ブラス広報室かしましブログ

こんばんは
江端でございます。

BRASSは、こちらのコロナ対策をしっかり行い
それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を
運営しております。

本日は、素敵なご報告です!!

ブラスの結婚式の魅力をより伝えるために
弊社ゲストハウス
愛知県名古屋市にある「ヴェルミヨンバーグ」

静岡県静岡市にある「ラピスコライユ」
のホームページが
リニューアルしました~!!

BRASSWebチームが頑張りました!!

よりわかりやすく
より使いやすく
より素敵になった

ホームページを
是非一度ご覧ください。
これからも進化していきます!!
(スタッフページも是非、ご覧ください!!)

ヴェルミヨンバーグ



ラピスコライユ

少し前まで寒くて上着を羽織っていましたが、ここ数日は昼間の気温が上がり、冷たい飲み物が美味しく感じる時期になってきましたね。
毎晩食後のアイスが日課になりつつある総務の井上です。


私の仕事内容の一つに、ブラスの各会場に採用されたPJ(サービスアルバイト)さんの登録があります。
春は採用が多く、登録をしていてここ最近、、「名前の変換に苦戦」しております。

PCの変換語彙を一般から名前/住所にしているのですが、なかなか読みどおりの漢字が出てこず、
結局別の読み方で変換し、カナを訂正しています…。


そんなとき、ふと思い出したのが、某企業が毎年行っている子どもの名前ランキング。
2020年の上位は、
男の子 1⃣蒼(あおい・そう・あお・そら) 2⃣樹(いつき・たつき)・蓮(れん) 4⃣陽翔(はると・ひなと・ひなた) 5⃣律(りつ) 
女の子 1⃣陽葵(ひまり・ひなた・ひな・ひより) 2⃣凜(りん) 3⃣詩(うた) 4⃣結菜(ゆな・ゆいな・ゆうな) 5⃣結愛(ゆあ・ゆい・ゆめ・ゆな・ゆら) 

男女ともに、同じ漢字ですが、近年は読み方の多様化がすすんでいるようです。

氏名入力が多い仕事のため、読み方にもアンテナを張っていきたいと思いました!




名前に込められた想いや意味を結婚式で伺う場面もあります。
私は、祖母が尊敬する友人のようになってほしいと祖母が同じ名前をつけたそうです。

ゴールデンウィークで親御さんと話す機会がふえる時期かと思います。
直接会うことができなくとも、オンライン等でご自分の名前の由来について聞いてみるのはいかがでしょうか?

本日はブラスの建築屋さん西川がお届けします。

私がブラスに入社して驚いたことは…

まぁ、たくさんあるのですが「音響が素晴らしい!」

という事は中でも特に個人的に感動した部分です。

今ではそれを造る側の人になったわけですが。


ノウハウは秘密ですが、キモはセッティングにあります。

ピュアオーディオを極めてしまっている方や、

「電源が変わると音が変わるんだよー!」などと究極の

世界に足を踏み入れている諸先輩方のお耳には叶わないかも

しれませんが。それでもブラスの会場の音響は

結婚式当日に最高のパフォーマンスを発揮する様、

各店それぞれの会場に合わせた最高の音響で、

最高の結婚式に花を添えます。


音の良し悪しは感動の伝わり方に直結する大切な要素。

音楽好きもそうでない方もブラスの会場の音を耳で、

心で感じてもらえたら…。私たちにとっても

嬉しい瞬間なのです。

こちらの写真をご覧ください。



とても素敵な写真だと思いませんか?
ブラスの会場のインスタグラムに掲載されていた写真なのですが
スクロールしていた手を思わず止めて見てしまった1枚です。

どこに惹かれたかというと、真ん中に写っているわんちゃんが”笑っているように見える”ところです。
偶然なのか、それとも本当に喜んでいるのか?
本当のところはよく分かりませんが
もし仮に偶然だったとしても、この瞬間をとらえたカメラマンは凄いと思いました。

こんな素敵な写真を撮れたのも、前撮りをしたからだと思います。
皆さんも挙式当日の写真だけではなく、時間に追われることのない前撮りで
家族の一員であるペットと一緒に撮影してみてはいかがでしょうか。

佐藤

管理本部鈴木です。

本社オフィスの移転を実施したのが、2019年11月。
コロナのリスクが顕在化する3か月前でした。

さまざまな働き方に対応できるオフィスづくりを意識していましたが、
「コロナの影響」は当然ながら想定していませんでした。

ブラスは全国23店舗の結婚式場を運営していますので、
「移動」を伴う打合せはたくさんあります。
コロナ禍となり、リモートミーティングの需要が一気に高まりました。

しかし、会議室を貸し切ってリモートミーティングを行うと、本来の会議とバッティングし、どちらかが時間をズラすという状況が出てきました。


そこで、あらかじめ狭い空間ですが「フォンブース」として5,6階に設置した場所を、
「フォンブース兼リモートブース」として用途範囲を拡張しました。

といっても、
①椅子を置き
②アートを置き
③ここちよい音源を置き

本社の皆様にリモートミーティングブースとしても活用くださいとアナウンスしただけです。









ちょっと狭いですが、集中し始めれば、問題なく使えるのではないかと思っています。
コロナ後もリモートミーティングの需要は続きますので、妥協はせず、皆さんの意見を聞きつつ、お金と相談しつつ、
良い環境を整えていこうと思います。

