BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

皆さん、こんにちは!
気付けば3月もあと2日…
4月からは新年度!
気持ちもリフレッシュして
良い新年度を迎えたいですね(^^)

今日は、私のとある休日のお話を…

ある日のお昼の出来事
主人とランチに出掛けました
家からわりと近くにある
アメリカンなハンバーガー屋さん

休日ということもあり、沢山の人が
順番待ちをしていました
ウエイティングリストに名前を書きに
店内へ入り、ふと横を見ると…
なんと!!
司会を担当させて頂いた新郎新婦さんが!!
おふたりも、すぐに気付いてくださり
『ちょうど今、まあこさんの話をしてたんです!
きっとこの近くに住んでるから
遊びに行こう!笑って』
なんてお話してくれました(^^)

何度か訪れたことのあるハンバーガー屋さん
この日は、おふたりとの偶然に心躍り
さらに美味しく感じました!

それから、数週間したある日
とあるケーキ屋さんに行きました
駐車場から車を出す時、
ふと前に停めてある車を見たら…
なんと!!
ハンバーガー屋さんで再会をしたおふたりが!!
思わず車内で、あー!!と嬉しい叫びをあげながら
手を振り合いました(^^)


結婚式のあとも、覚えてて頂けること
そして幸せそうな夫婦・家族となった
おふたりに再会出来ること
司会の仕事をしていて良かったなと
改めて感じさせてくれる
嬉しくて心温まるとある休日の話でした

もしどこかで、私を見掛けたら
是非声を掛けてくださいね(^^)/

皆さん、こんにちわ。
いつも、ブログを読んでくださりありがとうございます!

さて、街のあちらこちらでピンクや黄色といろいろな花も咲き、新しい季節の訪れを感じずにはいられませんね。先日訪れた会場の近くでは河川敷に綺麗に咲きほこる河津桜に心を奪われ、しばし観るいってしまいました。

そして、私の住む街では、市内最初のお祭りも始まり、来月中旬まであちらこちらの地区で賑やかなお囃子と可愛い子どもたちの声でいっぱいになります。

さて、先日の結婚式で改めて感じさせられた事がありました。

どの結婚式もお二人らしさがでて、毎回私もたくさんの笑顔と感動の涙を流してますが、その日は格別に会場内の一体感を感じたのです。

ゲストやご家族の皆様、そしてお二人からも披露宴後、ご挨拶に伺った時に

「すごく、アットホームで楽しかった!ありがとね!」

「二人との距離がすごく近く感じられたよ!」

と、とても嬉しいお言葉をいただきました。

何が?どう違うのか?

私、ない頭をフル回転させて考えました・笑

もしかしてこれかも!

と閃いたのが

メインテーブルのある・ない

・・・かも!!

この日はお二人がゲストの皆さんと同じ目の高さ、そして、ソファー席だったのです。

お二人とソファーに並んで座ってのお写真や、テーブル越しに話すことなくすぐそばで話したりと
よりお二人の近くで皆さんがお祝いすることができた。

(また、ドレス姿も座っていても足下までしっかりと写真に写りますしね!)

これなんじゃないかと!

お二人とゲストの皆さんを隔てているテーブルを外すことでより一体感が生まれたんですね!

改めて、何をより大切にして会場を作り上げていくのかをお二人から学ばせていただきました。

皆さん、是非担当プランナーに相談しながら
お二人らしいそして、世界にひとつしかない

「最幸なひととき」

を作り上げてみてくださいね!

皆さんの幸せをスタッフ一同、全力でカタチにさせて頂きます!

以上、毎週涙をこらえながマイクを握る渡邉でした!





こんにちは
松岡です

桜の便りが届くこの季節
結婚式にもぴったりのシーズンで
この週末も
たくさんの新郎新婦が誕生しました


春は気候も良く
私は大好きな季節ですが
一部の方にとっては
辛い季節でもあるようです

そう
花粉症の方には…(>_<)


新郎新婦でも
ゲストでも
そしてスタッフでも
花粉症で大変そうな様子を目にします

鼻はズルズルだし
目はショボショボするし
もぉ〜勘弁して!

そんな言葉をよく聞きます


世の中に
花粉症の方がたくさんいるのだから
当然
花粉症の司会者もいます

この季節は大変だろうなと思うのですが
聞くと
マイクを持つと不思議と症状が治まるんだとか!

本当に不思議

アドレナリンのなせる技でしょうか?


今のところ
私はまだ花粉症ではないようです

でも
急に来るっていいますよね…

「マイクを持つと症状が治まる」

試してみたい気もしますが
そんな日が来なければいいなと思う
春の日でした



前職は銀行員、加藤実由紀です。

学校を出て最初に「社会」を教えてもらったのが銀行でした。
上司、先輩、同期、後輩・・・
今は会うことはほとんどありませんが
社会人としての礎を築いてくださった素晴らしい方ばかりです。

今日は後輩だった、まるやま君の話をさせてください。
彼は某有名大学を卒業し、入行。
穏やかで誠実で、お酒が入ると少し饒舌でおもしろい。

研修を終え、営業に出るようになり
時折、難しい顔でうなっている姿を見かけました。
ミスをして謝り続けている姿も見ました。

おっとりしているせいか
ガツガツした雰囲気はみじんもなく
少々営業には不向きな感も否めない。

あるお酒の席で先輩に「お前銀行員に向いてないわー」とからかわれていました。

私も思わず「どうして銀行に就職したの?」と尋ねていました。

彼の答えは
「一番、自分に合っていないと思ったから」

衝撃でした。

彼は、自分に一番合っていないと思われる仕事を
腰掛ではない、アルバイトでもない、生涯の仕事に選んだのです。

なぜ?

