ブラス広報室かしましブログ

こんにちは。コールセンター室の若杉です。

わたくしごとではありますが、今月で結婚11年周年を迎えます。

この10年間を振り返ると、それはそれは
そびえるが山のごとく
漆黒の谷底のごとく
おだやかな凪のごとく
そよかぜ走る草原のごとく
様々なことがありました。

ただ、毎年この時期になると
クローゼットの奥からアルバムを引っ張ってきて写真を見返してみたり
調子が良ければエンドロールなどを再生してみたり
あの頃に想いを馳せることがあります。

想い出はどうしても日常に上書きされて薄れていってしまいますが
写真や映像はあの頃のまま時間が止まっているので
10年も経つと逆に新鮮に映ります。

当時私たちが行っていた結婚式と、今現在の結婚式とは
雰囲気や行っていることは変わっているのでしょうが
根本はブラスが掲げる「Smile&Tears」だと再認識しております。

先日弊社の代表が「風の時代」に突入したという話をしたのを聞きました。
風の時代は「目に見えないものに価値を見出す、幸福や時間など」とも聞いたことがあります。
まさに「結婚式」のそのものだと思いました。

向こう風の時代は200年ほど続くようですので(笑)
これからの結婚式も楽しみでなりませんね!!!

こんばんは。

この3連休は各自治体様々なカタチで成人式が行われていましたね。

私にとってはとても前の話ではありますが、母から譲り受けた振袖が着れてとても嬉しかったのをよく覚えています。

 

さて、ブラスの会場では結婚式がより素敵なものとなるよう、様々な商品を取り扱っています。

その中の一つに「押し花ブーケ」という商品があるのですが、ご存じでしょうか。

 

結婚式にはブーケや会場に飾ったお花、そしてご両親へ贈呈した花束など”生花”は欠かせないものの1つであり、結婚式をより豊かなものにしてくれます。

そんな生花をその日だけのものではなく押し花のアレンジでずっと手元に残しておくことができる、それを「押し花ブーケ」と呼んでいます。



その作業はとても繊細です。

一つひとつ丁寧に解体をし、押し花にするために乾燥。

そして1輪ずつ形成を行い、それを元のブーケの形を参考に再現しつつ、フレームに合わせてアレンジを行っていきます。



参照:https://oshibana-de-peuconnu.jp/item/

そんな作業を経て出来上がる押し花ブーケはとても魅力があり、

新居の玄関やリビングに飾るといつでも結婚式の日のことを思い出すことができます。

結婚式をより豊かにしてくれる生花が、押し花ブーケとして残すことでその後の生活もより豊かにしてくれることと思います。

とてもおすすめの商品の一つです!

ぜひご興味ある方は会場プランナーにお問い合わせください!

 

本日のブログは商品管理室の山下です。

ブログをご覧いただきありがとうございます!
WEB制作室の恒川です。

今年は、ブラスに中途入社をして5年目になります。
今までとまったく違ったブラス独自の企業文化に
びっくりすることが幾度もありますが、
素敵だな、と思った習慣もたくさんあります。

その中の1つが、これ。



プランナー、ドレスコーディネーター、厨房スタッフとして
デビューする新入社員に本社のメンバーが
手書きでエールのメッセージを送るんです。


私自身、慣れてきたのと忙しい仕事の合間のことで、
(プランナー出身でないので、気の利くアドバイスもできないし・・・)と、
どうしてもありきたりなメッセージになってしまっていたのですが、

まずは毎回ちゃんとその子が作ろうとしている結婚式の中身と
新郎新婦のことをちゃんと知る!
という+2分の時間をちゃんと作ろう、と思います。

(ブラスにはそれを知ることができる仕組みもあるんです^^)


さらに、当日の様子が素敵な写真とともに見ることができる
ブラスのプランナーデビューブログもありますので、お忘れなく。


皆様、明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年が始まり早くも一週間が過ぎようとしています。
昨年から続くコロナ禍において、お家で過ごす時間が増えたため、
最近はアルバム作りに励んでいる経理部高田がお送りします。

これまで写真はスマホやデジカメで撮った後HDで保管していましたが、
やはりアルバムという形で記録するのは気持ちがいいですね。

1年毎に一冊づつ作成するので合計で四冊もできました。

アプリで簡単に作成できるのでそこまで手間もかかりませんし、
気軽に手にとって見れるので息子も嬉しそうに眺めています。

出来上がったアルバムを眺めると息子の成長と時間の流れを改めて感じますね。

外出はできるだけ控えつつ、家族の思い出とアルバムを
今年もしっかり作っていきたいと思います。

かしましブログをご覧の皆さま
新年あけましておめでとうございます。

本日は結婚式に列席した際のお話しをしたいと思います。
昨年の10月に四日市にありますミエルシトロンで行われた
友人の結婚式に列席しました。

音楽が好きなふたりなので、受付のお名前シートが楽譜をイメージしていたり
リメイク入場の際はテープシューターでFES感を出していたり
他にもいろいろこだわったのがとても伝わりました。
挙式、披露宴ともに新郎新婦のふたりが好きなことが詰まっていて
オリジナリティ溢れる、ふたりにしか作れない結婚式だと思いました。

また、スタッフ全員で結婚式を作り上げているのも伝わり
すごく幸せな空間で結婚式って素敵だと実感しました。

友人から写真を載せても良いよ!と許可をもらったので
素敵な写真をどうぞ!



本当に幸せな1日でした!末永くお幸せに…♡

以上、さなだがお送りいたしました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

新年あけましておめでとうございます!

