BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

こんばんは!
ブラスまつもとです。

もう11月も半ばが過ぎ、クリスマスがぐっと近づいてきたように感じますね。
うちの子ども三歳は、サンタさんに『マスク』をお願いすると言っています。

結婚式に向けて、新郎新婦さんにはプロフィールシートというものを書いていただきます。
その中に『趣味』の欄があります。

先日打ち合わせをした新郎さんの趣味の欄には
『珍イベント参加』とありました。
珍イベントって何だろう?!?
お尋ねすると、『マニアックなものが多いのでわかりやすいので言うと、全日本まくら投げ大会と、たらいこぎ大会です』と教えてくれました。

まくら投げは、温泉地伊豆で開会されていて、浴衣を着てチーム戦で行うものだそうで、ドッチボールに似たものだと教えていただきました。
たらいこぎ大会では、優勝されていてテレビでも紹介されたとの事。

ご友人とあえてマニアックな大会を探し、泊まりがけでも参加することもあるそうです。

そんな新郎さんに向かって、新婦さんが『ホントにマニアックな大会ばかり見つけてくるんですよ』というと
『でも、まくら投げ大会は一緒に出たよね』と新郎さん。
そんなやりとりからも仲の良さが伝わり、ホッコリした気分になります。

お互いの趣味を尊重して、それぞれで楽しむのもいいし、相手の趣味をたまには一緒に楽しむのも新しい発見があっていいかもしれません。

長い人生、同じ事で楽しめる、笑えるって
大事ですね。




本格的に冬の寒さを感じてきましたね。
こんにちは、馬場です。

先日、担当させて頂いた
ご結婚式でのことをお話します。

お友達も招かれての人前式、
その後はガーデンにてケーキセレモニーなど
華やかなお時間を楽しまれた後は、
ご家族だけのお食事会をされた
新郎新婦のお二人。

「皆さんとのお話を楽しんでもらいながら、
ゆっくりお食事を召し上がってほしい」

そんなお二人でしたので、
お食事会はゆったりとした進行内容。
お食事の時間をメインとしながら、
お写真撮影やデザートビュッフェなど
ご両家が交流をされるそのお時間にも
司会として入らせて頂きました。

司会者打ち合わせで、ご新郎から、

「母がピアノを弾きたいと言ってて。
食事会でピアノなんて、いいですか?」

そんなお話を伺っていました。

「勿論です!
お母さまピアノ弾かれるんですか?」

ご新郎が知っているかぎりの
お母さまのお気持ちも伺い、当日を迎えました。

曲目など詳しいことはお二人は当日まで知らず
お食事会の前にお母さまにお話を伺うと、

“弾きたいのは「糸」
2人は奇跡のように出会え、
これからふたりで、糸を紡ぐように、
支え合っていってほしい”

そんなお気持ちから、ぜひ弾きたいと
ご準備くださっていました。

「演奏だけで、2人にメッセージなど話すのはちょっとはずかしいので…」
そう話していらしたお母さまでしたが、
演奏中に、いつも落ち着いた雰囲気の新郎は
涙を拭っていらっしゃり、
また、演奏後のお母さまのお顔を見た時、
(きっと、お気持ちを話して下さる)
なんでしょうか、それは
司会者の直感みたいなものを感じ、
お母さまにマイクを向けてみました。

ご新郎が、
涙を浮かべて聴いていらっしゃった事をお母さまに伝え、
なぜ、この曲を選ばれたのか…
私に話して下さったそのお気持ちを、
お母さまのお言葉でおふたりに届けてほしい
そう思いお伺いしました。

その時、会場内には、
かすかに、お母さまが弾いた「糸」と同じメロディが。
音響担当のスタッフが、
その場にふさわしい、と
糸をかけてくれました。

少し恥ずかしそうだったお母さまでしたが、
その曲を耳にし、
「そうそう、これ、この曲をね、カラオケが好きな2人と行った時に、私も好きで歌ってたんですよね。その時に、あぁ、これを結婚式で、弾いてやりたいな。って思ったんです。…」

おふたりの幸せな姿と、ご新郎の涙と、
音楽のパワーもお母さまの背中を押したのか、
2人に向けて、とてもあたたかなメッセージを
お母さまは添えて下さいました。

もちろん、お母さまの
素晴らしいピアノのメロディだけでも
おふたりの心に強くあたたかく響いたことでしょう。
でも、そこに込められたお母さまのお気持ちを
言葉にしてお伝え頂けたことで、
より、おふたりの心に届くものがあったなら
そう感じた瞬間でした。

結婚式には、
そこにしか生まれない、
魔法のような力を感じる事があります。

素直に 伝える
そのお手伝いが、少しでもできたら

今年も残り少しですが、
そんな気持ちを大切にしながら、
司会を務めていきたいと思います。

馬場 じゅんこ

司会のお仕事をしていると、
ありがたいことに色んな人と出会うことができます。
そして、色んなお話を聞かせていただけます。

ブラスが最も大切にしているのは
“それぞれの新郎新婦にとって
最高の結婚式を創る”ことです。

結婚式当日、これを叶えるために
司会者が大切にしていることは
お二人との打ち合わせです。

打ち合わせが行われるのは
本番の1ヶ月~1週間前くらい。
緊張感も少しずつ高まってきて、
準備も大詰めの時期です。

そんな中、お二人の貴重なお時間をいただいて
打ち合わせを行います。
当日の全体的な流れはもちろん、
お二人の小さな頃のことや馴れ初め、
これからのこと。
お二人にとって大切なゲストのことを
お聞きすることもあります。

