BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

すっかり秋が深まり、
木々も少しずつ色づいてきました。
紅葉の時期が楽しみで仕方ない馬場です。

算数の問題のように
答えが一つで決まっている
そうはいかないのが、
“ブライダルの司会の仕事”
他にもそんなお仕事はたくさんありますし
もしかしたら
どんなお仕事もそうかもしれません。

まだまだ未熟な司会者ですが
それでも何組お仕事をさせて頂いても
全く反省のない日というのはありません。

もっとこんな表現が良かったかな
こんなペースで進められたらよかったかな

など、など、、
真剣に取り組めば取り組むほど
そういうものなのかもしれません。

それでも、お1組お1組、
お二人やご両家様やゲストの皆様が喜ばれる事を、
笑い涙する、そんな心の動きをより感じられる事を
心に描き、
その日その日に起こる出来事を大切にしながら
この秋のブライダルシーズンも
マイクを握っていきます。

好奇心旺盛の娘に
「どうして結婚式のお仕事をしているの?」
と聞かれ、

正解が無いからこそ、考え、仲間皆で相談し、
皆で協力し、工夫し、
新郎新婦様だけでなく
その会場にいるたくさんの方々の
そんな色々な感情を
一緒に感じさせて頂き、
幸せなお二人への祝福に満ちた空間が
とにかく好きだからだな…

と、改めて感じたことを記してみました。


馬場



これまで多くの方と関わってきましたが、
なかでも何故か「ご縁」を感じる人はいませんか?
街や旅先で偶然出会ったり、共通の友達がいたり…
先日の結婚式、その「ご縁」を感じる嬉しい再会がありました。
 
それは10年ぶりに出会えた友人。
入籍して名字が新しくなっていたので気づきませんでしたが、なんと新郎のお姉さんが私の友達だったんです。

都会に住む彼女とは直接会う事はありませんでしたが、自粛期間中 仲間と一緒にオンライン飲み会をしたばかり。
お互い遠くに住んでいますし、数多くの式場がある中でブラスを選んでもらえ、そして偶然にも私が担当させてもらえるとは…。
これも何かの嬉しい「ご縁」があったんだと思います。
結婚式はステキなご縁が溢れていると、新たに感じる日になりました。



菊池

朝、顔を水で洗うのがつらくなってきました。
すっかり秋を感じるトミーこと吉富です。

なんとか秋の一大イベント運動会も縮小モードで無事行われ、
子供も達成感を味わい、我が子の成長をしみじみ感じた母、私。

今年の各最高学年は特に行事らしいことがなかなかできず、親も子も、
先生方ももどかしい気持ちなのは一緒だと思います。

運動大好きな私は、比較的スポーツは得意な方だと思い込んでおります。
ずっとリレーは選手だったし、200メートル走は優勝した。通知表にも書いてあった。

となれば、子供にも力を入れてしまうのが良くも悪くもこの時期の運動会。

幸い、負けず嫌いの出たがりちゃんな娘は私に似ているところがあり、
張り切っていました。

リレー選手になるためには、選手決めの選考会で勝たなければいけません。
小柄な娘は顔一つ分身長差のあるお友達より速く走り切らなければ!

自粛期間中から筋トレをし、体を作って走り込み。

暑いし、辛いし。。。

と、弱音を吐きつつ、気が乗らないときには私からの厳しい言葉が飛び。。。

(どこに向かっているのか。。。と思うときもありましたが。)

ガッツで乗り越えた数ヶ月。

ギリギリ選手に入り込み、いい走りを見せてくれました。

努力は裏切らない。と、親子で実感したのでした。

一緒に筋トレした私もなまった体に鞭を打ち、おかげで最近、体調がとてもいいです。

心をひとつに、目標に向かって走り切りました。
実りあるいいゴールだったと思います。

少しずつ変わりゆく日常。小さな目標を立てて前向きに進んでいこうと思います。


追記
先日の結婚式で新郎友人グループが心をひとつにこんなアイテムでお祝いしていました。
皆さんで考えて祝福の気持ちを表したんですって。



こんにちは。

もう10月に入りますね~
栗きんとんにモンブラン!さつまいもにさんまに柿・・・・
おいしそうな誘惑がいっぱいです!
みなさんの秋の楽しみは何ですか?


