ブラス広報室かしましブログ

嫁ぐ日

久々にブログに登場いたしました、採用・教育担当室の尾崎です。

今回は自身のことを少しブログで書かせていただこうと思います。


6月の社長ブログでも少し紹介いただきましたが
6月10日に愛知県岡崎市にある、ブルーブランで
結婚式を挙げさせていただきました。


プランナー時代、お客様からいただいた質問で断トツに多かったこと。

それは

「プランナーさんだから、きっとご自身の結婚式は“○○したい”って言うのが沢山ありますよね~」

・・・いやいや、そんなことはありません!
むしろ私は、「○○はいやだ」ということの方がハッキリしている花嫁でした。

逆に初めは こうしたい・あんな風にしたい、がありませんでした。
と言うよりも、わからない。と言った方が正しいのかもしれません。


そんな私が唯一、結婚式でやりたかったこと。


それは【出立ち】でした。


自宅で花嫁支度をし、ご先祖や家族に挨拶をして 嫁いでいく———



昔は一般的であったこの風習も、今は選択をされる新郎新婦はほとんどいらっしゃいません。

選択をしない理由は様々ありますが、「色々と負担がかかる」ことは大きな理由だと思います。


朝は早いし、気は遣うし、第三者の出入りもあるし・・

というように、家族や自分たちにも負担がかかることがわかっていても
私は出立ちを選択しました。


それは、この日を逃したら
家族に、慣れ親しんだ家に、今は亡きご先祖に
しっかりと“感謝”を伝えるタイミングがなくなってしまう


そのことを自分は経験を通してわかっていたからです。

結婚式という“非日常”だからこそ、伝えられることがあります。
同じ言葉でも“非日常”だから、いつも以上に心に残ります。


結果、確かに朝は早かったですが(笑)
この時間があって良かったと満足しています。

自分と同じくらい、それ以上に家族やご近所の方が喜んでくれていました。



結婚式は、当日を迎えるまで・結婚式を経験するまで
その価値はなかなか伝わりにくいものです。


自分にはどんな時間が必要なのか
どんな一日にしたいのか
ゲストに楽しんでいただくにはどうしたらいいのか


目に見えないものだからこそ、その価値や必要性を伝えられるのは
結婚式当日を知っている、プロのウェディングプランナーのみです。


私自身が新郎新婦に直接、それを伝えられる機会は少なくなってしまいましたが

今の立場から【いい結婚式】を今後も発信していきたいと思っています。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です