BRASS SMILE AND TEARS

	ブラス司会者が綴る コトブキ日和

例えば

ー何かを発表する機会
ー大会で大事な試合に挑んだ経験

幼い頃からそれなりに
いろいろな経験をさせてもらい
緊張したりそれを消そうとして
手のひらに人と書いて飲み込んだり
それでも消えなくて
緊張をそのまま受け入れたり開き直ったり

家族や友達の声援を力に変える経験や
うまくいって誉めてもらったり
うまくいかなくて悔し涙を流したり

振り返れば、
記憶にある自分の過去の
一番最初のそんな経験は、

幼稚園 年中さんの頃のクリスマス会

キリスト教の園だったから
毎年クリスマス会は盛大に行われ
イエス誕生の劇を子どもたちがするのが恒例
私はマリア様に立候補して
大勢の人の前でひとり歌を歌った
我が子が生まれた喜びを歌う歌だったと思う


幼少期はピアノを習い
なかなか上手くならなくて
ピアノを辞めることにしたその最後の発表会でも
やはり失敗してしまったこと
バスケットを始めて大会に出られた時の喜び
なかなかレギュラーになれなくて
とても上手な同級生に勝てなくて
出られても何も役に立てなくて
試合で負けてしまった時の悔しさ
学校の合唱大会 文化祭の演劇
野外ステージの司会 チアリーディングの全国大会

大小、種類も様々ながらも
いろいろな経験をしてきても尚思うことは、

どれだけ練習しても準備をしても
本番は 必ず緊張する

ということ

そして 毎週末のように「本番」を迎える
結婚式の司会という仕事を始めて
今 もうひとつ思うのは、

ああしたらよかったこうしたらよかったと
後から振り返ると
悔やむこともどうしてもあり得るけれど
それでも
準備した自分は本番の自分の心を支える

ということ

そして 必ず反省点があるから
それをちゃんと洗い出して
あとは 落ち込み過ぎないことが大事

ということも

  


この夏休み、
習い事の発表の練習を一生懸命している娘を見守りながら
夏休み終了と同時に学校のテストが待っている息子に
「予習も大事だし復習も大事だよ」
と声をかけながら
そんなことを思いました。


長かった子どもたちの夏休みもラストスパート!
3食ごはん係も、まもなくゴールの時!

それを超えたら、秋の繁忙期!
準備も振り返りも大事に、がんばります。

馬場




猛烈な暑さに続いて豪雨

本当にどうなってしまっているのでしょう

ますます週末のお天気が気になるトミーこと吉富です

今日も息子は部活の大会でしたが、雷雨で中断
せっかく予定が合って見に行けるかな。と思っていたのに拍子抜けです

でも、「見に来なくていいよ」
と、どうやら親の目は気になる年頃

先日出かけた海への遠征も、部活に夏期講習、さすがに休めない。。。
と、お留守番を申し出、主人と子供が成長する時期なんだね。
と、複雑な気持ちを話したところです。

とはいえ、一緒に出掛けたくないわけでもないらしく、次の予定は。。。
と、必死に自分も行けるスケジュールを組んでいるので、一般的な反抗期でもないようです。

高校生になって、息子とはより会話が増えた気がしますし、我ながらうまいこと成長してくれてるな。と、感心しています。

ただ、ふと子供の成長を感じる瞬間は多くあり、親として嬉しいような、寂しいような。
いつまでも子供じゃないんだなぁ。と思ってみたりして。

卒園、卒業と大きな節目を2度、3度経験しましたが、どの瞬間もいろいろな思いが入り混じります。

これではわが子の結婚式ではどうなってしまうのでしょうか。
いつも結婚式で新郎新婦さんの親御さんはどんな思いなんでしょう。

当日を迎えた新郎新婦さんは緊張と不安でいっぱいだったり、楽しみで仕方なかったり、色々。
一番後ろで温かく見守る親御様もきっとたくさんの思いをもっていらっしゃいますよね。

「家族も主役」
私の中での結婚式のサブタイトルです。

ご家族のその日、その時、その思いが少しでもお伝え出来ますように、
暑い夏のウエディングもお手伝いしたいと思います。



こんにちは。
ブラス松本です。

今年もやってきます!!
【ブラス夏祭り】

年に一度のイベント!
ブラスファミリーのみなさんが帰ってきてくださる日!

これは去年の写真
旦那さんは仕事のため、息子と二人で参加。




8月15日は、ブライダル司会者としての1歩を踏み出した「ルージュブラン」
8月16日は、結婚式をあげた「ブルーレマン名古屋」の夏まつりに参加してきます。
今年は3人で参加できそうです。

下記のサイトからブラス夏まつりのご予約受付中です。
https://www.brass.ne.jp/conti-story/festival/

ぜひ!ご参加ください。
お待ちしています!!

ブラス
司会 まつもとるみこ

こんにちは。
ブラスまつもとです。

私どもは、ブライダルに特化した司会事務所です。
【笑いと涙を届ける結婚式の司会という仕事】
これに全力で向き合っています!!


