BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

それぞれの伝え方で

こんにちは。
毎日暑くなってきましたね。

今日は、先日の結婚式でのお話を
したいと思います。

新郎新婦様ともに、共働きだったご両親がお忙しいとき一緒に過ごしたおじいちゃん、おばあちゃんがいらっしゃり、この日も皆様ご列席くださったご披露宴。

おばあちゃんはごはんを作ってくれたり、おじいちゃんの膝に乗っておじいちゃんの好きだったお相撲を一緒にみたり、習い事の送り迎えをしてもらったり、畑仕事やお花のお世話を教わりながら一緒にしたり…

司会者との打ち合わせで、それぞれとの思い出がたくさんあるとお話になっていた新郎新婦のおふたり。

この日の新婦さんのご中座でのエスコートは、おばあちゃんを指名。本当は、おじいちゃんも一緒に歩いて欲しかった新婦さんでしたが、おじいちゃんは、花嫁姿を想像するだけでこみ上げるものがあったのでしょう、事前に新婦さんが依頼した際に、お断りされたそうです。「初孫の花嫁姿をみただけで絶対泣いてしまうから、そんな役はやれない」と。

それでも、と思う気持ちも新婦さんにもおありなようでしたが、「ここはおばちゃんに代表して一緒に歩いてもらいます」とお決めになった新婦さん。

そして、ご披露宴の門出。
お一人お一人に目を合わせ、感謝の想いをお伝えになりながらゆっくりゲストの皆さまの間を歩いて退場されたおふたり。一番末席で見守っていたご家族テーブルに新婦さんが近づいてきても、その姿に背中を向けて、なかなかおふたりを直視できないでいたのは、新婦さんのおじいちゃんでした。その時、新婦さんは、おじいちゃんの背中に、ギュ…っと… まるで、おじいちゃんを抱きしめているかのような、そんなお時間でした。おじいちゃんは、手を目に当てて、その新婦さんのぬくもりを、しっかり感じとってらっしゃるように、私には見えました。

きっと新婦さんは、幼い頃にたくさん抱きしめてくれたおじいちゃんに、「ありがとう」という想いを、精一杯、お伝えになりたかったのだな、と、司会台から拝見していた私も、涙があふれ出たお時間でした。


言葉で伝えること
想いを伝えること

結婚式には、たくさんの伝えたい想いが溢れています。それぞれの愛情表現で、それぞれの伝え方で、想いを伝えるお時間になったら、忘れることのない宝物のお時間になるのでは、と思っています。


今週末も、大切な想いを伝える、
そんなお時間に立ち会えますように。

馬場じゅんこ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。