BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

結婚式はたくさんのスタッフが一つになって
一緒に作り上げています。

担当ウェディングプランナー、キッチンスタッフ、お花屋さん、サービススタッフ(PJさんと私たちは呼んでいます)、演奏者さん、ヘアメイクさん、カメラマン、ビデオマン、司会者、などなど…

皆で声を掛け合い、時には助け合い、
おふたりに喜んでもらいたい、
ゲストに楽しんでもらいたい、
いい時間を演出したい…
様々な想いでその日を迎えています。

先日の結婚式で、
とても感動した出来事がありましたので
紹介させてください。

それは、一人のPJさんの、ある行動です。

その日は、両家のご家族のみの宴席。
ガーデンでの人前式を済ませた後、
両家が一つのテーブルを囲み過ごした
お食事会を兼ねた披露宴でした。

披露宴の中で、親族紹介のお時間がありました。
それぞれのお父様が代表となり、
両家の皆様のご紹介を簡単にして頂く、
というお時間での事です。

新婦さんのごきょうだいのお子さんで、
かわいい3きょうだいがいらっしゃいました。
ちいさなお子さんにとっては、
2時間以上お食事をして過ごす披露宴は、
時に退屈になってしまうもので、
会場にはプレイマットが敷かれた
キッズスペースの用意もありました。

7歳、4歳、2歳ほどのそのごきょうだいは、
親族紹介が始まった頃、
ちょうどキッズスペースで遊び始めた所でした。

そのお子さんたちのご家族の番が来た時。

通常なら、お父様から
「あそこのキッズスペースで遊んでる子らが新婦の甥姪です」くらいの紹介でさらっと済んだかと思います。

でも、その時、そのお子さんたちが
遊んでる様子を近くで見ていてくれたPJさんが、
そのお子さんたちの番が来るであろうタイミングを
予想して、少し早めに、

“みんなの方を向いて立てる?”
と優しく声をかけて立たせ、
遊んで乱れたお洋服を直し、
3きょうだいをピシーっと並ばせてくれていたのです。

ちょうど3人が整うタイミングで
お子さんたちの紹介の番が来ました。
皆さんがキッズスペースを見ると、3きょうだいは
歯に噛みながら、照れ臭そうに
横一列に並び、気をつけ!の姿勢をしていました。
それが本当に可愛らしく、
ご両家皆さまが笑い、
会場が笑顔に包まれた瞬間となりました。

その後はまたすぐ元気に遊び出した
かわいいお子さんたち。本当に微笑ましく、
絶妙なタイミングで立たせてくれたPJさんに、
私はそばで見ていて感激したのでした。


お開き後、そのPJさんに声をかけたら、
自身もお子さんがいて、
「あの年齢のお子さんたちならかわいくきちんと気をつけ!ができるかな、と思ったので。」と。

子どもは座っていると下を向いて遊ぶものです。
キッズスペースで遊んでいる姿のまま紹介しても、
それはそれで子どもらしくて微笑ましかったと思います。

でも、その子の年齢や
どんな雰囲気のお子さんかによっては、
お顔をしっかり皆さんに見てもらい、
一人一人名前を呼ばれる時間も、
誇らしく嬉しかったであろうと思うのです。


その時、何ができるか、
どう動いたら新郎新婦が、ゲストが笑顔になるか、
それを考え行動する心を、
私自身、PJさんから学べた出来事でした。


この秋のブライダルも
結婚式を作り上げるスタッフの皆と
よりよい日となるよう、私も
一日一日、精一杯頑張ります。


馬場

季節がぐんぐん進み、気づけば今年もあと2か月

毎年早いなぁ。と言っていますが、今年もその時期になりました。

そしていつも
今年やり残したことは…?
今年中にやっておきたいことは??