新郎新婦さんによっては
話すことが得意な方もいれば、
思い出や想いがあってもそれを言葉にすることが
苦手な方もいます。
また、演出や進行で悩んでいる方も。

そんな時は、一緒に立ち止まって
振り返ったり、考えたり、悩んだり。
気持ちが共有できればいいなと思っています。

もちろん、初対面の私たちには
言いにくいこと、言いたくないこともあると思います。
でも、「この人になら話してもいいかも」
そんな風に思ってもらえた時が
司会者として一番の幸せです。

これからも、お二人に
寄り添える司会者でありたいです。


若杉

食いしん坊な私にとって、大好きな季節になりました。

「食欲の秋」

この言葉はどこから生まれたのでしょうか? 
調べてみると、科学的な理由があるらしい…
秋に食欲が増す理由


なるほど…
なにはともあれ秋刀魚、栗、サツマイモ、梨、キノコ、そしてお米。
日本の秋は本当に美味しい物に溢れています。

先日 担当した結婚式。
実家が米農家を営んでる新郎さん。
「家のお米は本当に美味しいんですよ」と話されていました。
お二人のウエディングメニューは、
実家で今年とれたばかりの新米が使われました。
皆さんとても喜んでいましたよ。



各ブラスの会場も、秋メニュー始まっています。
旬の食材を使った美味しい料理で、皆さんをお待ちしています。

菊池

こんばんは!
ブラスまつもとです。

すっかり秋ですね!
涼しくて、風邪をひかないようにしたいですね。
気をつけないと。。。。です。

披露宴のラストに、両家の親御さんを代表してのご挨拶の場面があります。
多くは、新郎のお父様がマイクを握ります。

両家を代表しての『親御さんとしての言葉』
息子を思う『父親としての言葉』
その両方の言葉が合わさる時でもあります。
二つの『顔』が見れる時でもあります。

私は、お父様が、息子を思う父の顔になる瞬間が好きです。

我が子が
生まれた時の話
頑張ってきたことの話
結婚相手を連れてきた時の話
主賓の方の祝辞を聞いて、仕事を頑張っていると
知れて頼もしく思った話。。。

どのお父様も、嬉しそうな笑みを浮かべて
話してくださいます。

私も親になり、まだ3年ですが、たくさんの発見と喜びがあります。
それが、結婚するまでの年齢となれば、謝辞では語りつくせない程あると思います。

結婚式は、未来へのスタートでもありますが、これまで過ごしてきた時間の重みを再確認する日でもあります。

両家代表謝辞も、それまでの時間を振り返れる大切な場面です。

きっと、新郎新婦にとっても初めて知る親の気持ちもあると思います。
結婚式が無ければ、知ることができなかったかもしれません。

結婚式は素直な気持ちを言葉に出来る日。
新郎新婦さんにとっても。。。
親御さんにとっても。。。


ブラス
まつもと






日に日に寒さが増してきました。
すっかり秋ですね。
ブライダルシーズンも到来し、
毎週末、素敵なお時間に立ち会え、
とても幸せに思います。


先日、担当させて頂いたおふたり。
打ち合わせの時に、
初めてお目にかかったはずですが、
(ん…?新郎さん、どこかでお見かけしたような…)
そんな気がふとしました。

打ち合わせを進めていくと、
新郎友人スピーチ の欄にあるお名前が、
こちらもとても覚えのあるお名前。

あ!と思うのと同じタイミングで、
「前にこの友達もここで結婚式をあげて、
僕がその時、スピーチしました」と。

「私、司会させて頂きました!」
と言うのと同じタイミングで、
「馬場さんが司会でした!」と。

打ち合わせの最初にご挨拶した段階で
新郎さんは気づいてみえたようですが、
黙っていらしたようでした(笑)

あの時、スピーチして下さったお友達が
今度は新郎で、
あの日、主役だった新郎さんが、
この日は、友人代表としてスピーチをして下さる…

そしてそのどちらのお式も
ご縁あって司会をさせて頂ける
これは本当に嬉しい出来事でした。



ご披露宴当日、
パーティー会場には見覚えのある方が、
スピーチにドキドキした様子で
スマートフォンを広げ原稿をチェックしてる
そんなご様子でした。
その方のご披露宴で新郎新婦さんがやった
コントがとても印象的でしたので、
その特徴的な身振りをしながらご挨拶へ。
懐かしそうに笑っていらっしゃいました。

