ブラス広報室かしましブログ

かしましブログをご覧いただきありがとうございます!

秋のブライダルシーズン
「結婚式を挙げたよ」「結婚式に列席したよ」という情報が周りに飛び交っています!
毎週ありがたいことにブラスでも幸せな結婚式が行われています*

本日のブログのテーマは「ブラスのビュッフェ」について

結婚式といえばデザートビュッフェのイメージが強いかもしれませんが、
ブラスはオリジナルビュッフェをオーダーできるのでその内容は多種多様なのです!

個人的意見で勝手な提案ですが
こんなビュッフェはいかがでしょうかコーナー!



「ヘルシービュッフェ」
バーニャカウダーなど野菜をたくさん使ったビュッフェ
体によさそうなヘルシービュッフェは披露宴前に召し上がっていただくウェルカムビュッフェとしておすすめ*
カラフルな野菜やカナッペはSNS映えすること間違いなし!



「和風ビュッフェ」
和の食材やスイーツを取り入れたビュッフェ
和装を着られる方にはもちろん合いますし、若者からご年配の方まで喜んでいただけそうですね!
個人的に抹茶が好きなので抹茶尽くしのスイーツビュッフェを一度やってみたいです…



「お酒ビュッフェ」
新郎新婦のおふたりやゲストにお酒好きな方が多い披露宴にておススメ*
和風ビュッフェに日本酒を合わせたり


生ハムビュッフェにワインを合わせたり…
お酒が進むと会話が弾みますね!


飲みすぎには注意です。


打ち合わせの際に好きなものをオーダーするとシェフがビュッフェに取り入れてくれます!

貸切のガーデンやホワイエで好きな食べ物に囲まれてゲストと過ごすひととき…
たまりませんね!

ゲストも新郎新婦も自由に動いて近い距離で
会話をしたり、
写真を撮ったり、
アットホームな時間が流れるのもまたビュッフェの良さのひとつでもあります

季節感を出してみたり
装飾にも是非こだわってみると
きっとさらにゲストに喜んでもらえるビュッフェになると思いますよ*


店舗管理部
長谷川

ブラス本社ブログをご覧の皆様、こんばんは!
コールセンターの奥村です。

私事ですが、先日10月28日に結婚式を挙げさせていただきました。



結婚式を終えてみて…一言。

「結婚式を挙げて本当に良かったです」

大切な方々が私たちを祝福するために集まってくださったこと。
たくさんの笑顔と感動の涙に溢れていたこと。
これから新しい家族として生きていくことをゲストに誓えること。

こんなにも幸せに感じることは他にはないと確信しております。

正直結婚式を挙げることも最初は迷っていた私たち。
でも間違いなく、今は「やって良かった」と心から思います。

世の中のカップルさんに私は声を大にして伝えていきたいです。
「どんなことでもお力になります!お手伝いさせていただきます!
ぜひ結婚式を挙げましょう!」

そしてもう一言。

「余興では、是非【めでたや】を」

私たちの披露宴では
弊社社長率いる「めでたや」の餅つきパフォーマンスを
行っていただきました。
(社長のブログにも掲載していただきましたので是非ご覧ください)

ゲストにあまり負担を掛けたくない…と思い
余興や友人スピーチを頼んでいませんでした。
しかし、せっかくお越しいただくゲストに
どうしたら楽しんでいただけるか…
そう悩んでいたところ、社長に声をかけていただきました。

私自身も実際に見たことがなかった、めでたや。
どんなものなのか…と思っていると
私の予想をはるかに超える大歓声と大笑いで会場は大盛り上がり!
(いつもは控えめな私の父も嬉しそうに前へ出てきて
楽しそうにお餅つきをしておりました^^)
披露宴後にゲストに感想を聞くと
口をそろえて「餅つき、すごかった!」といちばん最初に言われるほど。
会場が一体となって楽しめること、間違いなしです!

新郎新婦様はもちろん、ゲスト全員の想い出に残る結婚式を行いたい方は
ぜひ【めでたや】入れてみてはいかがでしょうか。


p.s.
乾杯は私の上司の江端マネージャー、、、
改め、ハンバーグ師匠に行っていただきました!
ゲスト全員の心にブラスの名を刻んでいただきました!
本当にありがとうございました!

