BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

扉が開く瞬間

こんにちは。
ブラスまつもとです。

久しぶりに前髪を作りました。
鏡に映る自分の姿が新鮮です!
春のイメージチェンジ第1弾です!(第2弾はあるのでしょうか・・・笑)

ブラスで選んでもらえる挙式スタイルは「キリスト式」と「人前式」があります。
「人前式」は私たち司会者が進行するため、挙式場にゲストをお迎えするタイミングにはすでにスタンバイしています。
「キリスト式」は、牧師さん・聖歌隊」が進めてくれるので、私たちは式後のアフターセレモニーからマイクを握ります。
私はキリスト式の時は、「新郎入場」と「新婦入場」のシーンは、挙式場の扉口で様子を見ています。

「新郎入場」
大きな歓声があがったり、笑い声が起こることがあります。
今日は、にぎやかな披露宴になりそう・・・・

「新婦入場」
新郎入場後に扉が閉まり、スタンバイになります。
エスコート役のお父さまと
「足は右からだっけ??」
「どこでお辞儀するんだっけ??」
「緊張するね~」
「まあ、どうにかなるよ」
「この時間がやだ~~」
そんな会話を交わしているうちに、扉が開きます。

扉が開くと・・・・
より緊張した表情になったり、知ってる顔が見えてほっとしたり、思わず笑顔になったり、皆さん様々な反応があります。
先日は扉が開いた瞬間、お父さまが発した一言
「わ! みんな こっちを見てる!」
私は心の中で(お父さま!! みんな見ますよ)とツッコミを入れながら見守りました。

扉の向こうにいる人たちは、知ってる人たちなのに緊張する!!ワクワクする!!
それだけ結婚式が特別な日ということですね。

これから結婚式を挙げる新郎新婦さん!!
扉が開く瞬間の気持ちを楽しんでください!!

ブラス
松本るみこ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。