BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

新時代☆

新元号が発表されて1週間が経ちました。

「令和」

美しい響き
私はとても好きです。

新元号が発表されて
父方の祖父を思い出しました。

祖父は明治生まれ。
明治、大正、昭和、平成
と、四時代を生きた祖父でした。

その事を知った当時は、ただただ
凄いなぁ~と感じた事を覚えています。

しかし、今、
自分が三時代を生きる事になるとは…
凄いことです。


私は司会者として
ゲストにマイクを向ける時
できるだけ、おじいちゃんおばあちゃんの
声をもらうようにしています。

年長者の言葉というのは重みを感じます。
でも、それ以上に

肉声と姿を記録に残しておきたい。
(詳しくはブラスの司会本を読んで頂きたい)

そんな気持ちも持ちながら
司会をしています。

若い頃はとにかくがむしゃらに。
歳を重ねて引き算の出来る司会。
環境が変わり深みのある司会。

司会の仕事は
簡単には言い表せないけれど
歳を重ね経験を積み環境の変化などで
進化し続けられる職業です。 

これからのまだ見ぬ自分も
無限の可能性があるはずです。

「令和」
どんな時代になるのか楽しみです。


浅井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。