ブラス広報室かしましブログ

みなさま、こんにちは
本年もどうぞ、よろしくお願い致します!

先日ふらっと立ち寄ったお店で見かけた、シュークリーナーの実演販売。

その時、私が履いていたのは白いレザーのスニーカー。
履きやすくて気に入っているのですが、どうやっても汚れが取れず…
そろそろ買い替えなければと思っていたスニーカーでした。

気になるものの、あまりの靴の汚さに躊躇していたのですが
実演販売のおじさまに声をかけられ、汚れを落としてもらうことに。

最初は恥ずかしくて、「ああ、しまった…」と思っていたのですが
あれよあれよという間に真っ白によみがえるスニーカー!

最終的にはおじさまに感謝を伝え、商品を持ってレジに並んでいました!!

きちんと道具を選べば、長く大切に使うことができるんだとすごーく感動しました。

100足分使えます、とのことだったので
どうしても汚れが落ちない靴がある方は私までお声がけください^^



本日の担当は、○回目の年女のやまがたでした。

皆様、あけましておめでとうございます。

年末年始はいかがお過ごしでしたか?
僕は今年もフィリピンのボラカイ島で年末年始を過ごしたのですが、実は3年連続でボラカイ島なんです。
過去のブログでも紹介したことあるようなないような、なので改めてこの島をご紹介します。

ボラカイ島は端から端まで車で30分あれば移動できるほど小さな小さな島です。
最大の魅力は4キロにも及ぶホワイトサンドのロングビーチとそのロングビーチに並ぶホテル。ホテルから一歩踏み出せばもう砂浜です。
昼間はビーチにベッドチェアが並び、夕方はそこがレストランに変わるのです。席がビーズクッションだったり砂浜にすべてのエンターテイメントが詰まった夢のような光景が広がっています。いや、広がっていました。

実は環境汚染問題でついこの間まで半年ほど観光客を締め出して島を閉鎖、島をリハビリしてたのです。

今回は再開後初のボラカイ島に訪れたわけですが、島を持続可能にしていく取り組みの本気度がすごすぎてなにもかも変わってしまいました。
ビーチにベッドチェアは置いちゃだめ、ビーチで食事もお酒飲むのもだめ、火を使ったファイヤーダンス等のパフォーマンスも禁止。

「ビーチで盛り上がるんじゃねぇ!」です。この島の好きなとこごっそり取られたんですよ~。泣
ベッドチェアに寝転がりながら、現地の少年からピーナッツを買い、お酒を飲んで寝るのが至福だったのに~。泣

変化がありすぎて初めは文句ばっかの時間でしたが結局ボラカイ島は最高でした。
ビューティフォーな海と砂浜と太陽があればいいんです。
おかげさまで今年も素敵な一年になる気がします!

みなさんのこの1年も素敵な年となりますように。本年もよろしくお願いいたします。

本日のブログは、この旅行を満喫しすぎて肌が松崎しげるのようになったIRの吉橋がお届けしました。

明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
旧年中はひとかたならぬご厚情をいただきありがとうございます。

ブラスグループ、本年はブルーグレース大阪(梅田)・アーブルオランジュ(浜松)
2店舗のオープンを控えております。

「それぞれの新郎新婦にとって、最高の結婚式を創る」
新しい土地での新しい出逢いを楽しみに、社員一丸となり全力を尽くしてまいります!

2019年も何卒よろしくお願いいたします。


****************************************************************

2019年初ブログの担当は、事業戦略グループの野村です。

皆様、年末年始のお休みはどのように過ごされましたか?
私は例年通り、奈良の実家に帰り、家族とゆっくり過ごしました。

変わったことがない
いつもどおり、というのも幸せですね。


しかし!

今年2019年は新しいことに何かチャレンジする
「挑戦の年」にしたいなと個人的には思っております。
何にするかは白紙ではございますが…

何事も始まりが大事ですので、
この1月は大切に過ごしていきたいと思います。

皆様にとっても素敵な1年になりますように!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。









ブラス本社2018年最終日。
ブログを担当するのは広報室の谷村です。

創業20周年を迎える本年は、ブラスにとって本当にたくさんの嬉しいことがありました。

たくさんの新郎新婦のみなさまに出逢えたこと。
たくさんの笑いと涙の結婚式を創ることができたこと。
新しい結婚式場のオープンが決まり、浜松にドレスショップがオープンしたこと。
2018年オリコン顧客満足度®調査「ハウスウエディング」で全国第1位を獲得したこと。
リクルートブライダル総研が主催する「GOOD WEDDING AWARD 2018」で、ブランリール大阪の中尾プランナーがファイナリストに選ばれたこと。

本当にたくさんの、SMILE&TEARSをいただきました。
それも、結婚式を任せてくださったすべての新郎新婦やご家族。株主のみなさま、地域の方、そして、結婚式をいつも支えてくださっているパートナー企業のみなさまのおかげでございます。本当に心から感謝申し上げます。

そして、2019年もたくさんのSMILE&TEARSな結婚式を創れるように、スタッフ一同頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
※ちなみに、この写真は現在放映中!ミリオン座・センチュリーシネマでのシネアドのワンシーンです。ブラスの会社名の由来となったブラスバンドの楽器を持った笑顔あふれる社員たちが主役の、私たちらしい映像に仕上がっています!

