BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

親心

すっかり秋めいてきました。

とはいえ、毎週末お天気が心配でなりませんが、
毎年異常気象という言葉が毎日入ってきて、
この先どうなるのか。。。
と毎度気が気でないです。

でも、やっぱり涼しくなってきたこの時期は
絶好の結婚式シーズン

この秋もたくさんの新郎新婦さんにお会いし、幸せな時間を過ごさせていただいています。

たくさん見てきたけれど、いつになっても胸がキューっとなる瞬間があります。

ひとつは、ベールダウンの瞬間
お母さまにはリハーサルもしていただいて本番に臨んでいただいています
ベールを下した後、ひとこと声を。
と、お願いしています。

本番は娘を送り出す思いと、今までの思い出と、母としての気持ちと。
色々な思いがほんのわずかな時間であふれ出すとき。

私も母なので、来るであろうと信じている未来の自分と重ね合わせてしまっている時間です

もうひとつは、花束贈呈の時

特に新婦お父様が新郎さんに頼むよ。
と挨拶している瞬間はどのお父様もいい表情です。

自分の時、父が主人の肩をトンと叩いて頼んだぞ。といったあの瞬間がいつまでも忘れられず、
この時間はどうしてもこみ上げるものがあります。

どちらも結婚式でしか味わえない瞬間
どうしても親御様の気持ちに肩入れしてしまうようになりました。
そして、少し気が早いですが、いつか来るその時に胸を張って送り出せる親になりたいな。
と、色々な親御様から教えていただいています。

これから結婚式を迎える新郎新婦さん、そして親御様、
是非、この瞬間は、まっすぐ素直なお気持ちを出してみてください。


子供の結婚式にたくさんの夢を持つトミーこと吉富でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。