BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

とびらの向こうに・・・


こんにちは

ブラス司会部の寺岡麻里です。



披露宴のなかで好きなシーン・・・
いくつかあります。


その中に扉を開けるシーンがあります。


挙式のときの入場
緊張した新郎さんが入場するとき・・・

晴れて夫婦になった二人が微笑みながら退場していく時。

お色直しで出かけていく後姿・・・。

そして門出のとき。


ふと見せる瞬間の表情
そこにはその人たちの物語があります。



私はその扉を開く瞬間が大好きです。


勢いよく開いたり
ゆっくりと少しずつ開いたり
時には2人で扉を開き、前に進むことも素敵でしょう。



開いた扉の向こうに
光射す何かが待っているのです。


真っ青な青空でしょうか?
ゲストの笑顔でしょうか?
まだ見ぬお2人の未来でしょうか?



想像するとわくわくします。




打ち合わせの時もそうです。
プランナーさんや私たち司会者は
お2人が持ついろんな扉を開けていきます。

それがほんの小さな光でも
お2人に温かいものが伝われば
それはとても嬉しいことです。






さぁ、とびらが開きます。

みなさんはどんな光が見えますか・・・?

s-チャペル扉

この記事へのコメント

  1. マルイチ岡田です。 : 2011年11月15日 3:44 AM

    いろんなドラマがありそうですね^^
    それを支えるスタッフの顔、新郎新婦の笑顔が浮かんできます。なかなか式当日を見ることができない裏方としてはうらやましいっす。
    これからもテラリンスマイルでいろんな扉を演出してくださーい。

  2. てら : 2011年11月16日 6:59 PM

    岡田さん、コメントありがとうございます!
    今後ともよろしくお願いします
    歌の扉(レパートリー)もいっぱい増やしますぜぃ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。