも仲が深まっていなかったかもしれない。

いろんな巡り合わせがあって、こうして結婚することになったふたり。


これまでふたりが一緒にラピスアジュールで過ごした時間を
改めて振り返ったうえで結婚式を迎えてほしかった私は、
サプライズで70ページにも及ぶ超大作アルバムを作製しました!
(作製期間は約3ヶ月です・・笑)



内定者時代に撮った写真や、入社式へ向かう道中の様子、
店舗メンバーで出かけた時の写真など、私の手元にあるありったけのデータを使用しました。

そしてそれだけでなく、ふたりと一緒にラピスアジュールで働いたことがある
社員&PJ(アルバイトスタッフ)にも協力してもらい、メッセージも組み込みました*

ふたりがアルバムに目を通す様子には立ち会えていませんが、
喜んでくれていたなら私も嬉しいです^^


自分自身アルバムを作り進める中で、
ふたりとの思い出やラピスアジュールで過ごした日々を振り返ることができ、
それだけですでに胸がいっぱいでしたが、結婚式中はさらに想いが溢れ
気付けば新郎新婦と同じくらい泣いていました。笑


私たち3人が一緒に過ごしていたのは、たったの3年半。
ですが、その短い期間の中にはたくさんの思い出が詰まっています。

出逢った頃はふたりのことが本当に苦手で仕方がなかったのに笑、
いつの頃からか大事な存在になっていました。

「これからも幸せでいてほしい」
そう願ってやみません。


新婦・キクが、担当した新郎新婦の挙式ブログで
よく使っているフレーズがあります。

今回のブログはその言葉で締めくくりたいと思います。

「幸せな結婚へ、いってらっしゃい!」




最後までお読みいただきありがとうございました!

皆様こんにちは!
情報管理室の伊藤です。

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。



気づけばあっという間に2022年を迎えておりました
昨年は今の部署に異動になり、今までとは全く違う仕事をゼロから覚えるまで
一心不乱の日々でした

ただ一年があっという間と感じるほど
充実した日々だったとも今は実感しております


しかし、ふと思い返すと
「あまり家から出てないな・・・」と気づきました。

自粛していた期間はもちろんのこと、ここ最近も買い物くらいしか外に出ていなかったのです

今年こそは外の空気を堪能する!!

新年早々にそう思い

つい先日、雪山まで出かけてきました



年々寒さが苦手になっている私ですが

たまには非日常を味わうのも良いものだなと満足できました

もっと様々な場所へ出かけることを楽しみに

2022年はより充実した年にしようと思います