ブラス広報室かしましブログ

ブラス広報室かしましブログをご覧の皆様 こんばんは。
この度 京都に姉妹会場のブライダルサロンがOPEN致しました!
会場名は
ATOLL TERRASSE KAMOGAWA(アトールテラス鴨川)



会場名の由来は・・・
==================================
ATOLL(アトール)
フランスの伝統色で、「ピンク×オレンジ×ベージュ」をミックスしたような色味
チャペルの向こうに見える鴨川の桜並木
そして夕日に染まる鴨川の景観をイメージしています。

TERRASSE(テラス)
1F待合室の向こうには鴨川を一望でき、5月~9月には川床を設置
爽やかな風が吹き抜け、東山の街並みを一望できるテラスは会場の最大の魅力!

==================================

いつも会場名は社員から募集するのですが
今回の名付け親は、本社メンバー2名!

ブランリール大阪、ブルーグレース大阪に続き
関西出店3店舗目でもあるアトールテラス鴨川は
2020年春グランドOPENです☆
建設予定地でもあるブライダルサロンにてブライダルフェアも開催しております!

ブラスの姉妹会場で結婚式を挙げて頂いた皆様
京都で結婚式をお考えのご友人がいらっしゃいましたら
ぜひコチラからご紹介もお待ちしております
ご紹介いただいた方には素敵なプレゼントもご用意しております♪

京都でもステキなブラスの輪が広がっていきますように・・・
ささき

株式会社ブラス 本社ブログをご覧の皆さま、こんにちは。
今日は非常に嬉しいニュースが届きましたので、お知らせいたします。

—————————————–

史上初・2年連続「ハウスウエディング」全国1位に!
ブラスが2019年 オリコン顧客満足度調査で総合&全評価項目で首位に輝く。




ブライダル事業を展開する株式会社ブラス(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:河合達明、以下当社)は、
株式会社oricon ME(本社:東京都港区、代表取締役社長:小池恒)が行なった
2019年 オリコン顧客満足度調査「ハウスウエディング」において総合第1位を獲得しました。

また、評価項目別においても、「式場」「ウエディングプランナー」「料理」「ドレス・衣装」など、
13項目中13項目すべて1位となりました。

なお、ブラスは2018年・2019年と【2年連続】で総合1位・全評価項目で1位となり、これは同調査では史上初となります。

—————————————–

結婚式を任せてくださった新郎新婦のみなさまをはじめ、
パートナー企業のみなさま、ブラスに関わるすべてのみなさまの
ご尽力により2年連続の受賞となりましたこと、心より感謝しております。

「いい結婚式を創る」その想いを胸に
【完全貸切ゲストハウス・ウエディングプランナー一貫制・オープンキッチン】で
一組ひとくみの新郎新婦と向き合ってきました。

そのブラスの姿勢が、「ハウスウエディング」総合1位・全評価項目1位、
という結果に繋がったのであれば、非常に嬉しく思います。

今回の受賞に満足することなく、スタッフ一同更なる「いい結婚式」の実現に向け、邁進していきます。
今後もよろしくお願いいたします。

以上、商品管理室の野村がお届けいたしました。

こんにちは
社長室宮原です。

今日は私の大切な仲間の旅立ちについて書こうと思います。

彼女とは
7つも年が違うし
部署も全く違うし
住んでいる場所も今まで育ってきた場所も家族構成も違います。

ある頃から
本社でランチをみんなで一緒に食べるようになって
恋愛事情を突っ込んでみたり
休みの日の動向を探ってみたり(笑)
先輩から毎日尋問のように質問攻めにあいながらも
毎日お昼になると来てくれ
気づけばお泊り会をするような仲になりました。

これからもそんな楽しい日々が続くと思っていましたが

突然
『私会社やめるんです』『島に行きます』と。

10人中10人ともがするであろうリアクションを私も取っていた気がします。
『島?!』

でもそのあときっとみんな同じように納得するんだと思います。
-彼女が決めた道なら応援しよう

彼女の送別会に参加して
異動前の姿や働き方を知ることができました。
ますます尊敬するとともに、
無理せず怪我無く無事に帰っておいでねと
姉のような気持ちになりました。

今はさみしさでいっぱいかと思いますが
きっとすぐに彼女のひたむきさに仲間が集まってくるかと思います。

がんばれ!
お土産話たくさん待ってるよ~!