「新郎はしたけどスピーチは初めてで…
緊張しますね。でもあいつもやってくれたので
僕も頑張ります!」
そんな風にお話されていました。

スピーチは、大好きな新郎さんのために
想いを込めて話して下さり、
新郎さんもとても嬉しそうでした。


スピーチのお返しで友達の結婚を祝福
そんな時間を
同じ会場で 同じ司会者が見守る

ご縁と運があって、初めて起こる
ミラクルな出来事でした。


結婚式当日というのも、
いろんなミラクルが起こるものです。
この秋も、どんなミラクルに出逢えるか楽しみに
毎週想いを込めてマイクを握りたいと思います。

馬場 じゅんこ




「経験したことのないような…」

近年、災害のニュースでは
よく耳にする言葉になってしまいました。

今回の台風も、被害の大きさに
とても心が痛みます。

各地ではお祭りやイベントが中止になり、
盛り上がっていたラグビーワールドカップも
そのうちの一つとなりました。
日本戦は開催されましたが、中止になった試合も。
カナダは、戦わずして最下位が決まってしまったそうです。
選手の皆さんは無念のはずなのに、帰国せず
試合開催予定だった岩手県釜石市に残り、
清掃作業などのボランティア活動をしてくれた、
というニュースを見ました。

国や言葉、立場は関係なく
困っている人にただ手を差し伸べる。
助け合う、支え合う。

言葉にならない思いでした。

今回の台風と同時に
忘れられないニュースになりました。


若杉


こんばんは!
ブラスまつもとです。

今は、静岡のラピスアジュールで司会の帰り。
名古屋へ向かう新幹線の中です。

昨日の台風は、名古屋よりも静岡は雨風が
かなり激しかったそうで、ラピスアジュールも
ガーデンのものを全て会場内に入れて
窓にビニールを貼り対策を取っていたようでした。
私が到着したときには、いつものラピスアジュール
でした。
朝、六時に出勤して、みんなで整えたそうです。


新郎新婦さんからは、『来れて良かったです!
電車動いてましたか?』と優しいお言葉をいただいて
しまいました。


2人をお祝いするために、たくさんの方が駆けつけてくれる結婚式。



ゲストは来てくれる。
確かにゲストは来てくださいます。
でも、今回の台風のように行きたい気持ちはあっても
たどり着けないこともあります。
ゲストは来てくれる。
当たり前のようで、当たり前でないことを改めて
感じる機会になりました。


2人にとって、大切な方々が大集合する日。
その日を任せてもらえる事に感謝をしながら
それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を
創っていきます。



ブラス
まつもと






先日、4歳になる子供達の
合同お誕生日partyをした。
偶然にもみんな男の子。
上の子も下の子も男の子!!

レンタルルームを貸し切り
当日を迎えるまでにママ達は大忙し!
・テーマ決め
・お料理決め
・ケーキのデザイン決め
・ゲーム、イベント決め

4歳はみんな同じようなものが好き。
みんな共通で好きなもの=恐竜
すぐにテーマが決まる。

今の時代、SNSで検索すると
色々なアイデアが出てくる。

それを参考に
あっという間に色々決まる。

当日、夕方まで貸し切れる
レンタルルームに朝イチから集合。
メイン料理はみんな大好きカレー。
いつも大体遅刻するママが米担当。
お昼が遅くなる…(計算ミス。笑)

カレーを作り、壁面を飾り
料理上手なママが家でケーキを作り
持ってきてくれた。

恐竜すくい
恐竜お面作り
宝(恐竜のたまご)探し
恐竜発掘ゼリー
パパママによるジェスチャークイズ

子供達も大喜びでした◎

色々な事を決めるにあたり
結婚式・披露宴もテーマを決めると
決めやすいと思います。

今回、結婚式・披露宴のように
細かいタイムスケジュールは
決めていませんでした。

その場の雰囲気で次コレやろうか
そろそろケーキにしようか…など
進めていきました。

さすがに
結婚式・披露宴の全てを
その場の雰囲気で進めて行くことは
出来ません。

でも、時と場合により
その場の雰囲気で進めて行くことが
どれだけ大切かということ。

その場に居る人たちが
どう感じているのかを見極め
どうすれば居心地良く過ごせるか。

子供のお誕生日partyでも
考えながら過ごしていた私。笑


司会のお仕事がしたくなりました。


浅井


2019年日本で行われている「ラグビーワールドカップ」
素晴らしい活躍を見せてくれる日本チーム。
換気にわいた、9/28(土)日本VSアイルランド。
決戦のスタジアムは静岡県。

その日、私は静岡県アーブル・オランジュの結婚を担当していました。
仕事を済ませ帰路につくと、
駅のホームは、ラグビーのユニフォームを着た人で溢れていました。

試合の結果は、世界2位のアイルランドを打ち負かした日本。
歴史的金星と話題になりましたね。

ラグビーで良いなと思ったのが
「ノーサイドの精神」
意味は、敵味方なく相手の健闘を称え合う心の事です。

試合の後、アイルランドチームが日本選手の為に「花道」をつくり称えたシーン。
素晴らしいなと思いました。


結婚式では、フラワーシャワーの時に花道をつくります。
称え祝福する気持ち、私も大事にして行きたいと思います。

菊池

1 2 3 4 5 6 125