こんばんは、広報の江端です。

「それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る」

弊社の経営理念に書いてある言葉であり
社員全員が同じ想いを持っています。

私たち結婚式を創る業界にとって
「当たり前」のことです。

ただ、当たり前のことを当たり前にするということが
とても難しいのだと思います。

最高の結婚式の形とは、新郎新婦それぞれ違っています。
それをプランニングしていくことがブラスの仕事です。

もっともっと、日本に良い結婚式を増やしていきたい!!
それぞれの新郎新婦にとって最高の結婚式を創る

ブラスのハウスウエディング一号店ができたその時から
変わらないこの想いを、日本全国の結婚式に伝えていきたいです。

皆様こんにちは。ブラスの建築屋さん西川です。
前回ブログで「醒めたリアリスト」を脱却すべく
感性の刺激を求める旅に出た私の旅日記”第二回”を
意気揚々と書くつもりだったのですが、今回も
どしゃぶりの雨と寒波に苛まれ、私の練った旅の企画も
ちょっぴりツヤ消しになってしまいました。

行程の半分は夢と魔法のテーマパークを土砂降りの中
たっぷりと堪能したのですが、残りの半分は「建物屋さん」
らしく、都内の比較的新しいスポットを寒さに耐えながら
感性にたっぷりと刺激を受けて帰って来ました。


(今回のNo.1は[GINZA SIX]でした。企画も設計もプロダクトも全方位隙なしの圧倒的な完成度)

近年の首都圏の新しい建物を「体験」する度に毎回感じるのが
デザインが突き抜けているのに…。
空間として素晴らしく完成度が高いのに…。
ホスピタリティも高い!…という事実。

つまり隙が無い…。結婚式場づくりに全て活かせるわけでは
ないですが正直「これは悔しい」とか「その手が有ったか!」
と感じる場面も。

ホスピタリティという分野に関しては先日の河合社長のブログでも
お伝えさせて頂いている様にブラスの会場では
ユニバーサルデザインの概念を取り入れています。
今年は名誉な表彰も頂きましたが、それと同時にきっと
もっと出来る事があると気持ちを新たにしました。

                 ◇

さて、私の日頃の行いはそんなにもよろしくないのでしょうか。
ブラスの大切な会場の建物も先日の台風で若干の被災を被って
しまいました。建設関連のパートナーの方々のご協力の元、
週末までに修繕を完了しましたので皆様には気持ちよく最高の
結婚式を迎えて頂けるはずです。

…しかしまた新たな台風が。これは何かの試練か!?
試練は成長のチャンスだー!などと前向きに考える余裕の
無い西川が本日はお届けしました。皆様もどうか台風に備え
対策をしっかり行ってくださいませ。。。

皆さまこんにちは。最近寒くなりましたね。
先日ブラスに入社してから初めてお掃除プロジェクトに参加しました。
場所は名古屋・丸の内にあるブラスの結婚式場ヴェルミヨンバーグです。

ブラスでは定期的に同じエリアごとに社員が数十名集まって、
一つの結婚式場を掃除します。

掃除が終わった後に皆で気付いたことなどを報告し合う時間があります。
その時間の中で、

「目の前の細かいところを一生懸命掃除してばかりにならずに、
全体を引いて見て、やるべきところを探すと良い」

という趣旨の事をおっしゃっている方がいました。

私は何事もついつい「木を見て森を見ず」になってしまうので、
この言葉は耳が痛かったです。

他にも列席したお子さん目線で見たときにどうかという意見があったり、

普段一人で掃除していると気付けなかったことが分かって
勉強になりました。

少しずつではありますが
普段の仕事や生活でも活かせるようになりたいです。

門川

先日、伊勢神宮の『観月会』に行ってきました。
『観月会』って??と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。
これは、ものすごく簡単にいうと中秋の名月に行うお月見のイベントです。

全国から応募のあった短歌と俳句の秀作を
神宮の楽師が古式により披講する伊勢神宮での雅な催しです。
この後に管絃と舞楽が奏行されます。



この舞台は外宮の勾玉池の上にあり
満月が池に映り、雅楽の生演奏と合わさって
日本の情緒を感じることができ、とてもいい時間を過ごすことができました。



日本古来からある伝統行事は、結婚式でも演出することができます。
例えば「持ち投げ」や「餅つき」、「神前式」もそうです。
また、季節に合わせて、様々な催しを演出することもできます。

