ブラス広報室かしましブログ

恋愛映画を見ましょう

みなさんこんにちは。
読書の秋ですね。いや、恋愛映画の秋です。

寒いのが心底嫌いな僕は、冬が近づくにつれて夏に蓄えた情熱やら感情やらがゼロになっていく習性があるのですが、そんなこと言っても日々の心のケアを大事にしなければと思い、読書とフィットネスを欠かせないルーティーンにしています。そして最近新たな心のケアを習慣化したのです、毎日ラブストーリーを観ること。

ドキュメンタリー映画ばっか見ているリアリストの僕はこれまでディズニー的なファンタジーロマンスを除いて恋愛ものを観ることはほとんどなかったのですが、新たな境地を得てからの生活は、仕事して、ジムで運動して、帰ってお風呂でラブストーリーを観る。もうこれ最高です。完全に女子です。

毎日心がふわふわしちゃいます。

ただ2週間くらいこれを続けてみてあることに気づいてしまったのです…そうです、基本的にラブストーリーは2、3パターンくらいしかない。偶然な出会いなのか、ずっとお互いを知ってたけど気持ちがすれ違い続けたのか、お互いの恋愛感情に気付かなかったのか、おんなじようなストーリーのおかわりです。
主演男優と女優が変わるだけで毎回新たな妄想を膨らますことができる女性ってすごいなーと思った最近でした。

みなさんも恋愛映画でこの寒さを乗り切りましょう!
ちなみに僕のオススメは「あと1センチの恋」です。ストーリーは覚えてませんが主演女優が素敵です。それで十分なんです。

そのうち週5で通っているジムでラブストーリーが始まるのではないかとそわそわしながらも何も起きない経理部の吉橋がお届けしました。


この記事へのコメント

  1. ryu : 2016年11月8日 5:55 PM

    「ラブストーリーは2、3パターンくらいしかない」なんて分析している時点で、「週5で通っているジムでラブストーリーが始まる」ことはないと思います。

    ザンネーン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です