BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

打ち合わせへの想い

春の繁忙期に入りました。
毎週末、幸せなおふたりの時間に
立ち会える喜びを、
今年は例年以上に感じています。

お式があるという事は、
私たち司会者とのお打ち合わせも
とても多くスケジュールに入っている時期。

今日はどんなお二人にお会いできるかな
どんなエピソードをお聞かせ頂けるかな

毎回、お会いする前には、
事務所で資料を拝見しながら
ドキドキワクワクしています。


私が、新郎新婦さんとのお打ち合わせで
よくお伝えしている事が2つあります。

1つは、花嫁のお手紙について。
「そろそろ書き始めていらっしゃる所ですか?」
と伺うと、
「なかなか書けなくて…まだです〜」
と答えられる新婦さんが多くいらっしゃいます。

そんな時は、
「なるべく3日前くらいには仕上げるお気持ちで…」
とお話しています。

というのも、遡ること十○年前…
私は自分の結婚式で親に向けて読む手紙を
(気持ちが高ぶらないと書けないな…)
と思い、ついに前日まで書きませんでした。

いよいよ明日本番という夜、書き始めると、
なかなか言葉がまとまらず、感情が高ぶり、
涙を溢れさせながら、夜遅くまで書きました。

すると、翌日、式当日の朝…

涙と寝不足で目が腫れに腫れて…

メイクの先生に笑いながら叱られた事、
今となってはいい思い出です。が!
私のお客様になる花嫁様には、
そんな思いはしてほしくない!!
少しでもアドバイスになれば… と
このお話をさせて頂く事があります(笑)


もう一つは、打ち合わせの最後。
まもなく本番だというお二人に、

「ここから当日までは、なるべく
 いい意味で日常を過ごして下さいね」

と、よくお話します。

食べ慣れていない珍しいものを食べたり
行き慣れていない場所に出かけたりは
なるべく避けて…
自分の体にあったものを食べて
過ごし慣れた場所で
なるべくお過ごしになってほしい
それが、一番、
おふたりのベストコンディションで
当日を迎えて頂けるのではないかな、
そんなふうに思うからです。

お仕事が忙しかったり
ギリギリまで準備などで
走り回らなければならなかったり
いろいろなご事情はあると思いますので
なかなか難しいかもしれませんが、
少しでも参考になれば、と
願うような思いでお伝えしています。


たった一度の大事なお打ち合わせを経て、
次におふたりにお目にかかるのは、
お式当日。
この春も、心を尽くして、
お打ち合わせからお話させて頂きます。

たくさんの幸せな新郎新婦さんが
この春、笑顔を満開に咲かせますように。 


馬場 じゅんこ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。