店舗開発室の小林です。

新しい年が始まりましたね!
長女は今年から小学1年生になります
つい最近、幼稚園に入園したと思えば、もうそんなに時がたったのかと
1年が過ぎていくのがあっという間に感じております。

さて、昨年からのはコロナ渦ということもあり
クリスマスも年越しも自宅で過ごしておりました。

毎年、旅行や初詣に行っておりましたが
今年は行けず、子供達にとっても寂しいイベントシーズンだったかなと思いましたが

家族で過ごす時間も多く
それなりに楽しんでくれていたようです☆



去年1年を思い返すと社会的にも様々な変化があり
残念に感じることも多かったですが、その中でも沢山のことを学び
私的には改めて【当たり前と感じる日常】が如何に大切なのかも感じ
仕事が出来ること・家族と過ごせることに幸せを覚えることができました。


まだまだ、大変な時代ですが、たくさんの人が社会を立て直し
幸せと感じ笑顔で過ごせる世の中に戻すべく、働いてくれていることに感謝しつつ

私もこの1年で自分ができることをしていこうと思いました。

皆様、今年も1年よろしくお願いいたします!!


小林

新年あけましておめでとうございます。
今年も本社ブログをよろしくお願いいたします。

2020年はコロナ禍で激動の一年となりましたが、
昨年12月14日にIR発表の通り、
https://www.brass.ne.jp/corporate/ir/news.html

業績は赤字が続くものの、
環境変化に対応した成果も少なからず上げました。

2021年は希望に満ちた一年になるよう願ってやみません。

 

年始に読んだ本を1冊紹介します。

アイアンハート」折口雅博


3つのパートに分かれ、1章の過去(ジュリアナ・センターピン理論)はあまりにも有名ですが、
教育の話しは、米国生活での次男に対しての子育て・受験について書いてあり、
アメリカの教育について、経済的な強さの理由について勉強になる1冊です。

私もアイアンハートの精神で、新たな1年を駆け抜けます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。  河合とも

こんにちは!
2020年最後の更新は南が担当します。

今年を振りかえって・・という話題が多くなる時期ですね。
今年はどうしてもwithコロナの話になってしまいがちです。。。

が、年末くらいは明るく締めたい!ということで
先日行った各店舗のチーフが集まるオンライン・チーフ会議では
「このような状況だったからこそ、成長できたこと」
をお題に、各店から報告を行ってもらいました。

提案力の向上ができた、個々のスタッフとのコミュニケーションの時間が増えた
など様々な報告がありましたが、中でも多かったのは
「結婚式ができることの尊さに改めて気がつくことができた」
という声でした。
結婚式ができる日常とは、様々な条件が奇跡的に重なってできているものなのだと思いました。
日々感謝忘れてはいけないな、と思います。

緊急事態宣言が発令された時期は、これから世の中どうなってしまうのか不安になったものですが、
そんな時だからこそ、私たちがすべきことはただ不安がることではなく、
結婚式を望む新郎新婦のために、どうすれば可能な限り安心して当日を迎えることができるか
それを考え、動いていくことだと思いました。

なので、この1年は例年以上に「考える」ことに時間を割いたと思います。
ブラスのプランナーたちも、それぞれが担当する新郎新婦と一緒に、たくさん考えたと思います。
そしてこの経験は、きっと大きな力に変わっていると思います。

来年も引き続き様々な状況を注視しながらの判断になっていくこととは思いますが
皆で考え、さらにいい結婚式を創っていきたいと思います。

今年も1年本当にありがとうございました。
皆様、よいお年をお迎えくださいね。

今年は例年と違うクリスマスと言われています。
本当に今年は例年と大幅に違う1年でしたね。

くやしい思いもたくさんしましたが2021年は少しずつまたできることが増え、当たり前を嚙み締めれる日々を過ごせたらと思います
そんな中、今年私が行った事!

〇 たくさんの断捨離をした!大勢の方がステイホーム中に断捨離をしたという話を聞きました。私もその中の一人です。
息子の中学入学もあり子供部屋の改革も一緒に。
掃除もできたのでこの年末大掃除的なことはしません 
(毎年言っている気もするけど)

〇 冷蔵庫を新調。いつ壊れてもおかしくない冷蔵庫だったので今年勇気を出して購入!我が家は冷凍庫が大活躍なので冷凍庫重視をチョイス。
同じ冷蔵庫を見ていた知らない母子の方とそこで盛り上がり、みんなで大値交渉の結果素敵な冷蔵庫をお迎えしました^^
(結果どこのどなたかもわからないままですが、あの冷蔵庫で素敵な生活を送っていることでしょう)

〇数年ぶりに携帯電話を機種変更。液晶が見えてきてしまってた前の携帯から最新機種に変更。全然使いこなせてないと思いますが
快適です

〇そして「ふるさと納税」今更デビュー!
ステイホーム中インスタグラムを見ていたら「簡単にできるふるさと納税」なんてのを載せている方がいてみたら私にもできるかも・・・。
「税」なんて書いてあると避けて通りがちですがやってみると簡単でした!今はお礼品が届くのが楽しみです

重い腰が上がったこともあった2020年杉浦でした!
来年も色んな事にチャレンジしたいと思います

皆さん、こんばんは!
広告制作室の守山です。

今日は、私に届いたクリスマスプレゼントの話をしたいと思います。

それは、広告制作室のみんなで作りに行った「常滑焼」です!


それぞれが好きな形を選んで、好きな色で色付け出来るこの焼き物

それが、今日手元に届きました!

「何色にしよう」「どの形にしよう」「どんなスタンプおそうかな」など、みんなでワイワイ作った日が懐かしいです。
写真は、焼く前のものです^^


思い出は写真だけではなく、形にも残せるのはとてもいいですね!

この出来上がりがとても良く、「また来年も行きたいね~」と、盛り上がった昼下がりでした。
今日はこれで夕飯を食べようと思います^^