と焦りを感じるのもこの時期です。

今年は子供の環境も変わり、家族のリズムも変化し、
なんだかバタバタした印象でした。

でも、コロナ禍の中初めた筋トレストレッチ
なんとか地味に続いており、自分の体と向き合える日々でした。

これだけは自分を褒めてあげようと思います

なんせ、無趣味の私は何か趣味を見つけたいなぁ
と思っていたので、趣味というのもおこがましいですが、
なんとなくやらないと気が済まないようになりました。

無理せず、自分のペースで。
が、ポイントのようです

おかげで悩んでいた肩こりも軽減しましたし、
180度開脚もできるようになりました
(ギリギリですが…)

もう少し気が済むまで続けてみようと思います

手を抜いていい加減にではなく、
何事も「良い加減」
が大事ですね。

良い緊張感、良い心持、良い加減で秋の結婚式を楽しみたいと思います

トミーこと吉富

こんにちは。
ブラス松本です。

すっかり秋が深まってきましたね。
秋はブライダルシーズンでもありますが運動会のシーズンでもありますね。
先週末は、子どもの運動会を見に行ってきました。
昨年まではコロナ禍で小規模な運動会で、保護者も一名のみの参加でしたが、今年は保護者二人までとなり、夫婦で見てきました。

踊ったり、走ったり、跳び箱飛んだり。。。
ともだちと楽しそうにしている姿が見れたりと、成長を感じる時間でした。

披露宴の中で上映されるプロフィールムービーの写真でも運動会のシーンはよく見かけます。
親御さんも、我が子の成長を感じながら撮った大切な1枚1枚だったんだろうなあと感じます。


まだ6歳の息子。
結婚は何年後の事になるのかはわかりませんが、いつか
運動会で撮った写真がプロフィールムービーの中の1枚になる日がくるかもしれません。

これからも、家族の時間も大切にしつつ、新郎新婦さんにとって最高の結婚式を創っていきたいと思います。

今日は、家族3人でなばなの里のイルミネーションを見に行ってきます。
ここも、プロフィールムービーでよくお見かけするデートスポットですね!!

ブラス
司会室
松本るみこ

日中も過ごしやすくなり、
ようやく秋の到来を感じます。

そう言っている間に
またすぐ寒さに震える冬がやってくる…
この心地よい秋の風を堪能しておかねば…
と、先日家族の都合が合う日に
慌ててバーベキューをしました。
夫はカルビ、息子はホタテ、
娘はとうもろこし、私はタン と、
それぞれ好きなものを焼き皆で食べる
それだけで秋を満喫した気がしました。

外で過ごすのが気持ち良い季節。
ウェディングでもガーデンでの人前式を
お選びになる方が多い時期でもあります。
澄んだ秋の空の下、優しく届く太陽の光の下で
ウェディングドレス姿の花嫁は
より輝いているように見えます。

つい先日も、ガーデン挙式の司会を担当しました。
ガーデンだからこその開放感の中
ゲストを待ち受ける素敵な木の椅子たち
そこにだんだんとゲストが座っていくその姿も
ワクワクされながらカメラを出している様子も
側から見ていてつい笑顔になってしまいます。

新郎の緊張した面持ちも
新婦のウェディングヴェールも
その下で微笑む花嫁様も
優しく見守る親御さんの表情も
陽の光の元、よりきらきらと輝いていました。

緑も多く木々の揺れを感じながら
大事なゲストの皆さまに見守られるガーデン挙式
ぜひ秋のご結婚式を考えている新郎新婦様には
おすすめしたいです。


馬場





すっかり秋めいてきました。

とはいえ、毎週末お天気が心配でなりませんが、
毎年異常気象という言葉が毎日入ってきて、
この先どうなるのか。。。
と毎度気が気でないです。

でも、やっぱり涼しくなってきたこの時期は
絶好の結婚式シーズン

この秋もたくさんの新郎新婦さんにお会いし、幸せな時間を過ごさせていただいています。

たくさん見てきたけれど、いつになっても胸がキューっとなる瞬間があります。

ひとつは、ベールダウンの瞬間
お母さまにはリハーサルもしていただいて本番に臨んでいただいています
ベールを下した後、ひとこと声を。
と、お願いしています。

本番は娘を送り出す思いと、今までの思い出と、母としての気持ちと。
色々な思いがほんのわずかな時間であふれ出すとき。

私も母なので、来るであろうと信じている未来の自分と重ね合わせてしまっている時間です

もうひとつは、花束贈呈の時

特に新婦お父様が新郎さんに頼むよ。
と挨拶している瞬間はどのお父様もいい表情です。

自分の時、父が主人の肩をトンと叩いて頼んだぞ。といったあの瞬間がいつまでも忘れられず、
この時間はどうしてもこみ上げるものがあります。

どちらも結婚式でしか味わえない瞬間
どうしても親御様の気持ちに肩入れしてしまうようになりました。
そして、少し気が早いですが、いつか来るその時に胸を張って送り出せる親になりたいな。
と、色々な親御様から教えていただいています。