合っていないからこそ、努力すると思ったから。
この仕事を全うできれば、ものすごい自信になると思ったから。

そんなこと、考えたこともなかったよ。
でもなんだかとっても腑に落ちたよ。

そして、彼の勇気をほんの少し分けてもらいたいと思いました。

私は自分の得意なこと、好きなことを追求することに努力し
今の司会の仕事にたどり着きました。

不向きなことを仕事にする勇気はありませんでした(笑)

でも、彼の考え方からヒントを得て挑戦したことがあります。
それは裁縫です。

自分の結婚が決まった時
大嫌いな裁縫を何とか克服したくて
ウェディングドレスを手作りする!という目標を立てました。
無謀でした。
作業は非常に苦痛でした。
でも、何とかやり遂げました。

そして、ものすごい自信を得て
今では裁縫は一番の趣味です。

間もなく幼稚園に入園する娘のリクエストで
通園用のリュックを作りました。


まるやま君に感謝です!!笑

まもなく4月。
出会いの季節です。
ブラスにもたくさんの新人さんが入社します!

社会人デビューをされる皆さんに
素晴らしい出会いが訪れますように。

加藤実由紀





こんにちは

桜の季節になりました。
見頃は来週から4月初旬のようですね。
前撮りもこの季節が1番のピークだそう。

春のブライダルシーズンもピークを迎えています。
私もありがたいことに
毎週、幸せな新郎新婦に出会っています。

最近は披露宴のおもてなしも
少しずつ変化し
ゆっくり、のんびりしていただく披露宴が多くなりました。
もちろんゲストも含め
賑やかに余興いっぱいの披露宴もあります。

先日の結婚式の余興が
とても楽しい余興だったので
今日はご紹介します。

大きなフォトフレームに
新婦さんの生い立ちを紹介する形式で
それぞれ写真を撮っていくのです。

ご両親はもちろん
小学校の友人
大学の友人
もちろん新郎さんとも…。
最終的には余興の人たち全員と写真が撮れて
思い出にもなります。

最近はSNSも充実しているので
写真を撮るのはマストですもんね。

これは素晴らしいなと
感心しました。

ほかにもテレビの
キスマイブサイクを真似た余興も
かなり手が込んでいるので大変かもしれませんが
オススメです。

いろんな余興があって
それぞれに新郎新婦へのお祝いの気持ちが伝わり
いつも感動します。


これからも
たくさんのお祝いの気持ち
楽しみにしています。

寺岡でした。

こんにちは!
ブラスまつもとです。

一年間取っていた育児休暇も今月末で終わりです。
出産後三ヶ月してからは社員の結婚式で司会をする事はありましたが、育児休暇中ということでのんびりした時間を過ごしていました。

司会を始めてからの15年間、年末年始で式がなく
司会をしない週末もありましたが、間隔が空いても2週間。
出産して7ヶ月振りに司会をするときは、頭の中がとてもゆっくりと回っているような気がして、気持ちだけが焦る。。。そんな感覚でした。
でも楽しくて仕方ない気持ちは前と変わりませんでした。

4月から復帰するので、今月から来月分の打ち合わせが始まり、スケジュール帳を開くことが多くなりました。
4月 5日は息子の誕生日だなあと思いながら見ていると。。。。
あっ!

入籍した日は 12月 3日
息子の誕生日 4月 5日

つなげると
1 2 3 4 5!!

夫婦の誕生日とも言える入籍日に続く数字をもつ誕生日で生まれてきた息子。
これも運命でしょうか?

『私!大発見した!!』と旦那さんに報告しましたが
『そうだねぇ』の一言でした。
いいんです!! まつもとにとっては大発見なんです!

ブラス
まつもとるみこ

追伸
息子の予定日は 4月 3日でした。
この日はブラスの創業日にあたります。
この日に生まれていたらブラスの子!
ブログのネタとしては最高になる予定でした笑



こんにちは。
ブラス松本です。

ブラスでは、一緒に結婚式を創り上げてくれる司会者を募集しています。
「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」
これがブラスの使命です。
同じ想いでチームの一員になってくれる司会者さんにたくさん出会いたいです。

すでに司会者として活躍中で、もっと活動の場を広げたい!
まだ司会を始めたばかり。。。。
司会という仕事に興味がある!
話だけでいいので聞きたい!
そんな方も大歓迎です。

今後も店舗展開を続ける静岡地区、大阪地区での活動希望は特に大歓迎です!!!


