BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

当たり前の重み

聞こえてくる音が、少しずつ秋の音に変わってきました。
9月。秋ですね。

ついこの前までカエルの大合唱を聞いていたかと思ったら、
蝉の重奏に変わり、
気づけばコオロギのさえずりになっていました。

季節がどんどん進んでいます。

いつもなら、夏の恒例行事を終えて、
もの悲しい抜け殻感と戦う時期ですが、
それも今年は感じることなく秋突入です。

我が家でもこの状況下で楽しめることをしてきました。
子供たちは、今年は夏祭りもできなかったから。。。
と、手作り屋台。
射的を自作して夏の思い出を作っていました。

こうしてみると、本当に何気なく、
当たり前に過ごしてきた今までのありがたみがよくわかります。

そして今は、また新しい当たり前がたくさん出てきました。
どこへ行くにもマスク。
この先ずっと。ではなく、もうしばらくの辛抱ありますように。

秋は本来、結婚式を挙げる方がたくさん。
「おめでとうございます。」と言葉にすることがとても多い時期。

心からおめでとうございます。
と、たくさんの方にお伝えできる日が早く訪れますように。

当たり前のことの重みを知り、
ありがとうの気持ちが膨らんだトミーこと吉富でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。