これから結婚式を迎える新郎新婦さん、そして親御様、
是非、この瞬間は、まっすぐ素直なお気持ちを出してみてください。


子供の結婚式にたくさんの夢を持つトミーこと吉富でした

少しずつ秋の到来を感じます。
朝晩のすっきりした空気、
澄んだ秋特有の空や雲、
日中は”残暑まだまだ頑張ります”と言わんばかりの
強い日差し…
少しずつ夏から秋へ移ろいでいますね。


さて、先日のご結婚式のお話。
とても心に残るお言葉に出会ったので
ご紹介させてください。

主役は、20代のお若い新郎新婦さま。
ご両家の皆さんやお友達に囲まれた
アットホームな人前式とパーティー。
その司会をさせていただきました。

仲間の中でも結婚はトップバッターという新郎さん。
お友達の中には
「友達の初めての結婚式、すごく楽しかったです」と
インタビューで話してくださる方もいて、
皆さんが楽しみにしていてくださった事も感じ、
私自身も嬉しくなりました。

中でも、とても印象に残った、
新郎のお父さまの代表謝辞でのお言葉。

「若い2人で、この先大丈夫かなぁ…と、実は今日まで、
 不安な気持ちで2人のことを見ていました。
 でも、今日の2人を見ていて、あぁ、この2人なら、
 きっと大丈夫だ、と、心からそう思える結婚式でした」

力強く、そしてとても嬉しそうに
お父さまはそうお話くださいました。

それは私にとって
心を込めて結婚式のお手伝いをする意味を
一つ、見つけて頂けたような気がする
そんな印象的なお言葉でした。


ゲストをおもてなすこと
大事にしたい2人の気持ちを伝えること
お仲間、友達、親族、そして家族へも
きちんと感謝の想いを伝えるということ

2人のそんな結婚式を通して、
一番遠い末席から見守ってくださる親御様に
2人の姿を見て安心していただくというのは、
結婚式をする一つの大事な意義ではないかな

と、そんなことを感じました。


結婚式において
司会者にできることは限られていますが
それでも自分にできることを
おふたりのお隣で探し見つけ出しながら
また今週末も頑張ろうと思います。


秋は、ブライダルトップシーズンです。
たくさんの新郎新婦さまにお会いできること
楽しみにしております。


馬場




私どもは、ブライダルに特化した司会事務所です。
【笑いと涙を届ける結婚式の司会という仕事】
これに全力で向き合っています!!


所属司会者は、ブラスの運営する自社結婚式場にて活動します。
自社の養成講座を卒業して活動をスタートさせる方もいれば、ブライダ司会のル経験者としてブラスの移籍して活動をされる方もいます。
「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」
その想いのもと、活動しています。

養成講座のレッスンは、腹式呼吸の習得から始まり、早口言葉、原稿読みで基礎を固め、実際の披露宴を想定した段階に進みます。
この講座の受講生は、20代後半から30代半ばの方が多くいらっしゃいます。

初心者からの講座のほかに「経験者向けの講座」の開講しています。
毎週末マイクを握る司会者が講師を担当し、「しばらく司会をお休みしてました。」「他で長くやっていたがブラスでやってみたい」
そんな方にも、早く現場に出てもらえるようにサポートします。
すでに披露宴司会者として、デビューしている方の講座受講料は無料です。

レッスンは披露宴会場で行います。
初心者の方には、学びの場が活動の場所になります。
お休みしていた方も、すぐにカンを取り戻してもらえると思います。





働き方は様々。
ご自身のライフスタイルに合わせて活動できます。




音響スタッフとも本番を想定してのレッスンも行っています。
不安なく、本番を迎えれる準備はしっかり整います。



話だけでも聞いてみたい!!
そんな方は是非 こちらから エントリーしてください!
まずは、ゆっくり話しましょう。
それから、じっくりご検討ください!!