こんにちは、
ブラス本社で内部監査(非公認ラーメン部顧問)を担当している行岡です。
ブログ担当99回目です。

生まれてから今まで地元から出ることなくきました。
今住んでいる地域の区長さんから消防団に入って欲しいとお願いがきました。
これも何かの縁です。
少しでも地元へ恩返しができればと消防団に入団することにしました。
3月の終わりに消防署に行き入団式に参加をしてきました。
コロナの影響で、小規模で式典がおこなわれました。
式典のあとは、少しだけ実地訓練です。
整列の仕方や機材の扱い方などがありました。
これから、月2回集まって巡回や訓練があります。
その他にも、式典や行事の警備などがあります。
これから、少しでも地元へ恩返しができればと思っております。

行岡がお伝えしました。

みなさん、こんにちは!
IR室の吉橋です。

おそらく一年半ぶりくらいかと思いますが、つい先日愛知県豊田市にある実家へ帰りました。

一生変わらないんじゃないかと思っていた田舎の景色が変わってたことは少し悲しかったですが、実家へ帰れば変わらない自分の部屋があり、変わらないフルサービスのおもてなしがあり、とてもリラックスできた週末になりました。

ついでに豊田市のいいところを2つ紹介します。
①「WE LOVE とよた」


豊田市に根付くこの標語みたいなやつがなんともださ可愛いですよね。
この言葉を見かけるたびに少し優しい気持ちになったりならなかったり。

②結婚式場「アージェントパルム」がある
豊田市駅から徒歩すぐの立地にもかかわらず、緑ゆたかなガーデンがある素敵な会場です!僕がブラスに出会う前から、豊田市駅の素敵な景観づくりに貢献している施設だなと思っていました。

名古屋グランパスの試合があるときなど、豊田市駅から豊田スタジアムに歩いて向かうと必ず横を通りますからね~

今回はこんなところで地元愛アピールはやめておきます。
ご覧いただき、ありがとうございました!

こんにちは
本日のブログは広告制作室の生田が担当します


先日、去年の12月までプランナーとして所属していた
ラピスアジュールにお邪魔してきました

入社した当初、一緒に働いていた同期の仲間と
Restaurant LapisAzur」でディナーです☆
少しピックアップしてご紹介します!

メニューはこちら


2品目
カルテット

グラスに入っているのは「お豆腐」 お豆腐とは思えないくらいもちっとしていて初めての食感でした


5品目
フォアグラ 春キャベツ トリュフ

パイ生地に挟まれているのは 「うなぎ」と「フォアグラ」
口の中で混ざり合って「うなぎパイ」になりました!!!

6品目
仮死金目鯛 豌豆 白ポルト フェンネル

特殊な調理法で、火が入るまで生きていたという、「金目鯛」 身がぷりぷりで最高でした

9品目
苺 ミルク エルダーフラワー

甘いミルクのアイスに甘酸っぱい苺 組み合わせがとっても美味しかったです!!


レストランもオープンキッチンになっており
舛屋シェフが想いを込めて創ってくださった料理は
どれもとっても美味しくて
ほっぺが落ちるとはこのことだ!と感じました


プランナーとして働いていた頃も
何度かレストランでコースを食べたことがありましたが
本社へ来てからのレストランは初だったので
より美味しさが沁みました….


ラピスアジュールで結婚式をあげた方も
あげていない方も
どんな方でもご利用いただけます!

このご時世、気軽に外食もできないと思います。
ラピスアジュールなら、感染症対策として組数限定をし環境を整えていますので
安心してお越しいただけます
記念日や誕生日など、ちょっと贅沢なディナーを楽しんでください

きっと一口食べただけで「また来たい!」と思うはずです!
ぜひ、ご予約お待ちしております

最後までご覧いただきありがとうございました。

本日のブログは広報室の谷村が担当します。
4月に入り、あっというまに春日和。
そんな暖かな陽気にさそわれて…
先日の休日は、春服を求めショッピングにいきました。

襟つきのシャツが大好きな私。春はぴったりの季節!
店員さんお勧めの「カチッとしすぎない抜け感のあるシャツ」を
ついつい3着も買ってしまい…大満足の休日でした。

“肩肘はらない、抜け感のある”
“リラクシング”なコーディネートスタイルを
「エフォートレス」と呼ぶそうで…
実は【エフォートレスなウエディングドレス】が
ブラス花嫁さんにも大人気なんです!



動きやすいストンとしたシルエットに
上質なレースやシルクをあわせた
【Tomomi Okubo(トモミオオクボ)】のドレスは…
まさに、洗練されたエフォートレスなウエディングドレス。
日本ではブラスのドレスショップ「B.DRESSER(ビードレッセ)」
でのみ取り扱いがあるブランドなんです(すごく貴重ですね)。

 

ガーデンを使った挙式やパーティー、
リラクシングなコーディネートやメインソファ。
リゾートウエディングにナチュラルウエディングなど
ブラスで人気のウエディングスタイルにもピッタリ。

さらに!こんなアクティブ&スポーティな
「テニス花嫁」さんにもオススメです。


実はこの写真は…
ブラス所属のテニスプレーヤー・日比野菜緒選手に
ビードレッセで取り扱っている【Tomomi Okubo】
のドレスを着ていただき撮影した写真です!
後ろ姿まで本当に素敵で見とれてしまいますね。
日比野菜緒選手×ブラスウエディングコラボ企画はこちら

エフォートレスなウエディングドレスにご興味がある方は、
ぜひ「B.DRESSER(ビードレッセ)」でチェックしてみてくださいね。

広報室・谷村

こんにちは

情報管理室の竹内です

私ごとですが写真が趣味です


今回初めて「ニューボーンフォト」を撮らせて頂くことになりました

いわゆる赤ちゃん写真です


料理や建物、モデル

色々な写真を撮ってきましたが

赤ちゃんは初めてです


意思がないようで、ある
感情がないようで、ある

すべてが気の向くまま
数少ない一瞬のチャンスを逃さないように

初孫ということなので
楽しそうな撮影になりそうです