BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

気持ちを伝えること

立春を過ぎ、
日中は少しずつ暖かさを感じる
そんな日も出てきました。

さて、先日の2/14 バレンタイン。
お料理やお菓子づくりが好きな娘が、
豆腐入り蒸しチョコケーキを作りました。
いつもだと、可愛いラッピングをして
大好きなお友達やご近所の幼馴染に渡す
そんな楽しいバレンタインですが、
ここ数年は、手作りを贈るのは控えており、
家族で美味しく頂きました。



お友達には、と言うと、
「友チョコ」ということで、
お小遣いで買えるくらいの小さな可愛いチョコを
お店で探して購入。
「お母さん、百均にも連れてってほしいんだけど」
そう言う彼女に、なぜか尋ねると、
「紙粘土で作りたいものがあるんだ!」と。

ブルー、パープル、ホワイトなどの
いくつか紙粘土と、
手芸用の小さなリボンやビーズを購入した娘。
家に帰り、どうするのかなぁ、と見ていたら、
手作りのマカロンを紙粘土で作り出しました。


「お菓子は手作りを渡せないけど、紙粘土ならマカロン作ってもいいよね?お部屋に置くだけで可愛くない?」
と。
仲良しのお友達を思いながら書いた
メッセージカードと小さな可愛いマカロンで
娘の机はいっぱいになっていました。

大事な人や、大好きな人を想い、
できることで気持ちを伝える

それを改めて、娘から教わった気がしました。
10歳の娘らしいプレゼント、
お友達が喜んでくれていたらいいなと思います。

馬場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。