ブラスの結婚式では、こういった演出も喜んでご提案いたします。
是非、ウェディングプランナーにご相談ください。

佐藤

こんにちは、
ブラス本社で総務部ネットワーク(非公認ラーメン部顧問)を担当している行岡です。
ブログ担当79回目です。

今回も自宅シリーズでいきたいと思います。
最近の外壁は、サイディングで貼られています。
サイディングは、表面が塗装がされていますが目に見えない凹凸があります。
その凹凸に、若干ではありますが保水性があるので北側などの光が当たりにくい所に、苔が付きます。


この苔を、そのままにすると苔がドンドン広がっていきます。
広がるより問題なのが、苔は保水性が高いので外壁の塗装部分を早く悪くさせるのです。
そこで、ホームセンターで良い物を見つけました。


「コケカビクリン」と言う商品です。
スプレー式になっているので苔の部分に吹きかけて1週間くらいすると苔が無くなりました。


みなさんも、一度家の周りを廻って見てみると良い事も悪い事も新しい発見があるかもしれません。

行岡がお伝えしました。

みなさま、こんにちは!

気候も秋めいてきた今日この頃、
企画マーケティング室は「撮影の秋」を迎えています。

毎月1回はどこかの会場で撮影を行っている私たちですが、
9月~11月にかけてはあちこちで色んな撮影を行っています。

・・・撮影の一コマをご紹介・・・


海岸へバルーンを運ぶ江端さんとしほさん
風が強いのでバールーンをわらないように…一苦労です


無事、撮影スポットへたどり着きました♥

昨日・一昨日の撮影は天気が心配でしたが、昨日は快晴!
晴れ晴れとした気分で、いい写真をたくさん撮ることができました!


未来の新郎新婦さんに、
「ステキな会場だな」
「こんな結婚式が挙げたいな」
「結婚式って、いいな」と思ってもらえるように
企画マーケティング室みんなで、撮影の秋を乗りきります!!

本日の担当は、今週末は芸術の秋を楽しむ予定
企画マーケティング室 やまがたでした。

ブラスの企業風土の1つに、「同期の仲の良さ」があると思います。

内定をもらった時から親睦を深め、入社してからは毎日一緒に研修を受けるのでより仲が深まりやすいのかもしれません。
それぞれの店舗で仕事をするようになると、会える時間は短くなるものの、切磋琢磨し合える良きライバルでもあり、時には悩みを相談しあったり励ましあう心の支えにもなったりと、より関係性が濃くなります。


先日、そんな同期たちとプチ旅行へ行ってきました。
行先は鎌倉&江の島。

同期とは出会ってもう10年が経ちました。
10年…小学生が高校生になる程の年月です。
10年前と比べ、私たちもだいぶ大人になりました。

以前の私たちだったら、行先に鎌倉を選ぶこともなかったでしょう。
電車ですぐ座りたがることもなかっただろうし、
坂道を登っていても息切れすることもなかっただろうし、
疲れたと無言になる時間も殆どなかっただろうし。

でも、当時から変わらないのは同期の関係性。

働く場所も職種も違えども、仕事に対しての自分の考えをもっていて話し合うことができる。
ちょっとくだらないことも笑いあえることができる。

自由で 穏やかで みんなが自然体でいれる時間が私は好きです。


出会いは偶然かもしれないけれど、
今では結婚式への関わり方もそれぞれ違うかもしれないけど、
それでもいい結婚式を創る同じ目標をもつ仲間であれることを嬉しく思っています。


また数年後に、さらにシュールな場所で変わらない写真がとれたらいいなと思っている大星でした。

***商品管理室 大星***

先日、ビジネスホテルに宿泊しました。

チェーン店であるそのホテルは、私が撮影に訪れる土地にいくつかあり
今回で数回目の利用でした。
(そんなことは気にも留めていなかったのですが・・・)

部屋に入ったとき
「このたびは5回目のご利用、ありがとうございます。
 ほんの気持ちですが、静岡のお茶をご用意しました。
 またのお越しを心よりお待ちしております」
と手書きのメッセージと冷蔵庫にご当地のお茶がありました。

メッセージには私の名前も書いてあり
思いもしない心配りに
とても心が温まりました。

「おもてなし」

とはこのことをいうのだと。
あらためて思いました。

また来たくなる、ホテル。
こうした小さな相手を想う気持ちの積み重ねが、いいサービスとなるのですね。
勉強になりました。

さあ、明日は撮影です。
わたしたちの会場でも、いいおもてなしができますように
たくさんの方に足を運んでいただけますように。

頑張ります。



今日の担当は、広報のむらでした。