BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

初めて見る景色

夏の終わり。やっぱりこの時期は少し物悲しい気持ちになります。

夏休みの終わりを残念に思う子供たち。
そして、同じ気持ちの先生たち。

先日お会いした新郎新婦さんも教員をされていて、
打ち合わせで「あぁ、夏休み終わっちゃいますぅ。。。」
と、我が子と同じテンションで話していらっしゃいました。

親としては、ガミガミかあさんの出現率が減るのと、
三食作ることから解放される喜びと、
親子の楽しみタイムが減ってしまう寂しさで複雑です。

ただ、今年は長男が小学校6年生。
中学に入れば、また一緒に過ごす時間も変わってくるでしょう。

ということで、たっぷり家族の時間を過ごしました。

海派の我が家も初めて山にも足を踏み入れてみました。
登山が大好きな方には叱られるかもしれませんが、
とりあえず、車で行けるところまで行き、ほんの少し、
山登り。

山頂で見た景色は格別で、少しだけ山派の方の気持ちがわかった気がします。

子供たちにとって初めて見た景色は、どんな風に心に残ったのでしょうか。
こんなに近いのに初めて登った伊吹山。


私は、たった40分の登りで、息が上がり、降りたころには足がガクガクしていましたが。。。
ただただ、山頂では感動しっぱなしの至福の時でした。

新郎新婦さんにとって、高砂の席から見る景色は人生初の景色。
きっと、人それぞれ見え方が違って、感じることもたくさん。
初めて見る景色をぜひ、思う存分楽しんでください。

しばらく山の余韻に浸り続けるトミーこと吉富でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。