ブラス広報室かしましブログ

こんにちは、そして初めまして!
5月より中途入社として本社勤務しております衣笠です。

主にPC関係やネットワーク関係を担当しています。
私ごとで恐縮ですが、今日は自己紹介がてら家族の話をしたいと思います。

現在、小3と小1の娘がいます。

はい、かわいいです(笑)

上の娘は読書やテレビを見るのが好きで、集中力がすごいです。
読書中やテレビを見ているときは、声をかけても全然こっち見てくれません。
ちなみに好きな本はおしり探偵。

下の娘はやんちゃでお調子者です。そしてとても特徴的なのが「ほっぺ」です。
学校へは集団登校で行くのですが、一緒に行く近所のお姉ちゃんに毎日ふにふに触られているようです(笑)
お風呂で「今日もふにふにされた?」と聞くと「うん、されたー」と返ってきます。

そして二人とも好きな食べ物がイクラ!!

・・

・・・・やめてくれ (家計的に)

たまに行く一皿100円の回転寿司屋さん、お世話になっております。

 

今日のところはこんな感じで。
お読みいただいてありがとうございます。
鉄人こと、衣笠が初投稿させて頂きました。

かしましブログをご覧の皆様こんにちは!
昨日の竹中に引き続きまして…
この4月から本社総務にて勤務しております、矢坂です。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

しばらく産&育休をいただいておりまして社会復帰は実に2年半ぶり!
出勤初日は、変な汗をかきながら事務所の扉に手をかけ…
正に“初心に帰るとはこのことか!”といった心持でした。

ですが、私が配属された総務部にはなんと同期が2人もいてくれるのです!
なんと心強い!!おかげで、自分の予想より早く業務に慣れてきた…ハズです。

これからは、それぞれの店舗で働くスタッフの方々が、より気持ちよく働けるよう
自分にできることを、丁寧に進めていきたいと思っています。

そして…
職場での仕事の効率化は当然ですが、退勤した後もいかに効率よく動くかが
勝負のカギです。
相手は、予告なくオムツを脱ぎだす2歳児と床にご飯を散布する1歳児…
全く気が抜けません。
「ママ、ニコッしてっ!」(訳:顔が怖い)の声で我に返ります。

~ブラスラブ14~
いつも上機嫌でいます。
不平、不満、陰口を言いません。

世の中の働く全ての母を心から尊敬する日々です!!
「母は強し」―― 名言ですね。         
                         以上、本日のブログ担当矢坂でした。

かしましブログをご覧の皆様、初めまして!
4月からブラスの本社にて勤務させて頂いている竹中です!

実は私はブラスの3期生として入社し、
ルージュブラン→ヴェールノアール→ミエルクローチェでウエディングプランナーとしてお仕事させて頂いていました。

とても充実した日々を送る中で、
ふと「20代のうちにやっておきたいことは何か。どんな30代を迎えたいか。」
と考えることがありました。

自分の視野や世界の狭さを感じていた私は、
「そうだ、どこでもいいから1年くらい海外へ行こう!」と思い立ちました。

どうせ行くなら大好きな結婚式の仕事や勉強がしたい、ということで決めた行先は「ハワイ」。

でも目標がリアルになるにつれ、
初めての海外生活・・・それも1年・・・大丈夫かな、
という不安な気持ちがよぎった私。
当時同じ店舗で働いていた大先輩に、内心「引き止めてほしい」と思いながら相談しました。
返ってきた言葉は、「いいじゃん、行ってこれば」
「え?引き止めてくれないの?お店大丈夫なの??」という私の気持ちも虚しく、
その後誰に相談しても答えは「行ってきなよ!」
でもその言葉と共に「嫌になったら帰っておいで」という温かい言葉をもらい、
あとはもう勢いで日本を飛び立ちました。

そこからはもうがむしゃらでした!
カルチャーショック、孤独、物価の高さ、時間通りに来ないバス、ゴキブリ・・・
いろんなものとの闘いが待っていました。
でもそんなことを忘れさせてくれる程きれいな景色がそばにあって、
いろんなことを感じさせてくれました。



ここが私の主な仕事場でした。
そりゃ日焼けしますよね。笑

「1年で帰って来ます」と色んな方と約束したのに、
気が付けば丸3年がたっていました。

それでも帰国した時には真っ黒になった私をたくさんのブラスメンバーが笑顔で迎えてくれて、改めてこの会社とここで働く皆さんと出会えて幸せだな~いい会社だな、と感じました。



本当にいい経験をしてきました。
背中を押して下さった皆さんに心から感謝しています。

これからは少しでもブラスやウエディング業界に恩返しができるよう、
頑張っていきたいと思っています!
どうぞ宜しくお願いします!