ブラス
司会部 一同

こんばんは。
ブラスまつもとです。

9月に入り、少し暑さも和らぎましたね。
秋の気配を感じるようになりました。

8月は、ブラス社員の結婚式の司会もあり、いつも以上に幸せな1か月を過ごしてきました。
9月は、ブラスでサービススタッフとして結婚式を支えてくれた「PJさん」の結婚式をする機会が、嬉しいことに二回もあります。
二人とも学生時代にPJさんをしていて、一人は10年前に卒業、もう一人は7年前に卒業。

偶然にも、二人ともブラスがお世話になっているパートナー企業さんに就職。
お仕事を通しても、たくさんの結婚式場さんとのかかわりがある中、新婦さんとして帰ってきてくれました。
ゲストの中には、当時一緒にPJさんをしていたメンバーの名前もあり、プチ同窓会になりそうです。

打合せをすると、それぞれにPJさんの時代に思い出に残る場面がありました。。。
フラワーシャワーの時の幸せそうな新郎新婦さんの顔を見るのが好きでした
新婦さんの手紙で泣いてました
自分もこんなドレスが着たいとか、白無垢着たいとか想像してました!
テラスから入場したいと思ってました! など・・・

私も新郎新婦さんの親御さんと年齢が近くなり、PJさんの結婚式ではなんだかいつもよりも親の気持ちになってしまいます。
大人になったねえ~ 学生さんだと思っていたのにもう結婚式かあ・・・
幸せになるんだよ~

まだ当日まで少し日にちはありますが、もう親心モードに入っています。
PJさんとして仲間と青春時代を過ごした場所で、新郎新婦として最高の1日を迎えてもらえるように私も全力を尽くします!

ブラス
松本留美子

聞こえてくる音
見上げた空の雲

だんだん秋の表情に変わってきて
夏の終わりに寂しさを覚えるトミーこと吉富です

今年もたくさん夏の思い出ができました
家族では何度か海へ行き、まだ日の昇る前から漁へ出て
暑い時間は潜り、泳ぎ、とれたての魚を食す

満喫でした

そして、結婚式では

夏ならではの花火演出のある結婚式や
懐かしいメンバーとの再会

とても充実していました。

中でも、先日の結婚式で、数年前に結婚式を挙げた新郎新婦さんが
今度はゲストとしてご夫婦揃ってご列席され、うれしい再会をしました。

挙式が終わると私の元に来てくださって、

お互い「お久しぶりです。おぼえてますか?」

もちろん!

思い出話や近況をお聞きして、一番うれしかったのは
「毎年結婚記念日に、結婚式の記録映像見てるんです。」
と教えてくださったこと。

「私たちは毎年トミーさんに会ってますよw」


結婚式で主役の新郎新婦さんが見る景色はその時のお二人だけのもの。
そして終わった後は
「あっという間だった」
という感想がほとんど。
(体感3分!という方もいらっしゃいました。)

でも、記録は一生です。
毎年記念日に仲良くこの時のことを思い出して記録映像を見るなんて
とっても素敵ですね

よく、「母が、もう何回も見て、同じところで笑って、同じところで泣いてます。」
なんてお話もお聞きします。

そういえば、私も子供の運動会や発表会の動画
ふとした時に何度も見てます。見てます!

これから結婚式を挙げる皆さん。もし迷っていたら、是非!
やっぱりいいものです。

こんにちは。
ブラス松本です。

夏の恒例行事といえば【ブラス夏祭り】
私もブラスファミリーとして、結婚式をあげたブルーレマン名古屋の夏祭りに参加してきました。

初めて参加したのは息子が4ヶ月の時。
現在 6歳。
ドラゴンズにどハマり中でグッズを持って参加。
去年は鬼滅の刃にハマっていて禰󠄀豆子の甚平を着て参加。

写真で成長もわかりますが、息子が何にハマっていたのかもわかる写真に我が家はなりそうです。
それも我が家の記録です。

さあ、来年は何をもって参加するのか。。。
何がブームなのか。。。
来年は小学生。
『ランドセルを持っていく!』と言い出さない事を祈ります!

ブラス
司会
松本留美子


1 2 3 4 5 6 141