河合社長のブログ『行ってらっしゃい』にも
その様子がアップされていますので是非ご覧ください。

社長室 宮原

産まれた日のことって

当然ですが

覚えていないですよね

 

その時のことを覚えているのは

親をはじめとする

周りにいてくれた人たち

写真を見るとみんな笑顔
いつの間にか

距離ができて

言葉を交わす機会も減ってきて

いつの間にか

頼ることもなくなって
でも

 

覚えているんですよね

その時周りにいてくれた人たち
初めて出した声を

初めて抱っこしたときの重さを

 

ずっと覚えてる

 

結婚式当日

親や親族はそんなこと

思い出しているのかもですね

 

今わがまま言えるのは

この世に産まれたから

それを受け止めてくれる人がいるから
今こうしていることが当たり前に感じてしまうけれど

支えてくれる人がいる

支えてくれた人がいる

これってすごいこと

 

誕生日

みんなに祝ってもらうことが多いけど

ふと

みんなに感謝する日でもいいのかも

 

結婚式当日の親や周りの方の顔

なかなか見れないからこそ

写真アルバムだけでなく

当日の記録撮影をお勧めします
見ないと思っていても

いつか見たかったって思うはず

是非プランナーにご相談ください

・・・・・・・・・・・・・・・・・
私ごとですが
今日は身近な人の誕生日
ともに歩みだしてから15回目
サプライズも

大したお祝いも

できてないけれど
心を込めて

「誕生日おめでとう」
【林 和正】

こんにちは、経理部 谷です。


現在、経理部は決算処理の真っ只中にいます。
四半期決算とは違い本決算は
処理量がとても多くなるので一年で一番多忙な時期になります。
毎年8月~9月上旬は会社に缶詰め。
夏の思い出 とは縁がありません。
経理部の宿命です…

しかし!今年は違います!

私、合間を縫ってアクティブに動いております。
情報管理室の竹ちゃんの結婚式に
川辺でバーベキュー、飲み会に野球観戦。
そして、長良川花火大会!
今年は「金麦 特別招待席」が当たりました♪



わずか60席程しかない特別席に当たるなんてなかなか持ってます(笑)
金麦飲み放題&おつまみも付いてました。もちろん無料!
場所は長良川を挟んだ打ち上げ場の目の前!
なんてVIP待遇☆

心に残るとても楽しい夏になりました。
忙しい時期でも自分次第でいくらでも楽しめるんだな。
しっかりと充電できましたので
引き続き決算処理に打ち込みたいと思います!

店舗開発室 矢澤です。

本日は担当店舗である
アコールハーブ(千葉新店)チャペル棟新築工事の
地鎮祭がありました。

地鎮祭に参加するにあたり
そもそも地鎮祭ってなんのために行うのか
気になったので簡単に調べてみると

建物建設前にその土地の神様に来ていただき
工事の安全と、今後住む人や事業の
健康や繁栄を祈願するもの
らしいです。

ですが近頃は地鎮祭を行わない人も多いのだとか。

でもイベント大好きな会社なので
もちろん実施します。

笑いやサプライズを交えつつ
神様に来ていただきます。

ということはいくらなんでもしません。

神主様に来てもらって
厳かな雰囲気のまま進行しました。
これで工事の安全
アコールハーブ繁盛
スタッフのみんなの健康は約束されました!



施工を行ってくれる戸崎建設の方々との一枚。
いい店舗を作っていってくださる協力業者さんです。

改修工事がメインの非常に難しい工事で
課題はまだまだ山積みですが
時に助け合い、時に激しい打ち合わせを
行い、いい店舗を共に作っていきたい思います。

関東一号店となるので
売れっ子店舗になってほしいなと
感じたのでした。

こんにちは。

もう夏の終わりが近づいていますが、
みなさんは今年の夏、いかがお過ごしでしたでしょうか?

私はと言いますと・・・
経理部は本決算のため相変わらず忙しい日々を送っております。

ですがそんな中、
貴重なお休みをいただき新潟まで花火を観に行ってきました!
新潟の長岡で開催された花火大会です。
とても有名な花火大会なので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。


とにかく、圧巻の一言です。


写真を撮ろうにも、画面に収まり切らないくらい空いっぱいに花火が打ち上がります。
新潟地震の復興祈念をテーマとしたしたフェニックスという花火は、
画面どころか、視野にも収まり切らないくらいの広範囲で打ち上がっていました。
きっと数キロくらいにわたって打ち上がっていたかと思います。

他にも、打ち上げのひとつひとつにテーマがあるので、
様々な花火の演出で楽しませてもらい、花火師さんの素晴らしさを体感することができました。


例年であれば太陽を避け、人込みを避け、
ひたすら夏が終わるのを今か今かと待ち構えているところでした・・・が、
花火に感動し、感情が少し芽生えた今年の私は、
やっぱり夏にしかできないこと、夏だからこそできることなど、
その季節にしかできない思い出づくりをすべきなだと感じたのでした。