ご覧いただき、ありがとうございます!

本日のブログは先日の「江端五月40祭」の余韻が
さめてまいりました、広報室の恒川が担当いたします。

強力な幹事チームはもちろん、
今回は事業戦略グループの各々もちょこっとずつミッションを請負ました。

ご本人に気づかれないように準備をしながら
皆様の脳裏に浮かんでいたのはきっと、江端さんの喜ぶ顔・・・に違いないでしょう!

——————————————-

話は変わり・・・
最近とある口コミ評価の良い旅館に泊まりました。
消して高級な宿ではないのですが、料理が美味しく、スタッフさんは親切。

料理とテーブルセッティングにはシーズン毎のコンセプトがあり、合わせて食器も総入れ替えしているとのこと。

今のテーマが 花溢れる松本。
戦後まちが荒廃し、人々の余裕が無い頃、
「花を街に植えることが世の中を明るくする一番よいことだ」と、街を花で溢れさせようと始めた運動があったそう。
そんなエピソードにあやかり、美しく華やかな食事を楽しんでほしい、とテーブルに置かれた紙には書かれていました。



——————————————-


「サービスって想像力だよね」という言葉を最近耳にしましたが
サービス業の経験が少ない私には、あまりピンときませんでした。

ですが、江端さん、サプライズに気づいているのでは・・・と疑心暗鬼になったり
「泣かせようぜ!」とワクワクしているグループの皆様を見ていると、
喜ばせよう、と考える「想像力」を感じました。


個人的には例の旅館、「花溢れる~」とかやっちゃう余裕さと、さらっとアピールする感じにグッときてしまいました。
センスの良いアピールっていいな。なりたいな、と思うこの頃でした。

14期生が入社して
早くも1ヶ月半が経ちました。

各店で14期生が頑張る姿を見るたびに
フレッシュさを感じ、刺激を受けます。
同期で支え合って働く姿は、微笑ましくもあり、逞しくもあります。

そして、何年経っても、この時期には頻繁に同期のことを思い出します。

内定後の顔合わせが夏だったので、
もうすぐで私たちは出逢って15年になります。

15年…
人生の3分の1の時間、同期の存在があったということ…

15年の月日は、
同じブラスのウェディングプランナーとしてスタートした私たち10人に、
それぞれの人生を見い出させてくれました。

プランナー経験を通して、自分のやりたい事を見つけて、お店を始めた同期もいます。
自身のプランナースタイルを追求する為に、フリープランナーとして独立した同期もいます。
ブラスを卒業して、新たな仕事をしている同期もいます。
毎日家族のために時間を費やし、家庭を守っている同期もいます。
そして、ブラスで共に働き続ける同期もいます。

この時期に同期の事を思い出す度に、
私は自分の同期を心から誇りに思います。
それぞれがそれぞれの人生を歩いていることは素晴らしいなと気づかせてくれるのが同期です。
住む場所も働く場所もバラバラでも、
ちゃんと気持ちが繋がっていると思える存在。

学校のクラスメイトだったとしても仲良くならなかったかもしれないけど、
ブラスに共に入社したということで繋がったこの関係は、本当に大切に思っています。

同期と話をすれば、
時にライバル心が芽生え、
時に癒され、
時にはクリエイティブな感性も磨かれます。
そうやって15年の年月を重ねて来ました。



改めて、同期のみんな、ありがとう!
そして、次の15年もどうぞよろしく!

