ブラス広報室かしましブログ

家を建てました

気が付けば2018年もあと2週間ほどになってしまいました

思い返すとこの一年
本当に色んなことがあったなと思います

いいことも悪いことも

でもこうして今笑っていられるってことは
いい一年だったんだと思います

大きな出来事としては自宅を建てたこと

家を建てようと思っても
当然ながらはじめての経験なので
何をしたらいいかわからず
とりあえず住宅関係の仕事に就いている友人に相談
そこからの紹介で住宅メーカーさんへ
たまたまそこで出会った担当者さんが
とても良い方で
打合せもとてもスムーズに進めることができました

その担当者さんに感じたのは
こちらの目線に立って提案してくれたこと

何か相談を持ちかけると
「私だったら~」とはっきり答えてくれ
それも高いものばかりを勧めるのではなく
「ここは抑えてもいいと思います」とか
「なくてもいいと思います」と


結果
自分的にはとても満足いく家が建てられました
住みだしてまだ日は浅いですが
ふとしたときに
担当者さんに出会えてよかったと感謝してます






これ

結婚式も同じなのかなと思いました

経験がないことを決めるには
信頼できるパートナーが必要

漠然としたイメージを具現化するには知識も経験も必要

お客様の視点に立って
おふたりの好みにあった
イメージにあった提案をするためには
寄り添える環境が必要
おふたりのことを良く知っているから
良い提案ができる
おふたりを想った提案ができる
そう思います

手前味噌ではありますが
担当一貫性をとっていることは間違いないと
改めて感じる出来事でした

今は店舗から離れ
お客様と直接接することはなくなりましたが
会社の一員として
気持ちは同じく持ち続けたいと思います

今でも担当プランナーとして慕ってくれるおふたり
これからも寄り添い続けていきたいと思います

【 林 】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です