先週末、ブラス司会部に新しい司会者が加わりました。
結婚でウエディングプランナーを卒業し、家庭に入っていましたが、以前から興味のあった司会の道に進むことを決意!
春からレッスンを受け、デビューとなりました。

ウエディングプランナーだからこそ見える景色。
司会者だからこそ見える景色。

今までには、ブラスグループで式をあげた新婦さんから司会者へ。
週末に式をサポートしてくれるPJさんから司会者へ。
実際にブラスウエディングに関わった方からの転身。
とても嬉しいです。

それぞれの立場で見たもの、感じたもの
そのすべてが「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」に繋がります。

仲間が増えることは、刺激になります。
新しい風を吹き込んでくれます。

たくさんの方に、結婚式の司会のすばらしさを広めていきたいです!

ブラス
松本留美子









こんにちは。


ブラスでは、ともに結婚式を創る仲間になってくれる司会者さんを養成する講座を開講中です。
(現在 講座は本社のある名古屋のみ開講中、他地域はしばらく休校の予定です)

初心者の方のレッスンは、腹式呼吸の習得から始まり、早口言葉、原稿読みで基礎を固め、実際の披露宴を想定した段階に進みます。
この講座の受講生は、20代後半から30代半ばの方が多くいらっしゃいます。

初心者からの講座のほかに「経験者向けの講座」の開講しています。
毎週末マイクを握る司会者が講師を担当し、「しばらく司会をお休みしてました。」「他で長くやっていたがブラスでやってみたい」
そんな方にも、早く現場に出てもらえるようにサポートします。
すでに披露宴司会者として、デビューしている方の講座受講料は無料です。


レッスンは披露宴会場で行います。
初心者の方には、学びの場が活動の場所になります。
お休みしていた方も、すぐにカンを取り戻してもらえると思います。





働き方は様々。
ご自身のライフスタイルに合わせて活動できます。




音響スタッフとも本番を想定してのレッスンも行っています。
不安なく、本番を迎えれる準備はしっかり整います。



話だけでも聞いてみたい!!
そんな方は是非 こちらから エントリーしてください!
まずは、ゆっくり話しましょう。





ブラス
司会部 一同

一日の中に
秋を感じる瞬間も増えてきました。
心地よい季節の到来と同時に、
体調管理に気をつけねばと
身を引き締める今日この頃です。


先日、子供が通う小学校の
朝の交通当番を務めました。

我が子もさることながら、
ご近所の子供たちを始め、
大きな荷物を一生懸命持つ1年生から
少し照れ臭そうに挨拶をする5〜6年生、
近くの高校に通う女子高生、
朝の散歩をするおじいさんなど、
たくさんの方々が通るのを
笑顔で挨拶しながら旗当番をしました。

細い路地ですが、通勤通学時間は
たくさんの車や自転車も通る交差点。
朝の7時半から8時までの30分間、
黄色いたすきを着け、
子供たちのため、ひいては
地域のためになれば、と
その活動に参加できることに
喜びも感じながら。

いつもと違うのは、
ほぼ皆、マスクをしていること。
子供たちも女子高生もおじいさんも。
挨拶を交わしても、口元が見えない。
小さい声で挨拶される方だと、
少し聞き取りづらく、
でも、あまり大きな声で挨拶するのも
控えねばならない。
ぺこっとお辞儀してくれる人もいた。

「口元が見えなくても、笑顔で明るい顔でいる」
ということを伝えるには、
“目と声色は、重要だな” その時に感じました。

結婚式の司会も、
最近はマスクをして行います。
口元で笑っていることを伝えられないならば、
目で、声で、
幸せな空間にそぐう存在であるように
と、改めて心した出来事でした。


秋のブライダルシーズンも、
気をつけることには細心の注意を払いながら、
お一組お一組、務めようと思います。
マスクの下は、満面の笑みで。

馬場じゅんこ


大きなら台風が近づいていますね。
東海地方も今週末は雨になりそうです。

新郎新婦さんと打合わせをしている時
「雨の日はどうなりますか?」と質問される時があります。
外で行うイベントやテラスからの入場、時にはガーデン挙式など、屋外を使った演出は沢山あります。

もし雨が降ったとしても
テラスには可動式の屋根を出したり、イベントをチャペルや待ち合いスペースで行うなど、その場に応じて対応できるので大丈夫!!