同期同士、お互いを大切にして、
共に働ける喜びを14期生のみんなにも感じてもらえたらいいなと思います。

文章を書きながら目頭が熱くなってしまった
まよこと川崎でした。

皆様こんにちは!広報室の二村です。

先日は、母の日でしたね!中には母の日、たいせつなお母様や奥様に
プレゼントをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

母の日が来ると、私は1つの結婚式を思い出します。
私は今から一年前の母の日、結婚式の担当をさせていただきました。

その結婚式では、当日が母の日ということもあり
産んでくれたお母さんに感謝をする日 
『結婚式=母の日』をテーマにした結婚式をおふたりと考えました。

おふたりが両親に感謝を伝えるだけではなく、その空気感を感じたゲストが
帰ったらお母さんにありがとうと伝えてみよう!そんな風に思ってもらえたら…と
考えた結婚式。


お色直し入場は和装姿でお母様とそれぞれ入場し
一輪のカーネーションをプレゼントをするシーンをつくったり
バンド演奏では、お母様と新婦に向けた曲をあえてチョイス。


その中でも1番こだわったのは、挙式が始まる前におこなった「家族タイム」
おふたりからお母様へではなく、

『お父様からお母様へ』
サプライズでお手紙を読むシーンをつくりました。
涙涙の瞬間が今でも忘れられません。


”結婚式と母の日”その日感じる想いには、同じ想いがあると私は思います。


そして私には今年、入籍をきっかけに、大切なお母さんがもうひとり増えました!
今年は感謝の気持ちを2倍!届けられたと思います。

「感謝の気持ちをたいせつにする」
これからもずっとそんな気持ちを日々、持ち続けていたいと思います。


広報室 二村百梨亜

こんにちは、河合です。

先週末から、今年3月期の決算発表が続いていますが、
弊社は7月末が決算になりますので、
いよいよ今月から、最終の第4四半期が始まっています。

よい報告が出来るよう、ラストスパートしなければなりません。



ここは息切れしないよう、呼吸を整えていきたいところ。

レジェンド葛西紀明選手の本にも「勝つための呼吸法」が紹介されており、
(内容については別の機会に)
そっと続けている健康法が「深い呼吸」なのですが、

人の呼吸は、1分間に20回呼吸したとすると「1日では28,800回」
いかがでしょうか?とても多くないですか。


長い呼吸を意識することで、健康な体づくりが出来ると信じています。
よろしければ皆さまもご一緒に、気づいたら深呼吸を!

こんにちは!今日のブログ担当は事業統括Gの南です。

ブラスには「ブラスラブ」という企業理念がありますが、
同じ「ブラスラブ」という名前の社内報はがあります。

平日の月・木・金発行の社内報ですが、
主に各店舗の新入社員が取材と発行を行ってくれています。

ブラスには今現在ゲストハウスが19店舗、ドレスショップが2店舗。
出店地も東は静岡県沼津市、西は大阪市とお陰様で広範囲になってまいりました。

ということでなかなか社員同士顔を合わすことができません。
それでもブラスが掲げる「大家族主義」、家族を近くに感じるためにこの十数年発行され続けているのが「ブラスラブ」です。

気になる社内報の内容は、というと・・・

社長からの今日のひとことをはじめ
各店舗で今日起こっていること、お昼はどんなまかない飯を食べたのか、などなど本当にささいなことです^^

でも、それを通して遠くの店舗の社員の成長を近くに感じたり、それぞれの職場環境を感じることができるので
とてもいい文化だなぁ、と思っています。

今日のブラスラブ担当は静岡市ラピスコライユの新人プランナーたち。
多少の誤字には目をつぶりつつ(つぶっていいのか・・)
今日も社内の平穏を感じております^^

次の発行は木曜日。
どんなブラスラブが届くのか、今から楽しみです!!

こんにちは☆
総務部たなかです。

弊社では、勤続年数7年を経過すると、7日間のお休み(リフレッシュ休暇)をいただくことができます。
私は今年度で7年を経過いたしましたので、休暇をいただき、関東(東京・千葉)へ行ってきました。

今回の旅の目的は、
「ブラスラブ(弊社の基本方針)」にある
9.よく働き、よく遊びます・・・
16.仕事と家族の調和を大切にします・・・
です。

まず、よく遊びます・・・ということで、趣味の一つである音楽関係の場所に行ってきました。


その1
原宿で期間限定で開催されている某5人組ロックバンド主催のフェス(6月に開催)のキックオフイベントであるスペシャルカフェに行ってきました。

店内には、彼らの写真や楽器が展示してあります。

また、90分間に渡り、開催されるフェスに対する彼らのメッセージ、フェス出演者のコメント、前回のフェスの映像等を、彼らの名曲をイメージしたスペシャルドリンクや料理を食べながら見ることができるイベントです。