 

≪年末年始休業のお知らせ≫
誠に勝手ながら、ブラスグループの各ゲストハウス・衣裳店・クルヴェットダイニングは下記日程を年末年始休業とさせて頂きます。お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

◆各ゲストハウス・衣裳店:
2018年12月29日(土)~2019年1月2日(水)まで
◆レストラン「クルヴェットダイニング」:
2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで
◆株式会社ブラス本社:
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)まで

毎年大好評の【新春ブライダルフェア】は、各ゲストハウスにて、2019年1月3日よりスタートします!これから結婚式場探しを始める新郎新婦はもちろん。結婚が決まり、これからどんな風に準備を進めていけばいいか迷っているカップルのみなさま、ご家族も一緒に結婚式場の下見をしてみたい方など。すべての方に、豪華試食付きの【新春ブライダルフェア】がおすすめです。ぜひ、みなさまのご来館をお待ちしております!

★ブラスのゲストハウス一覧★
http://www.brass.ne.jp/guesthouse
※こちらから全エリアの結婚式場の公式サイトがご覧いただけます!

——————————–
株式会社ブラス-Smile& Tears
https://www.brass.ne.jp/

公式インスタグラムはこちら!
@brass_wedding_official
https://www.instagram.com/brass_wedding_official/

みなさんこんにちは
社長室 宮原です。

私には
気は優しいけどしっかりものの、手先の器用な4歳下の妹がいます。

気の強い姉に何度泣かされ、
上から目線のアドバイスに
『お姉ちゃんに私の気持ちはわからない!!』と何度言われた事でしょう。

私が数年前結婚式をした時、妹にあてて手紙を書きましたが、
謝ってばかりの内容になってしまいました苦笑

そんな彼女がついに入籍することになりました、
そして『お姉ちゃんのところで式を挙げたい』とBRASSの会場で決めてくれました。

まだ式は先ですが、彼も忙しい仕事柄な故、

心配性な彼女は会うたびに不安そうです・・・

まだまだ先なのに何がそんな心配なの?と聞くと
また『お姉ちゃんにはわかんないでしょ』と言われてしまいました。


そんなこんなでやってきた前撮りの日。




彼女にぴったりなかわいいピンクの和装に身を包み、
幸せそうな姿にほっとしました。


恥ずかしさからか、彼の繰り出すマシンガントークを
そっと笑顔で交わす妹。
二人の築いてきた空気間が垣間見れてうれしく、
一人の女性として凛としてほほ笑む妹がなんだか遠い存在のようにも感じました。





昔から手作りすることが得意な妹。
撮影のシーンが切り替わるたび、お手製のグッズが出てきます。

仕事、引越し、なれない家事をしながら、
この日のためにがんばったんだろうと思います。

すごいですね・・・本当に。



そして妹のためにこんな姿で撮影に同行してくださったカメラマン様、
沢山盛り上げてくださり本当にありがとうございました。

これから長い二人の人生、大変なことも沢山あると思いますが
この写真を見て乗り越えられることがきっとあると思います。



お姉ちゃんは心から応援しています。
あまり姉らしいことはしてこれていませんが
まもなくやってくる結婚式では
今まで妹を支えてくれた職場の方、お友達に心からの感謝を伝えたいと思います。

そして妹自身にも新しく始まる人生にエールを贈れたらと思います。

どんな結婚式になるのかな・・・
またその様子をお届けできたら
その時は皆様、お付き合いいただければ幸いです!

みなさん、こんにちは!

今日はクリスマスですね!
家族で過ごす方、友達とパーティーされる方
各々楽しんでいるのではないでしょうか

本社では先週の金曜日に忘年会(&ちょっと歓迎会も)がありました!
今回はお店ではなく、なんと本社で!
改装された本社の2階を使ってのパーティーが開催されました

サンタやトナカイの着ぐるみをきたメンバーが出迎えてくれて



毎回恒例のイントロクイズもあり、社長からのクリスマスプレゼントもあり、
とても楽しい忘年会になりました


今週で仕事納めの方がほとんどかと思いますが、
私は年末調整という業務をしているため、今が一番ピークに差し掛かっております
ちゃんと最終日までに終わるのか、かなりバタバタな日々を過ごしていますが、
気持ちよく新年を迎えられるように、しっかり仕事を片付けて
お休みに入りたいと思います!