最近はお天気アプリも性能が良くなり、1ヶ月先の天気も予測できるようになりました。
結婚式が近づくと、毎日チェックする方も多いはず。
しかし、いくら考えてもお天気ばかりは当日にならないとどうなるか分からない…
ニュースは雨でも、イベントを行う時間帯だけ運良く晴れ予定通り行えたなど、神がかった結婚式をこれまでにいくつも経験しました。


お天気も気になりますが、その瞬間だからこそできる結婚式を楽しんで下さいね。

菊池

聞こえてくる音が、少しずつ秋の音に変わってきました。
9月。秋ですね。

ついこの前までカエルの大合唱を聞いていたかと思ったら、
蝉の重奏に変わり、
気づけばコオロギのさえずりになっていました。

季節がどんどん進んでいます。

いつもなら、夏の恒例行事を終えて、
もの悲しい抜け殻感と戦う時期ですが、
それも今年は感じることなく秋突入です。

我が家でもこの状況下で楽しめることをしてきました。
子供たちは、今年は夏祭りもできなかったから。。。
と、手作り屋台。
射的を自作して夏の思い出を作っていました。

こうしてみると、本当に何気なく、
当たり前に過ごしてきた今までのありがたみがよくわかります。

そして今は、また新しい当たり前がたくさん出てきました。
どこへ行くにもマスク。
この先ずっと。ではなく、もうしばらくの辛抱ありますように。

秋は本来、結婚式を挙げる方がたくさん。
「おめでとうございます。」と言葉にすることがとても多い時期。

心からおめでとうございます。
と、たくさんの方にお伝えできる日が早く訪れますように。

当たり前のことの重みを知り、
ありがとうの気持ちが膨らんだトミーこと吉富でした。

こんにちは。
ブラスまつもとです。

今日から9月ですね。
まだまだ暑さは「夏」ですが、少しづつ「秋」がそばにきているはずです。


ここで質問です!
みなざんは、結婚式を意識し始めたのはいつですか??
私、まつもと調べ。。。。。。。。。笑では。。。。。。。。


『中学時代』が多いと思います!! *まつもと調べ


打ち合わせの中で
青のカラードレスを選んだ新婦さんに選んだ理由を聞くと
「中学時代から決めてました! 夢でみたんです。将来の私が青いドレスを着てました」
結婚式のドレスというと白いウエディングドレスが夢に出てきそうですが、青!!
これはもう運命です。

スピーチをしてくださる友人との関係を聞いたときに
「中学の時から、お互いの結婚式でスピーチをしようと約束してたんです」
中学時代、好きな人はいたかもしれませんが結婚したい!とは思っていないと思います。
でも、「結婚式は大切な人に来てもらうもの」ということだけはしっかりとちゃんとわかっている。
すごい!! 結婚式って!!

そして、私 まつもとも中学の時に
22歳 大学卒業、就職
24歳 2歳年年上の人と結婚、式をあげる
26歳 出産
28歳 出産 と 考えていました。

実際は
22歳 大学卒業、就職のみ予定通り
42歳 2歳年下の人と結婚、式をあげる
43歳 出産 でした。。。

ぜひ、みなさんも「結婚式」や「結婚」について考えてみたのがいつだったかを思い出してみて
ください。
大切な友人との約束を忘れてたりしませんか。
夢の中のお告げを忘れてませんか。


以上、まつもと調べでした。

皆さん、こんばんは!
少しずつ朝夕の暑さも和らぎ
秋の気配を少しずつ感じるようになりました

今年は予想もしなかった異例の事態に
結婚式を予定されていらっしゃった
新郎新婦やご家族も辛い思いをされた方が
沢山いらっしゃると思います
心が痛いです

これまでの生活スタイルから
少しずつ変化が生まれていく日々
結婚式のかたちも変化していきそうです
その変化の波についていけるよう
少しでも安心して結婚式を挙げて頂けるよう
“今、出来ること”をしっかり考え
対応していきたいと思います(ˆˆ)

暗い話題が多い中、我が家に嬉しいニュース!
2匹の新しい家族を迎えました
梅雨入り前に近所で拾った子猫ちゃん
ブリーダーさんからお迎えした子猫ちゃん
2匹の仲も良く元気いっぱい
日々癒されています

皆さんの生活の中に嬉しい事や楽しい事が
日々の生活の中で溢れますように!



岡田

1 2 3 4 5 6 131