ブラス広報室かしましブログ

夏の終わりに

店舗開発室の西川です。例年真夏は猛暑や豪雨で少なからず
建物や設備がダメージを受けてしまう為、修繕や点検で
忙しく過ごしています。私の出番は少ないほど平和なのですが
この季節はお店のスタッフからは人気があります(?)

そんな私の夏ですが、毎年ひとつだけ用意している自分への
ご褒美がサーキットでのレース観戦です。
真夏の過酷な耐久レースは過酷なスポーツで例年約6時間にも
及ぶメーカーやチームの意地とプライドを掛けた戦いは見応えも
ありますが観客にとっても過酷なイベントで、年中シリーズで
各地で行われるイベントの中でも特にお祭りの様な週末が
有り難いことに住まいから近い鈴鹿市で開催されています。

毎年観客動員も増加傾向で今年は特に世界規格統一の車両で
行われるグローバルな大会に昇格し、海外からも多くのチームが
参戦して、内容もなんと「10時間耐久」という格段に過酷さも
グレードアップしての開催でした。

全面アスファルトの世界なので現地に行ってしまえばどんな
対策も虚しく1日で黒コゲになれる世界です。どちらかと言うと
焼けたい私にとっては瞬間日サロだと思って「お得」だと
楽しんでいます。サーキットで焼けた自分を鏡で見ると
夏の終わりを感じて少しだけ寂しくなりますが、非日常の
熱く暑い一日をたっぷり堪能してきました。

路面温度が軽く45℃を超える世界で全開走行を続けるというのは
車両への負担は尋常ではなく、各チームの技術開発や工夫の
結晶が完走へ導きます。自身もいちエンジニアであるという自負も
あるので今年も刺激を受けつつブラスの結婚式場たちも進化させねば
という思いを胸に、アクシデントに強い会場づくりを目指して
精進したいと思います。


(タイヤは溶けて路面に食いつくレーシングスリック。
 企業秘密の結晶。頼んでも売ってくれないだろな。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です