忘年会でもマスク率がかなり高かったのですが、みなさんも体調に気をつけて
年末年始をお過ごしください

総務部 東

こんにちは。
店舗開発室の中村です。


本日は来年4月にオープンを控えている
ブルーグレース大阪についてお送りします。

現在着々と工事が進行しておりまして、
もう少ししたら外部の足場が取れ
外観を見ることができます。


ちょこっと外観をご紹介。



実はこの白いタイルは名古屋にあるブルーレマン名古屋の外観タイルと
同じものを使用しております。
店名がブルー同士繋がりを感じますね。



いよいよ年が明けましたら完成までラストスパートです!
こだわり考え抜いた素敵な式場ですので楽しみにお待ちください!

みなさん、こんにちは。
本日のブログは自身の結婚式からちょうど1年が経ちました、野村がお届けいたします。

結婚式から1年が経ち、
担当プランナーを家に招いて、
「記録撮影映像」を見ながら、
「結婚式当日のアルバム」を開き、
想い出話に花を咲かせました。



1年ですでに映像・アルバムを見ながら
「ここでこの人こんな話をしてくれていたっけ?」
「この写真撮った記憶がすでにない・・・」
ということもチラホラ。

まだ短い期間しか経っていないのに、早速
「アルバムはしっかりカット数入れてもらってよかった」
「音声が残る映像って当日をしっかり思い出せていいな」

そんな風に感じることができました。

結婚式の中で「残す」ことももちろん大事ですが
もう一つ大事だと思ったことが「当日着る衣裳」

私はウエディングドレス2着 色打掛1着を着ました。

当日3着って贅沢!でもゲストを待たせるのはいやだな
と思いながらプランナーと進行表をにらめっこ。

プランナーのおかげで悩み事もクリアになり、
こだわりの3着を着ることができました。

中でもゲストからの評判がよかったのは和装です。



おばあちゃんをはじめとして親族が喜んでくれ、
父親が「和装がこんなに似合うとは」と言ってくれ、
友達が「この和装みくっぽい~」と寄ってきて写真を撮ってくれ・・・

和装を着てよかったな、と心から思えました。

和装は
「前撮りで着るから・・・」
「ゲストの待ち時間が長いですよね?」
そんなお声で「当日は着ない」選択肢ももちろんあると思います。

ですが、それでもオススメしたいと思えました。
前撮りでじっくり着る良さもあれば
ゲストの前で着ることの良さもあります。

待ち時間はそこまでは変わらず
ゲストの印象は大きく変わります。

ぜひ悩める皆さんは「当日着る」選択をオススメします!

以上、和装の時には足袋にもこだわった野村でした。

気が付けば1週間ちょっとで
2019年を迎えますね

皆さんは、どんな1年を過ごしましたか?

2018年を振り返ると
仕事では
久しぶりのウェディングプランナーを経験したり
同期の結婚式へ列席したり
「BRASS WEDDING」を体感



また在籍しているコールセンターでは
体制が変わったり、嬉しい新メンバーが増えて
ますますPOWER UPしたり

プライベートでは
大きなチャレンジをしたり



あっという間でしたが
振り返ってみると
充実した1年を過ごしていたんだなーと思いました

2019年は
どんな1年にしたいのか
明確な目標を持って
日々過ごせるように
新年を迎えたいと思います

年末年始の帰省が楽しみな、ささきでした!

気が付けば2018年もあと2週間ほどになってしまいました

思い返すとこの一年
本当に色んなことがあったなと思います

いいことも悪いことも

でもこうして今笑っていられるってことは
いい一年だったんだと思います

大きな出来事としては自宅を建てたこと

家を建てようと思っても
当然ながらはじめての経験なので
何をしたらいいかわからず
とりあえず住宅関係の仕事に就いている友人に相談
そこからの紹介で住宅メーカーさんへ
たまたまそこで出会った担当者さんが
とても良い方で
打合せもとてもスムーズに進めることができました

その担当者さんに感じたのは
こちらの目線に立って提案してくれたこと

何か相談を持ちかけると
「私だったら~」とはっきり答えてくれ
それも高いものばかりを勧めるのではなく
「ここは抑えてもいいと思います」とか
「なくてもいいと思います」と


結果
自分的にはとても満足いく家が建てられました
住みだしてまだ日は浅いですが
ふとしたときに
担当者さんに出会えてよかったと感謝してます






これ

結婚式も同じなのかなと思いました

経験がないことを決めるには
信頼できるパートナーが必要

漠然としたイメージを具現化するには知識も経験も必要

お客様の視点に立って
おふたりの好みにあった
イメージにあった提案をするためには
寄り添える環境が必要
おふたりのことを良く知っているから
良い提案ができる
おふたりを想った提案ができる
そう思います

手前味噌ではありますが
担当一貫性をとっていることは間違いないと
改めて感じる出来事でした

今は店舗から離れ
お客様と直接接することはなくなりましたが
会社の一員として
気持ちは同じく持ち続けたいと思います

今でも担当プランナーとして慕ってくれるおふたり
これからも寄り添い続けていきたいと思います

【 林 】

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 194