残念ながらフェスには参加できないのですが、フェスに行ってみたくなる内容のイベントでした。


その2
有楽町で期間限定で開催されている今年30周年を迎える某2人組ロックバンドの30年の軌跡をたどる、大型エキシビションに行ってきました。

シアター・ミュージアム・限定グッズ発売とファンにとって嬉しいイベントです。

シアターでは、昨年発売されたアルバムの制作秘話や、昨年開催されたライブの裏話等貴重な映像が公開されておりました。

ミュージアムでは、デビューからの写真・愛用楽器・ライブ衣装・直筆の歌詞や譜面が展示されており、こちらも貴重な品の数々が展示されておりました。
また、メンバー本人による展示物の解説をしていただけるオーディオガイドもあり、贅沢な時間を過ごさせていただきました。

夏からは30周年のライブも始まるので、今から楽しみです。


次に、よく働きます・・・(料理とおもてなしのお勉強も兼ねて)ということで、弊社総料理長上原シェフおすすめのレストランに行ってきました。

六本木にある「レストランリューズ」さんです。
開店と同時にお伺いしたのですが、お店の入り口でお出迎えをしていただき、席まご案内していただきました。

こちらが今回いただいた料理です。


・ホワイトアスパラのスープ
・パン

 


[前菜]
・ホワイトアスパラのババロア・ズワイガニ・野菜のジュレの3層仕立て
・富山県産ホタルイカ

 


[お魚料理]
・八丈島産金目鯛
[お肉料理]
・ポークのハンバーグ

 


[デザート]
・クリームチーズとヨーグルト
・お茶菓子

どの料理もおいしく、見た目も素敵で、楽しく贅沢な時間を過ごさせていただきました。
メニュー紹介は丁寧で高級感があります。
またお料理をお持ちいただくごとに一言二言話しかけてくださるアットホームさも好感が持ててよかったです。

料理がおいしいことはもちろん、スタッフのおもてなしも素晴らしく、また行きたいと思わせていただけるお店でした。

お店を出るときには、シェフ自らお見送りに来てくださったり、スタッフの方がエレベーターまでお見送りしていただけたりと、素敵なお店でした。


最後に、家族の調和を大切にします・・・ということで千葉にある旦那の実家に遊びに行きました。

この日は、義兄(長男)夫婦と子・義兄(次男)夫婦と子も集まり、総勢10名での宴会を行いました。

みんなで集まるのは年に数回なので、この機会においしい料理を食べながら色々お話しもでき、素敵な時間を過ごすことができよかったです。

そして、私ごとですが・・・
リフレッシュ休暇をいただいたばかりになりますが、産休に入らせていただくことになりました。
お休み中に色々学び、また戻ってきたときにはお力になれるようにがんばりたいと思っています。

今回は貴重なお休みをいただき、ありがとうございました。

GWも家庭訪問も無事終わりほっとしているおすぎです。

春はうれしい出来事がたくさんありました!

元アルバイトでブルーレマン自由ヶ丘時代を支えてくれた初代PJ「ゆりっぺ」

ことゆりちゃんが花嫁さんとなってブルーレマンに戻ってきてくれました♪



 

私たちが出会ったのはもう10年以上の前。雪の日に面接に来てくれ、それからというもの毎週毎週結婚式を支えれくれたゆりっぺ。

ゆりっぺのお母様「ゆりママ」にも大変おせわになりました。結婚式の直前にお祝いに行かせてもらい私たちも幸せな時間を共有させてもらいました



 

そしてもうひとつ。私がお世話になった方が 「新郎の母」 としてクルヴェット名古屋に来てくださいました。

私は「新郎の母」さまと知り合いなので新郎・新婦さんとは面識がなく、お会いする機会もなく当日を迎えましたが、結婚式の中での映像や友人からのスピーチ、ご両親様の言葉を聞くと自然と涙がこぼれてきました。

結婚式が無事お開きになり「新郎の母」さまから夜メールをいただきました。

「結婚式ってただの節目ではなく、家族とか子育てとか振り返って確認する素敵な時間ですね。ありがとう」と。

結婚式ってつくづくいいなと思わせてくれた春の出来事でした。

 

 

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 181