BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

誓いの言葉

こんにちは。
ブラスまつもとです。

少しずつ涼しくなり始めましたね。
10月はハロウィン、12月はクリスマスかと思っていたら、テレビのニュースでは「おせち料理」の予約がスタートしたという
話題が取り上げられていました。
あっという間に年末が来そうですね。

9月から秋のブライダルシーズン。
私たち司会者もありがたいことにたくさんの新郎新婦さんと出会うことができます。

新郎新婦さんと打ち合わせをする中で「まだ内容を迷っています・・・・・」とよく言われるのが
人前式での「誓いの言葉」

人前式は、ゲストのみなさんに立会人になってもらい、新郎新婦さんが夫婦として歩んでいくための約束を交わすスタイルの挙式です。
誓いの言葉は、挙式の最初の式次第になることがほとんどです。
立会人のみなさんいに、どんな夫婦になりたいか、そのためには、それぞれがどんな想いをもってともに人生を過ごしていくかを伝える
決意表明のようなものです。

私も3年前に人前式をあげました。
誓いの言葉はこんな感じです。
冒頭は、私たちが出会ったアルバイト先の接客用語を参考にしています。



二人で読みあげる誓いの言葉。
結婚式当日、一番最初にゲストに二人の声と想いが届くタイミングです。
とても大切な場面です。
じっくり考えていだだき、その言葉を選ぶ時間もおふたりの大切な時間にしてください。

ブラス
まつもとるみこ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。