所属司会者は、ブラスの運営する自社結婚式場にて活動します。
自社の養成講座を卒業して活動をスタートさせる方もいれば、ブライダ司会のル経験者としてブラスの移籍して活動をされる方もいます。
「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」
その想いのもと、活動しています。

養成講座のレッスンは、腹式呼吸の習得から始まり、早口言葉、原稿読みで基礎を固め、実際の披露宴を想定した段階に進みます。
この講座の受講生は、20代後半から30代半ばの方が多くいらっしゃいます。

初心者からの講座のほかに「経験者向けの講座」の開講しています。
毎週末マイクを握る司会者が講師を担当し、「しばらく司会をお休みしてました。」「他で長くやっていたがブラスでやってみたい」
そんな方にも、早く現場に出てもらえるようにサポートします。
すでに披露宴司会者として、デビューしている方の講座受講料は無料です。

レッスンは披露宴会場で行います。
初心者の方には、学びの場が活動の場所になります。
お休みしていた方も、すぐにカンを取り戻してもらえると思います。





働き方は様々。
ご自身のライフスタイルに合わせて活動できます。




音響スタッフとも本番を想定してのレッスンも行っています。
不安なく、本番を迎えれる準備はしっかり整います。



話だけでも聞いてみたい!!
そんな方は是非 こちらから エントリーしてください!
まずは、ゆっくり話しましょう。
それから、じっくりご検討ください!!



ブラス
司会部 一同

日に日に暑さが増してきました。
かと思えば雨が続いてまた梅雨?と
頭悩ませるお天気が続いています。

さて、子どもたちはまもなく夏休み。
そろそろ宿題も配られ始め、
早めに終わらせたい息子は
少しずつ進めている様子。
かと思えばのんびり屋の娘は
夏休みの宿題は夏休みに入ってやるものでしょ?
とゆっくり構えていらして、
(同じように育てているはずなのに
 何故にこうも違う考えの子になるのだろ?)
と純粋に不思議な気持ちで見守っています。

夏休みになれば
少し遠い場所に住む旧友が帰ってきて
会える予定があったり、
友達同士で楽しみな予定があったりと、
子どもたちは今からワクワクドキドキ。

結婚式を控えた新郎新婦さんにも
打ち合わせでよく
夏休みに毎年旅行しました
夏休みは部活に一生懸命でした
などと夏の思い出を聞かせて頂けることがあります。

長い休みならではの思い出
きっとどなたにもあるのではないかな
と思いながら、
我が家の子どもたちにも
何か少しでも思い出を作ってやりたいな
と思う母親です。


今年の夏は、
長いお付き合いの仲間が花嫁となります。
懐かしい当時の仲間たちにも会えるので
ワクワクドキドキ 今からとても楽しみです。
心を込めてマイクを握りたいと思います。


今年の夏も いい夏になりますように。


馬場




こんにちは
あっという間の梅雨

ついにきました夏本番!

夏大好きトミーこと吉富です

とはいえ、ちょっと早すぎますね
そして暑すぎますね…

さて、こんな時は夢の話をしましょう

先日の新郎さんの夢

昔からあるアイドルに憧れて
カラオケではいつもそのアイドルグループの歌を熱唱
高校の文化祭でも完コピしてステージに立ち
同級生からはあこがれのアイドルの名前があだ名で付くほど

そんな新郎さんの結婚式
もちろんやらないわけにはいきません

披露宴の入場ではゲストがペンライトを振り
新郎さんが歌いながら登場

階段を下りながら、ゲストの近くを回りながら、
ファンサービスも決めポーズも完璧!!

一気に盛り上がり、ゲストから「○○くーん!」
と、コールを受けて、とっても幸せそう

感想を聞くと、「夢が叶いました~!!!」

とのこと

ご本人はもちろんですが、ゲストも家族もそして私たちスタッフまで
幸せな時間になりました

結婚式は夢を叶える場所でもあります

みなさんはどんな夢を叶えますか?

もうすぐ「お嫁さんになるのが夢だった」
と教えてくれた大切な仲間の結婚式です

夢が叶う時
どうぞあたたかい一日になりますように

梅雨入りしたばかりのはずなのに
夏日もちょこちょこ…
暑さに慣れていかないとと思いつつ
すでに冷房をつけ始めてしまった私です。

涼しい空間で過ごせるととても快適!
という事で、先日、
よく入らせていただく会場で
美味しいランチを頂いてきました!



ブラスの各会場では、毎月一度、
会場ごとに、いろいろなイベントを行っています。
ビアガーデン、ランチ、お花の講座、etc…
是非気になる方は、
各会場のホームページをご覧くださいね!

この日は、前菜、スープ、メイン、デザートまで
司会者仲間とワイワイ話をしながら、
お腹いっぱい頂いてきました。
メロンのパフェには麦わら帽子が…♪

いつも結婚式でゲストが召し上がっている
シェフやキッチンスタッフの皆さんのお料理を
目で胃袋で楽しみながら堪能して参りました。



コロナでなかなか人と会い笑い合う機会が
減っていましたが、
少しずつ、少しずつ、
気をつける事は気をつけながら、
ちゃんと大事な人とは直接会って、
笑ったり話したりする事も
大切にしていきたいと思います。

心もお腹もチャージ完了!
また週末もがんばります!

