BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

バトンタッチは、だんだん、だんだんと

早いもので、まもなく今年も
締めの時を迎えようとしています。
年々、一年の過ぎる速さを感じ、
驚いている馬場です。

年末年始が近づくと、
幼い頃の私は、

終業式が楽しみで、
サンタクロースのプレゼントが楽しみで、
冬休みの少ない宿題さえも楽しみで、
祖父母を訪ねることも楽しみで、
母のおせち料理も楽しみで、
親族の皆さんに会えば頂けるお年玉も楽しみで…

楽しみがたくさんだった事を思い出します。


年末年始の過ごし方は、

家族にしかない習慣
家族にしかない恒例行事

きっとどんな方にも
一つや二つあるのではないかなと思います。


ご結婚式を控える新郎新婦さんとの打ち合わせで、
そんな「うちの家族は」のお話を聞くのが、
私は大好きです。

大晦日はいつもすき焼きでした
紅白歌合戦を観たくて夜中頑張って起きてました
彼と初めて年越しをした年はドキドキしました

そんな、
ご家族から、大事な人と過ごすようになっていった
時間の流れを知ると、
それを見守っていた親御さまのお気持ちをも
感じてみたり…


家族と過ごしていた自分があって
好きな人と過ごしていく自分になっていった
そんなお話を聞くと、
バトンタッチ というのは、
だんだんと、だんだんと、
行われていくのだな ということを
感じたりもします。


ご家族 ご親族
お友達 お仲間

たくさんの方との関わりがあり、
おふたりが結婚することになった今がある

そんな事をも感じられる打ち合わせを
来年も大切にしながら、
心を込めて務めていきたいと思います。


少し早いですが
今年もお読みいただきありがとうございます。
どうぞよいお年をお迎えください。

今年のブライダルラストパート、
がんばります!


馬場



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。