ブラス広報室かしましブログ

名前というプレゼント

こんばんは。広報室の谷村です。最近めっきり寒くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私の実家は名古屋より、もっともっと寒い場所なのですが、そんな寒い実家に先日帰ったところ、里帰り出産を控えた妹と会うことができました!



そんな妹のもっぱらのトピックスといえば、やはり生まれてくる子どもの「名前」についてです。妹にも、妹の旦那さんにも、旦那さんのお母様にも。それぞれに「名前」へのこだわりがあるようで、画数や、漢字の意味、お互いの名前の由来などを調べながら、毎日一生懸命で考えているようです。


「名前は、生まれて初めてもらうプレゼント」


ここ数か月ずっと名前を迷い続けている妹夫婦の様子を見て、こんな言葉を思い出しました。
いろんな人の想いや願いがこもっていて、かけがえのないプレゼント。だから、どんな名前も、その子の雰囲気や人柄がぴったりあっているのでしょうね!

甥っ子が生まれてきたら、どんな想いを込めてみんなで考えていたか、わたしからも伝えてあげたいなと思いました。そして、愛しいその名前をめいいっぱい呼んであげようと思います。

ご存知の方も多いかもしれませんが、ブラスグループのゲストハウスの名前にもすべて意味があります。
どの店舗にもフランス語の色が入っているのはもちろんですが、地域や建物のコンセプト、結婚式への想いを込めている名前もあります。そして、何より大切にしているのは、店舗名は全社員で決めること。店舗の名前というかけがえのないプレゼントだからこそ、全社員からの公募&投票で決める!これがブラス流です。

ブログをご覧のみなさまで、この店舗の名前ってどういう意味?という疑問がある方は。ぜひどのスタッフでも大丈夫なので、お気軽に聞いてみてくださいね♪

 

追伸)名駅のレストラン「クルヴェットダイニング」にももちろん意味があります!
クルヴェットはフランス語で「海老・海老色のピンク」。大人かわいい結婚式場にもぴったりの色合いですし、海老は慶事にはぴったりの食材です(紅白の色味はめたいですし、折れ曲がった様子は長寿をあわらし、何度も脱皮をする様子はいつまでも綺麗でいられる、という意味もあります)。そんな「クルヴェットダイニング」の海老料理はなんといっても絶品です!1月には海老尽くしのディナーも開催予定ですので、ぜひお楽しみに!

「浩世(ひろよ」という名前の読み方が、珍しいのですごく気に入っている広報室谷村でした!

この記事へのコメント

  1. はやし : 2017年12月13日 11:45 PM

    子どもの名前
    本当に悩みました
    本当に…
    名前には愛情が詰まっているものだと思います

    • brass_honsya : 2017年12月14日 10:20 AM

      はやし様
      コメントいただきありがとうございます!
      ひとつひとつの名前に、大きな愛情が詰まっていることをかみしめたいと思います。

      • はやし : 2017年12月14日 11:32 PM

        といいながらも
        調味料と小さな海老ですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です