馬場


こんにちは。
ブラス松本です。

6月に入りましたね。
まもなく梅雨入りでしょうか・・・・・
子供は長靴が履けるので大喜びです。

先日の披露宴でのことでした。
会場内はデザートを楽しみながらの写真タイム。
私は司会台で次の進行に向けての準備をしていました。
すると、新郎父が司会台の前で立ち止まり「相談があるんだけど」とおっしゃいました。
この後ある新郎父の出番 代表謝辞についての相談かと思ったら。。。

「二人に謝りたいことがあるんだよね」

数年前に、お父さん曰く 二人にきつい言葉をかけたことがあるらしく、今でも何で言っちゃったのかなと
思っているとのこと。

「職場の上司の方がいるわけではないし、謝辞で私の素直な気持ちを言っても大丈夫だよね」

私は「もちろんです」と答えました。

お父様はにっこりを笑い、お席へと着かれました。
その後の新郎父による両家代表謝辞で、お父様はユーモアも交えながらお二人に、あの時はごめんねの気持ちを伝えていらっしゃいました。

「結  婚  式」
これまで と これからをつなぐ日。

言えていなかった
「あの時がありがとう」
「あの時はごめんね」を伝えられる日。

伝えられたことでより一層これからの絆・信頼が深まっていくんだなあと改めて感じる日でした。


まつもとるみこ

こんにちは。
ブラスまつもとです。

私どもは、ブライダルに特化した司会事務所です。
【笑いと涙を届ける結婚式の司会という仕事】
これに全力で向き合っています!!


所属司会者は、ブラスの運営する自社結婚式場にて活動します。
自社の養成講座を卒業して活動をスタートさせる方もいれば、ブライダ司会のル経験者としてブラスの移籍して活動をされる方もいます。
「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」
その想いのもと、活動しています。

養成講座のレッスンは、腹式呼吸の習得から始まり、早口言葉、原稿読みで基礎を固め、実際の披露宴を想定した段階に進みます。
この講座の受講生は、20代後半から30代半ばの方が多くいらっしゃいます。

初心者からの講座のほかに「経験者向けの講座」の開講しています。
毎週末マイクを握る司会者が講師を担当し、「しばらく司会をお休みしてました。」「他で長くやっていたがブラスでやってみたい」
そんな方にも、早く現場に出てもらえるようにサポートします。
すでに披露宴司会者として、デビューしている方の講座受講料は無料です。

レッスンは披露宴会場で行います。
初心者の方には、学びの場が活動の場所になります。
お休みしていた方も、すぐにカンを取り戻してもらえると思います。





働き方は様々。
ご自身のライフスタイルに合わせて活動できます。




音響スタッフとも本番を想定してのレッスンも行っています。
不安なく、本番を迎えれる準備はしっかり整います。



話だけでも聞いてみたい!!
そんな方は是非 こちらから エントリーしてください!
まずは、ゆっくり話しましょう。
それから、じっくりご検討ください!!



ブラス
司会部 一同

こんにちは。
そろそろ梅雨入りかなぁ、、と
天気予報とにらめっこしながら
週末のお天気が気になりすぎる季節。
体調も崩さないよう気をつけたい時期です。


さて、今日は我が家の食事の話。
私は、お料理は
嫌いではないけれど
特に好んでするほどでもない
苦手なわけではないけれど
お店のような品を出せるわけでもない(当然ですが…)
普通に家族が食べられるくらいの料理を
なるべく早くに出す…
という母親をしています。

子どもたちは、まさに食べ盛り。
大人と同じ量を(息子は私以上に)食べます。

質より量でしょ、と
開き直るわけでは決してありませんが(笑)
家族皆がお腹いっぱい食べられるように
ということも意識して台所に立ちます。

ただ…
お料理への探究心が
さほどあるタイプでもないので、
“よく出す料理” “いつものアレ”
というメニューが、たぶん子どもたちにも
既にバレていて(笑)
美味しいと毎日食べてくれるものの、
もしかしたら
どこかで飽きているのかも?しれません。


そんな私が気をつけている事といえば、

汁物はなるべくつける
忙しい朝も大した朝食を作れずとも
お味噌汁やスープだけは前の晩に多めに作り
体を温めてから登校させる

という事。どんなに忙しくても
心のどこかでずっと意識しています。


いつか、子どもたちが我が家を去る時、
誰かと共に親の元から巣立つ時、

母の味とは?と、もし、
結婚式の司会者さんに尋ねられたら、
なんて答えるだろ?

ほうれん草とベーコンの簡単ソテー?
適当なその日あるものが入った味噌汁?
野菜スープ?簡単お鍋???

なんて言うだろう……
ひとに答えられるものも
いくつか作る母親にならなきゃな…

などと、少しは思いながら、
今夜もやはり
いつもの定番メニューを出してしまう私でした。


「今日、実家に帰ったら、
 お母さんの作る何を食べたいですか?」

結婚式を前にした
新郎新婦さんとの打ち合わせで、
私が時々させていただく質問です。


馬場