経理部 野田


「アートってよくわからない」

ひょとして皆さんもそんな感覚をお持ちでしょうか…


こんにちは。
本日のブログは、ご縁あって仕事でアートに関わることになった
総務部 稲山 がお送りします。


冒頭の「アートってよくわからない」について、
私もつい最近まで同じように思っていました。

アートというだけで、
なんだかとても敷居の高いもののように感じてしまいますね…。


でも、

「何かを汲み取らなきゃいけない」
「間違ったことを言ったら恥ずかしい」

そんな考え方はもったいない!
作品を介しての “表現” は、
作家も鑑賞者も自由だと最近気付くことができました。

アートに正解はなく、
観る側がどう感じるかも自由なんです。


「色がきれいだな…」
「何でできているんだろう…?」
「これはあんまり好きじゃないな…」


そんなささいな感想でも全く問題ないので、
ぜひその場に一緒にいた人と、作品について話してみてください。

意外な発見があるかもしれません…



ブラスでは、本社と店舗それぞれにたくさんの絵があります。
でも、その意味合いは少し違います。


店舗においてある絵画は、
コンセプトや空間デザインに沿ってコーディネートされたものです。

その空間やそこで過ごす時間が、
より魅力的に感じられることを意識しています。


一方、本社にある絵画はジャンルも大きさも作風も様々です。

本社全体を「ギャラリー」として考え、
“作品そのもの” について意識を向けることで感性を磨ける、
そんな場所にしていきたいです。


余談ですが、今、アートの持つ力に注目が集まっています。

関連書籍も書店に多く並んでますが、
私なりにアートに関わる中で実感しているのは、以下のような力です。


「豊かな気づき」
「自由な発想」
「異なるものを繋ぐ力」
「他者への共感」


結婚式に携わる私たちの会社にとって、
(もちろん、様々な人と一緒に過ごす何気ない毎日にとっても)
どれもとても大切な能力のような気がしています。

興味のある方は、参考書籍のご紹介もできますので、
ぜひお声かけください。
アートについて語りましょう^^



本日もかしましブログをご覧いただきましてありがとうございます。

毎年夏になると、沖縄の海を眺めながら
ボーッとビールが飲みたいと妄想している総務部矢坂です。
「なにもしない」時間って本当に贅沢ですよね。。。
あー、沖縄に行きたい・・・。

大人の希望はさておいて
「子供達に夏らしい体験を」という希望により
先日地域の夏祭りに行ってきました。
近所の子供達が走り回り、
広場の中央には絵に描いた様な櫓が組まれ
涼しげな浴衣を纏った、お姉様“だった”皆様のお手本に習い
これまた昔ながらの振付でみんなで踊る。
なんだか、懐かしい気分になれるお祭りでした。

今日は何を食べても怒られないと悟った娘が
意気揚々と2杯目のかき氷を取ってきたのを横目に、近所の方とお話ししていたら、
偶然約10年前にブラスの会場で挙式をしたというご夫婦に遭遇!
でも、なんとまだそのご夫婦は「ブラスの夏祭り」に参加したことがないとのこと!!
これは是非夏祭りの良さを伝えなければ!と全力PR。
きっと来年はご参加下さることでしょう。

大人も子供も有意義な時間を過ごせたところで岐路へ。
平日はゆっくりと親子の会話をする時間も
子供たちの成長ぶりを夫婦でかみしめる時間もありませんが
“たまに”だからこそ、なんでもない家族の時間がより大切に思えたのでした。

オマケ~かき氷を食べる姉妹の会話~
「○○ちゃん(妹の名前)、そっちの色のかき氷、ちょっと私が食べてみるね!!」
と、さも毒見をしてあげるような言い草で、ちゃっかり人のかき氷まで食べる姉…
それに納得し、心配そうに姉のスプーンの行く先を見守る妹。
「うん、大丈夫!」といわれると安心したように食べていました(笑笑)
「自分が食べたかっただけでしょー!!」と突っ込みたい気持ちを必死で抑え
そっと見守りました。
子供の会話って面白いですよね~。

こんにちは、グローバルウェディング企画室の竹中です!

時間が経つのは早いもので、
今年も夏祭りのシーズンがやってきましたね!

ミエルクローチェ
ヴェールノアール
ルージュブラン
所属していた3店舗の夏祭りに参加しました!

毎年来て下さる方、
久しぶりに会えた方、
結婚式以来初めてお会いした方は、なんと10年ぶりの再会でした!

一緒に写真を撮って、
懐かしい思い出話をしたり、近況報告をしたり…


帰って写真を撮った写真を見返していたら、
ご丁寧に同じ場所で撮った過去の写真がフォルダから出てきてくれて…
(便利な機能ですね)



なつかしーーー!!



あら社長まで!若いっ!
私も若かったな~~まだ白いな~~
なのに、おふたり全然変わってない!!

…と、思い出に浸るわけです。

お客様の為のイベントだと思ってましたが、
気づけば私にとっても里帰りの”夏祭り”。

いいイベント、ですね。

年々バージョンアップした夏祭りを企画&準備してくれて、
今の各店舗を守ってくれているスタッフにも感謝です。

毎年毎年、写真が増えていくことを楽しみに、
また1年がんばります!!