■ブラス司会部 4月度オーディション■

【愛知・三重・岐阜地区 オーディション】
 4月24日(月)弊社会場 ブルーレマン名古屋
 時間は12時~19時の間でご都合に合わせて
 *上記の会場と日程での調整が難しい場合はご相談ください

【静岡地区オーディション】
【大阪地区オーディション】
場所と日時はご相談させてください
エントリーよりお待ちしております。
愛知・三重・岐阜地区オーディションでの参加も大歓迎です。




ご希望の方は下記より、エントリーしてください。
詳細をお伝えいたします。
エントリー受付

問い合わせをお待ちしております。

ブラス
松本留美子



桜の開花が待ち遠しいトミーこと吉富です。

さて、三連休。

この連休を楽しみにしていました。

それは…

以前司会をさせて頂いた新郎新婦さんが、今日はゲストとしてご夫婦揃って出席するのです!

司会者は新郎新婦のお二人とお会いできるのは数少なく、披露宴後は特に珍しい。
それでも、ブラスでは年に一度の夏祭りでの再会を約束し、元気なお顔を見られるのはとてもうれしいものです。

今日ご列席のご夫婦は夏に結婚式をされたので、1年後の再会を約束しました。

それが・・・

再会の約束から数か月後。
偶然、結婚式後にアルバムを取りにいらしたお二人に再会。
思い出話に花を咲かせ、嬉しい報告を受けました。
「春に同僚がここで結婚式するよ。二人で出席するから。トミーさん、司会やってよ。」

小さくジャンプしてプランナーさんと喜んだのを覚えています。

念願叶って結婚式当日を迎えました。

パーティーは本当にあたたかく、大盛り上がりの素敵な時間となりました。
私のことを覚えていて下さるゲストもいらして、嬉しいお言葉をたくさんいただきました。
ご列席のご夫婦も、
「前はあの席に座っていたけど、ゲストで違う目線でも楽しめて、改めてここの結婚式はいいなぁって思ったよ。」
と。

何より嬉しかったのが、今日の花嫁さんは、
「○○さんの結婚式に出て、その日にここで私も結婚式しよう。って、決めたんです。
ここでやってよかったです。」
結婚式が終わってから新婦さんに言われた言葉です。

心から、この仕事をしていてよかった。そう思えた瞬間でした。

人生最良の時に立ち会える喜びに、たくさんのご縁に感謝感謝の吉富でした。

おはようございます。

三連休皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

私は勿論、、、司会者として素敵な

ウェディングパーティーのお手伝いをしておりますよ。


さて、

先日打ち合わせをさせてしたお客様の素敵なお話です。

皆さんは大切な入籍日どのように決めていますか?

お付き合い記念日
お日柄の良い日
そして、どちらかの誕生日

どの日もいいですよね。

そのお客様は新婦のお誕生日に入籍をされました。

新婦さんは自分の記念日だけではなく、

新郎さんの記念日(誕生日)にもこだわりたいと

思ったそうです。・・・・・でどうしたか⁈⁈

新郎のお誕生日の日を時間として婚姻届を

出したそうです。・・・ん???

ですよね。

新婦の誕生日→9/4←これは私の誕生日。笑

新郎の誕生日→9/1←これは例え。笑

なので9/4の9時01分に届けを提出。

素敵じゃないですか??!!

このお話を聞いて私はあったかい気持ちになりました。

これから一生をともに生きる人が生まれた日も大切に

と考えた新婦さん。

ちなみにこのお話の新郎さんは

朝方な生まれたので、二人で朝日が昇る前に役所に行き

大変でしたと笑顔でお話くださいました。


三月も半ばを過ぎ

新たな出会いが楽しみな藤野でした。




こんにちは!
新聞にも桜便りが掲載される季節となりました。
本格的な春が待ち遠しいですね…

先日の結婚式、なんと新郎新婦さまが共に双子でいらっしゃいました。
新郎さまが二卵性で新婦さまが一卵性、今までの司会人生の中でどちらかお一人が双子でいらっしゃったことはありますがお二人ともにというのは初めてでした。

もちろん出番がありました。

新郎さまはお式で双子のお兄様と肩を組んで入場、新婦さまは2日後の双子の妹さんのお誕生日と翌日のお父様のお誕生日ということでサプライズでケーキを用意しお祝いしました。

双子の妹さんは涙涙で言葉を述べることが出来ないほどでしたが新婦さまと目を合わせ以心伝心…思いは伝わっていたと思います。
そしてお父様は双子の娘達のお誕生日にいつもスポットが当たるので翌日の自分の誕生日をこんな風に祝ってもらえて嬉しい!と喜んでいらっしゃいました。

そしてこのサプライズにはまだ続きがあります。
双子の姉である新婦さまに新郎さまがサプライズを用意してくださり、ゲスト皆でお祝いの歌をうたいました。

実は私は双子の赤ちゃんを授かりたい!と願っていました。
待合室に飾られたお写真や生い立ち映像を拝見し羨ましく思うと共にお二人と出逢えた奇跡に感謝です。

何億人といる人の中で共通の生い立ちを持つお二人が出逢えた奇跡でもあります…いつまでもお幸せに。

吉田久美

1 2 3 4 5 6 91